ホーム > 女子校 > 山脇学園中学校・高等学校

山脇学園中学校・高等学校

東京都港区中学受験

国際社会で活躍し、多様性な価値観を持つ人々と協働する力を養成するために、学園全体でクロスカルチャー教育に取り組んでいます。

山脇学園 中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

多様性を前提とする学習環境は、国際化の進んだ社会で協働するために必要な力を培います。本校では、帰国生と国内生が日々共に学び合う「クロスカルチャークラス」を設置し、互いの意見や行動様式の違いを尊重する風土を醸成しています。
イングリッシュアイランドでの英語教育プログラム、理系を含めたあらゆる進路に対応するカリキュラムなど、帰国生の個性を伸ばす体制を整えています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

28年度より、帰国生と、英語を学んできた国内生による「クロスカルチャークラス」を設置しました。このクラスは英語科の教員や海外経験豊富な教員が担任となり、互いの経験を尊重し学び合う環境の中で、文化的なフォローアップと教科教育のフォローアップを行います。帰国生の方は中1・中2とこのクラスに所属し、安心してのびのびと学園生活を送ることができます。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

入学時の英語の学力に応じた、習熟度別の授業を用意しています。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

国・数・理・社については、学力特性に合わせて基本重視の授業を行います。国語は取り出し授業を行います。放課後の理科・社会の予習講座も開設します(希望制と指名制)。

帰国生が入学後、生徒を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生が安心して学校生活を送れるように、学年・担任・英語科教員が連絡を取り合い、必要なサポートができるようにしています。また、帰国生の持っている英語力を保持・伸長できる環境であるイングリッシュアイランドを有効に活用するとともに、大学受験に対応できる英語力や、グローバル社会で活躍するために英語を使いこなす力を育てることを目指して、教育を行っています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本校は、学校生活の中で多様性を受容し、尊重する力を育むために、学園全体で「クロスカルチャー教育」に取り組んでいます。
これは異なる文化が交わることで生まれる感動や発見を生徒の成長につなげるという理念で、すべての生徒たちに様々な異文化体験の場を増やし、国際社会で生きる力を育成するものです。帰国生の方は、海外での経験に誇りを持ち、それを仲間に伝えるという姿勢と、日本の文化や価値観を素直に受け止める姿勢の両面を持って入学していただきたいと期待しています。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

日本国内では経験できない、多様で貴重な体験をしてきたことは恵まれたチャンスであったことと考え、何事にも積極的に取り組んでください。そのような姿勢がどのような新しい環境でも様々な事柄を克服していける力、前向きに活躍していける力となることと思います。

帰国生やその家族に伝えたいことがあればお書きください。

海外生活のなかでは、新たな環境に自分を適応させる工夫や、英語を習得するための学習など、大変な努力もあったことと思います。しかし、日本国内では経験できない多様で貴重な体験をされたことは恵まれたチャンスでもあったことでしょう。そのような経験を経てきたことを誇りとし、培われた柔軟性や向上心、豊かな感性を、新しい環境で発揮し、活躍していただきたいと思っています。本校のクロスカルチャー教育は、帰国生の方が過剰に周りを気にすることなく、普段通りの自分でのびのびと学校生活を送ることができる環境をつくるとともに、現代日本における社会人となるためにも日本語による教養を学び、様々な様式を学ぶ環境をつくっています。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

物ごとを多面的な視野からとらえることができ、自分の意見を持ち、表現力や発想力・創造力に優れていると感じます。また、学びへの意欲も高く、英語以外の学力も伸び幅が大きいと感じます。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

本校の英語コミュニケーションエリア「イングリッシュアイランド」です。校内で海外にいるような環境を設置したこのエリアは、ネイティブが常駐し、英語でふれあうことができる空間で、授業以外に放課後にも様々なイベントを行っています。ここでの教育プログラムは、帰国生が英語力を保持し、海外で身につけた特長を活かして十分に活躍できるものとなっています。また、ここには海外経験豊かな日本人教員や、帰国生の母としての経験を持つスタッフなどもおり、メンタル面からも帰国生をサポートする体制が整っています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

今年度から2級以上の英検をお持ちの方は、合格証のコピーのご提出で、希望により英語のテストを免除いたします。
また、国語・算数に関しては、試験時間が短い分、問題量が少なくなっており、設問をシンプルにすることで、解答しやすく感じられるように作問しています。説明会では「帰国生入試過去問題集」を配布しておりますので参考になさってください。

学校基本情報

【所在地】
〒107-8371
東京都港区赤坂4-10-36

【最寄り駅】
・赤坂見附駅 徒歩5分
・永田町駅 徒歩10分
・青山一丁目駅 徒歩7分
・赤坂駅 徒歩7分

【電話番号】
03-3582-5937

【入試広報ご担当】
山脇学園中学校入試広報部長
西川 史子先生

【転・編入】
なし

【学校寮】
なし

【海外入試】
なし