ホーム > 女子校 > 立教女学院中学校・高等学校

立教女学院中学校・高等学校

東京都杉並区中学受験編入

知的で品格のある凛とした女性を育てる

立教女学院中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

本校の教育目標
1. 他者に奉仕できる人間になる
2. 知的で品格のある人間になる
3. 自由と規律を重んじる人間になる
4. 世の中に流されない凛とした人間になる
5. 平和とつくり出し、発信する人間になる

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

クラスは混合になっています。一般生、帰国生、内部進学生を均等に5クラスに分けます。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

同じクラスで授業を行います。英語は1クラス20名で、2段階の習熟度別で行っており、ネイティブ英語教師による授業は毎週あります。さらに英語を話すことができる生徒のために、放課後に週1時間、ネイティブ英語教師による特別授業もあります。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

個別で必要に応じて指導を行っています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

日本での生活のリズムと習慣に慣れるまであせらずペースをつかむことです。スクールカウンセラー(2名)も相談にのります。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

全体の数がそれ程多くないので、その年により傾向は異なります。よって特に帰国生だけの統計はまとめていません。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

必ず一度は事前に来校し、教育方針や校風について理解をしてから受験に臨んでください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

異文化を体験し、幅広いものの見方を大切にして今後の学習や生活に生かしてほしい。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

学校説明会や公開行事にできる限り参加して下さい。できない場合は、個別でご案内しておりますので、ご連絡ください。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

コミュニケーション力に優れ、自分で考え発言する習慣がついているように思う。また様々な人の立場を考えることのできる感性をもっている。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

キリスト教に基づいた人間教育による、バランスのとれた人を育てる、生徒の自治活動が盛んで自主・自立の精神を大切に育てている。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

小学校で学習する基本的事項を確実に身につけておいてください。

学校基本情報

【所在地】
〒168-8616
東京都杉並区久我山4-29-60

【最寄り駅】
京王井の頭線「三鷹台」駅

【電話番号】
03-3334-5103

【入試広報ご担当】
中学教頭 山岸 悦子先生

【転・編入】
欠員のある場合のみ実施

【学校寮】
なし