ホーム > 共学校 > かえつ有明中・高等学校

かえつ有明中・高等学校

東京都江東区中学受験高校受験編入

海外と国内の難関大学を視野に入れた受験方式「国際併願」を目指します。

かえつ有明中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

生徒一人ひとりの帰国生の海外経験を考慮した編入学試験の設定、入学後の学習支援内容の充実と入学後の英語コミュニケーション学習は、他校にはない特色です。本校がめざす「国際併願」を実現するためにIB(国際バカロレア)の考えを根幹として高度な学習プログラムを構築しています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

本校では、英語を中心とした入試「H・A選考」で合格・入学した生徒は英語の6時間全てを取り出し授業で受けてもらっています。
一方英語以外の教科は一般生と同じクラスでの編成にしています。
あえて国際学級等としないことで、帰国生にも一般生にも「グローバルな自分」と「日本人としての自分」の二つの自分を持ってもらおうとしています。
また、中学期には男女別クラスを設定し、男女の性差を踏まえた別学教育を展開いたします。ただし男女が別棟というわけではなく、廊下に出れば男子も女子もいます。
学校行事や部活も男女混合です。ホームルームクラスを男女別にすることによって、性差の大きい中学時期に最も適切な対応を行っています。
高校では共学クラスとなり、文系・理系クラスに分かれます。中学の間は各学年に自身も元帰国生という教員が在籍し、フォローもしています。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

本校では帰国生が受講している英語の授業はEnglish Honors ClassとEnglish Advanced ClassとEnglish Regular Classの3つで展開しておりますEnglish Honors Classは「国際標準カリキュラム」の考えを根幹とし、中学校ではLanguage ArtsとPhilosophy(Theory of Knowledge)を学習し、高等学校ではLanguage ArtsとPhilosophy(Theory of Knowledge)に加え、選択科目ではTOEFLやSAT講座を開講しています。言語習得だけに留まらず、英語でのCritical &Creative Thinkingを重視したプログラム(必須)を週5~8時間展開します。English Advanced Classは英検準二級レベルの生徒を対象とし、English Honors Classに準じた授業・ケンブリッジ英検への取り組み・日本人の英語教員による高度な英語文法の授業を展開しております。English Regular Classは一般生と同じように、英語は小学校で学習している範囲で、初心者のためのクラスです。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

未学習の科目や異なった言語での学習者に対しては、教員が親切・丁寧に指導します。
更に放課後週1~5回「帰国生対象・放課後講習」を開講します。
この講座での指導科目は、国語・数学・理科・社会です。(別費用)

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

「特別」な帰国生が普通でいられる環境を作ることです。
広場のピアノで英語の歌をうたっていても、特別視しない環境でいられる本校は、帰国生が普通でいられる環境だと思っています。
一方で、帰国生ならではの不安を受け止められることにも気をつけています。
各学年に、自分自身が帰国生だったという教員を配置しているのも、そのためです。

帰国生が入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本校は日本の帰国生受け入れ校として、日本の良いところは大事にしながら、グローバルな感覚も大切にしています。
あくまでも日本の学校ですので、授業中にお菓子などを食べるといったことなどはできません。
日本のマナー、おもてなしの感覚も身に付けてもらう教育を行っていることを認識のうえ、ご入学ください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

自己から望んだ海外生活ではないかもしれませんが、そこでの経験は何物にも代えがたいものです。
スクールバス以外で学校に通うことに違和感を感じるかもしれません。「安全」にホッとするかもしれません、通学が面倒と感じるかもしれません。かえつ有明に入学したら、ぜひその感覚を披露してください。
ハイ、と手を挙げる時に指を1本しか挙げない習慣も歴史があるからこそです。かえつ有明に入学したら、ぜひその歴史を披露してください(オランダ等)。
その地でしか感じられないことを、数多く感じてきてください。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

海外で暮らすことが決まった時には不安も多かったことと存じます。帰国が近づいて来ると、日本に帰ることが嫌になっているかもしれません。
未来は常に不安で明るいものです。その未来を一緒に歩みましょう、未来は自分で明るくできるものですから。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

帰国生が体験してきたすべてのことが貴重で、価値のあることだと思っています。生徒会にも多くの帰国生が所属し、生徒会長が二年連続で帰国生だったこともありました。積極的に学校行事にとりくんでくれています。その帰国生の特性や良さが一般の生徒にもひろがってくれることを期待しています。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

4.5人に1人の帰国生が在籍し、学年を盛り上げる存在です。様々なレベルの英語の特別授業や放課後の補習で帰国生のもつ力や可能性を更に広げるお手伝いを致します。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

どのような状況においても目標を持ち、現状の中で最大の努力を惜しまないでください。学習面では、通学している学校の勉強を中心にその成績を向上させることに集中してください。また、一番大切なのは、家庭での学習習慣です。予習や復習などしっかりと行える自己管理のできる生徒の入学を希望します。

※中学の3年間、授業は男女別学です。

学校基本情報

【所在地】
〒135-8711
東京都江東区東雲2-16-1

【最寄り駅】
りんかい線「東雲」駅徒歩約8分
有楽町線「豊洲」駅より都営バス
有楽町線「辰巳」駅徒歩約18分

【電話番号】
03-5564-2161

【入試広報ご担当】
帰国生指導主任
田中 理紗先生

【転・編入】
定期的に実施

【学校寮】
なし(学校指定寮あり)