本校の英語教育

English Education
ホーム > 本校の英語教育

施設環境

帰国生の英語力を維持、向上させる機会が本校には多く用意されています。授業や行事はもちろんのこと、毎週金曜日はイングリッシュデーになっており、学校全体で積極的に英語を話し、聞く機会を持つ日です。イングリッシュルームにはネイティブの教員が常駐しています。ネイティブの教員と定期的に話すことで海外生活を通して培った英語力を維持しようとしている帰国生が多く見られます。

世田谷キャンパス内にはブリティッシュスクール(インターナショナルスクール)があり、交換会などで同世代の仲間と日常的に交流しています。2019年には、米国ペンシルベニア州立テンプル大学日本校がキャンパス内に完成し、他校にはない、更なるグローバルな環境が整います。

本校の英語教育 写真

グローバル留学コース

4年生の4月から翌年1月までのカナダ留学が、必修プログラムに組み込まれているコースです。英語の授業数が多い(週7時間)だけでなく、すべての英語の授業と、美術・数学の授業の一部を英語で行います。さらにディスカッションやスピーチ、ディベートのトレーニングなども取り入れ、カナダ留学に向けて英語力を強化します。また「アジアディスカバリー」や「国際教養」などでグローバルな視点に立った思考力、主体性、行動力、協調性などを、1年生からしっかりと鍛えていきます。国内の大学に限らず、海外の大学の受験サポートも行います。

グローバル留学コースについてはこちらをご覧ください

グローバル留学コース 写真その1
グローバル留学コース 写真その2

ボストン研修
(The Boston Mission)

中学2年生では全員が、マサチューセッツ州ボストンにある学園施設「昭和ボストン」を活用して12日間のボストン研修を実施し、国際感覚を磨きます。感性豊かな中学生の時に海外での生活を経験することは、グローバル感覚を身につけ、外国語を習得する上でかけがえのない体験になります。「本科コース」の「The Boston Mission」は、現地生徒との交流などを通して世界への視野を開き、英語学習への意欲を高めます。「グローバル留学コース」の「The Boston Mission α」は、英会話の授業や現地生徒との交流を多く組み込んで、より実践的な場面での英語の活用方法を学び、英語運用能力を向上させます。

ボストン研修 写真その1
ボストン研修 写真その2

選択制国内外研修旅行

「本科コース」および「スーパーサイエンスコース」の生徒は4年生になると、国内(関西、沖縄)、国外(ベトナム、マレーシア、オーストラリア)の5カ所から自分で研修先を選び、4〜7日間の研修旅行を行います。事前学習を行い、国や地域の特徴や課題を調べるなど、12月の現地研修に向けて意識を高めます。現地研修の成果は、報告会で他グループの生徒とも共有。国際教養を深め、責任感やホスピタリティなどの人間性を高めます。

選択制国内外研修旅行 沖縄
選択制国内外研修旅行 ベトナム
選択制国内外研修旅行 マレーシア
選択制国内外研修旅行 オーストラリア

英国短期留学

4年生以上の希望者を対象に、3月に15日間の英国短期留学を実施しており、今年度は47回目となります。英国のチェルトナムで一人一家庭のホームステイをしながら、午前中は語学スクールに通います。午後はシェイクスピアの故郷やオックスフォードといった歴史ある場所を訪れたり、キングス・スクールなどの近隣の学校と交流したりします。イギリスの文化を理解すると同時に、日本文化を発信する機会にもなります。

英国短期留学 写真その1
英国短期留学 写真その2