ホーム > 男子校 > 桐蔭学園中等教育学校

桐蔭学園中等教育学校

神奈川県横浜市中学受験編入

6年間の完全一貫教育で、より高い目標を達成できる新時代のリーダーシップを育成する

桐蔭学園中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

学校における教育内容は、社会の変化を的確に捉え、子どもたちの将来を見据えたものでなければなりません。本校では、長年取り組んできた「学力・知性」「行動力・社会性」「創造力・感性」の育成を柱に、グローバル社会に向かって臆することなく羽ばたいていける「たくましさ」と、多様な価値観や異文化を受け入れることのできる「しなやかさ」を育む教育を実践していきます。「自ら考え判断し行動できる子どもたち」を育てることを新たなビジョンに掲げ、ICT教育やアクティブラーニングなど、時代に沿った新しい教育を展開しています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

ホームルーム(所属クラス)は、一般生と帰国生が混合になります。英語の授業は、一般生とは別に帰国生クラスを編成しています。数学も、海外での学習レベルとの差を考慮し、最初の2年間は帰国生だけのクラスを設けています。3年生以降は帰国生も一般生と一緒の編成になりますが、習熟度別授業を実施しているため、自分のレベルに合ったクラスで授業を受けることができます。習熟度別授業のクラスは、年4回の定期考査の成績によってメンバーが入れ替わります。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

異なっています。授業数は週6時間で一般生と同じですが、帰国生クラスでは英語を実際に使う時間が多くなっています。外国人講師によるReading、Oral Communicationの授業が3時間、あとの3時間は日本人の英語教員によるGrammar、問題演習の授業を行っています。帰国生クラスでは、最低でも英検準1級合格を目標とする指導も行われています。また、在学中英検1級に早く合格した生徒や、将来英語を使って大学で学んだり、仕事をしたりしたい生徒のために、IELTS(アイエルツ)を団体受験する機会も設けています。

入学後、帰国生を指導するうえで最も気をつけていることは何ですか。「教科指導」「生活指導」どちらの面でお答えいただいても結構です。

英語に関しては、海外で身につけた運用力を維持するために、聞いたり話したりする機会をできるだけ多く設けるようにしています。また、帰国生は感覚的に意味が取れても正確さに欠けていたり、文法面が弱いなどの問題が見受けられることがあります。きちんとした文法に基づいた作文力や読解力を向上させていくよう気を配っています。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

2016年度卒業の帰国生の主な合格大学は、国公立大が東大・北大・東京外語大・横浜国大・山梨大・九州大・防衛医大 各1、私立大は早大6、慶大6、上智大3、東京理科大2、立大3、明大5、法大2、中大2、青学大3 などです。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

頭髪や服装をきちんとし、遅刻せずに登校するなど、基本的な生活習慣を確立するよう指導を行っています。中学生・高校生としてふさわしい生活が送れるよう、心の準備をしておいてください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

英語力だけでなく、在住する国の文化・習慣をできるだけ多く学んできてほしいと思います。今自分がいる環境でしか感じることができないことをたくさん吸収してきてください。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

これからのグローバル時代は英語によるコミュニケーション能力がますます大切になります。海外生活で身につけた語学力を駆使して、将来国際的に活躍していくことを目指してください。また同時に、日本語・日本文化への理解を深めていくことも重要です。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

海外で身につけた英語力は帰国生にとって貴重な財産です。特にリスニング力、スピーキング力は、一般生から見て、うらやましい能力です。また、チャレンジ精神が旺盛なので、授業でわからないところがあっても、自ら進んで質問をして理解しようと努力しています。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

日常の学習については、国内の一流大学に進学するための教育プログラムが組まれており、各教科の学力を高めることができます。学習の場以外では、クラブや委員会の活動が盛んですので、多くの友人とのつながりを得ることができます。また、多くの外国人講師がいるため、校内においても英語を使う機会に恵まれています。ニュージーランドの中学、米国の高校に留学するプログラムや、3・4年次にはカナダでの短期語学研修があることも魅力です。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

英語に関しては、英検2級を取得することを勧めます。中学1年に入学する段階で英検2級をもっている生徒が相当数います。受験準備としては、準2級レベルの英語の問題を解ける英語力が必要です。また、100語程度の英作文も例年出題されているので、作文練習をすることを勧めます。

学校基本情報

【所在地】
〒225-8502
神奈川県横浜市青葉区鉄町1614

【最寄り駅】
東急田園都市線「青葉台」「市が尾」
東急田園都市線・横浜市営地下鉄「あざみ野」
小田急線「柿生」「新百合ヶ丘」
JR横浜線「中山」
各駅よりバス

【電話番号】
045-971-1411

【入試広報ご担当】
入試広報部長
佐藤 透先生

【転・編入】
随時相談可

【学校寮】
有り

【海外入試】
なし