メニュー
お問い合わせ ボタン
JOL会員登録 ボタン
無料教育相談 ボタン
帰国子女枠大学受験 質問集 モバイル用写真 帰国子女枠大学受験 質問集 PC用写真
帰国枠大学入試の資格についての質問
帰国子女枠大学受験 質問集

帰国枠大学入試の資格についての質問

Q 現在中2の息子がおり、高2で帰国となる予定です。編入先の候補にインターナショナルスクールを考えております。理由は現在ハイスクールのfreshman(9th)でして、日本の高2の8月には12thという卒業学年に達しているからです。単位も持ちこめるメリットや、日本の高校で古典や日本史等の科目を勉強する必要もないからです。いわゆる高3の夏にインターナショナルスクールを卒業できれば、大学受験対策に集中できる利点も感じています。ただし大学は日本国内を希望しているので、インターナショナルスクールにした場合、高卒資格がないから難しいという話や、AO入試なら大丈夫という話を聞いたりと混乱しております。どうかアドバイスをいただけたらと思います。

Q 以前、赴任に伴い、中国のインターで、娘は小学部2~5年生を。息子は4~7年生の3年8ケ月を過ごしました。 現在、娘中学3年で息子高校2年です。今4月よりまた中国に3年間赴任する予定です。子供達は帯同を希望していますが、息子は4月より高3で大学受験を控えていますので、息子の合否次第で 娘だけ 1年後より中国へ行く可能性を考えております。しかし、受験に大きく関わる年齢ですので 他にどのような選択肢があるのでしょうか。

Q 現在中2、中高一貫校へ通学している息子のことで質問です。4月よりドバイへ帯同予定です。通学している学校を休学して行くのですが、高校2年の初めには戻らないと休学扱いにならないとのこと。ですので、丸2年海外の予定です。その場合、大学受験には帰国枠などは利用できないのでしょうか?ドバイではインターナショナルスクールの予定ですが、帰国後の学力、大学入試に向けてどのような点に注意したら良いでしょうか?

Q 現在イギリスに留学にきています。日本の高校は一年間の休学扱いです。現地の私立ボーディングスクールの受験の最中で、その結果により、残るか帰国するかを決めるつもりです。今後の進路の可能性として、1)現地の高校に受かった場合、そのままイギリスの大学を目指す。2)一年の留学後、帰国して、日本の大学を目指すか、海外大学と併願する。希望は京大、阪大、名古屋大学の工学部です。3)イギリスの高校を卒業して、イギリスの大学で思った大学に入学できなかった場合、浪人を覚悟の上、日本の大学を受ける。3)が一番難しいかなと思っています。工学部なので、帰国子女枠は多分なく、一般入試になるかと思います。その場合どうしたら一般入試を受けられますか?高校卒業資格試験から始めることになるのでしょうか?

Q 帰国枠で受験する際、保護者の在留とよくありますが、同時期ずっと一緒に同居していなくてはならないのでしょうか?一定期間で良いのでしょうか?例えば内1年のみ同居していて、残りの年数はホームステイだとどうなるのでしょうか?また、会社の出す証明だけで良いのかなど教えていただければと思います。

Q 現在、札幌の高校1年の男子です。ニュージーランドの高校準備コース(今年8月~来年1月)に通った後、来年2月にYear12に入学予定です。そこで質問があります。帰国子女枠入試を考えているのですが、NZ留学の人は統一試験NCEAの結果が12月に出るので、受験には間に合わないのでしょうか?2018年4月からの大学入学を考えていますが、1年遅れて受験せざる負えないのでしょうか?

Q 長男が来月6月初旬にアメリカンスクール高校を卒業します。ニューヨークの大学に入学予定でしたが、急遽日本の大学に入学希望いたします。今からでも面接審査してもらえ、9月入学または1月編入できる学校を探すアドバイスをお願いします。

Q アメリカの高校をG11の途中で帰国しました。日本の高校に4月から編入する予定ですが、高校3年、高校2年に編入するかで悩んでいます。

Q 私は、9月から中国で高3なのですが、日本の帰国子女の試験に向けて来年の2月に帰る予定です。あるホームページで「統一試験の成績の提出」が「必須」か、もしくは「望ましい」と書いてあっても実質提出しないと、合格どころか、書類選考で落とされますとあったのですが、本当ですか?

Q 今年の11月に家族を帯同してアメリカに赴任します。高校2年生の男子を帯同するか、判断が付きかねています。大学受験の条件を見ますと、高校2年の11月に海外に行っても、帰国子女の要件を満たさず、日本の高校生としても卒業資格がありませんので、受験できないと危惧しています。仮にアメリカで1年留年して2年間の海外経験として帰国子女として受験できるでしょうか。アドバイスをいただければと思います。

過去の情報へ »
帰国子女大学受験入試直前講習会への
お問い合わせはこちらから

ページの先頭へ戻る