JOL会員限定企画イベント モバイル用写真 JOL会員限定企画イベント PC用写真
JOL会員登録(無料)はこちらから

2019年8月2日(金)、立命館東京キャンパスにてJOL会員限定!『お母様のための学び・仕事』イベントを開催しました。ご参加いただいたお母様方からは、「母親のセカンドキャリアについては関心がある方が多いはず。今後もこのような企画は継続してほしい」等と嬉しいお言葉を頂戴しました。

『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その1
『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その2

【第一部:子育てに関する学び】
弁士:立命館アジア太平洋大学(APU) 学長室 東京分室 課長 伊藤 健志 様

●日本には780も大学があります。立命館アジア太平洋大学(APU)が他の国際系大学と全く違うところは、日本人が英語や国際感覚を身につけるためにつくった大学ではないということなのです。世界中から学生を募集し、翌日から普通に授業をするにはどういう大学を作るべきかという観点からスタートしています。日本人もいますが、日本人が主役ではないということです。

●皆さんは海外にいらっしゃったのでお分かりだと思いますが、頑張れば明日は違う日が待っているという経験を、日本人は30年間経験していません。他の国は、今日と明日は違いますし、今、頑張れば、来年は違う未来が待っているという変化があります。それを実感するのが海外での面接です。タイやインドネシアの人たちの今年言うこと、来年言うこと、去年言ったことは違うのです。どんどん国が成長していて、課題が変わってきていることが嫌というほどよく分かります。

●海外から帰って来て「世界では」という話をすると、いじめられたり浮いたりすることがあるのですが、絶対に浮かせては駄目ですね。世界の国々のほとんどは周辺国と国境が接している状況では、狭い自集団のみ見ていたら日常が成り立ちません。海外で感じてきたことを将来に十分活かしてください。
海外での挫折経験も何より貴重です。日本の高校や中学にいるよりも、くじけてしまった経験がたくさんあると思います。でもそれは、社会人になったときのパフォーマンスと良い意味で関連性があるという話を元Googleの人事の人がしていました。

『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その3
『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その4

立命館アジア太平洋大学(APU)

APUは日本人の語学や国際感覚を鍛えるための大学ではなく、“世界中の学生が共に学ぶ大学を日本に”という目的で開学した日本で唯一の大学です。国際学生(留学生の呼称)と日本人が半数ずつ在籍するAPUでは、日本語と英語による日英二言語教育システムを展開しています。キャンパスでは多国籍・多文化環境を実現しています。

【第二部:お母様ご自身の学び・仕事①】
弁士:ECCジュニア・BS 東京、横浜、山梨エリア責任者 若松 様 / 東京センター 松浦 様 / ホームティーチャー 芦田 様

●ホームティーチャーになっていただくための条件は、『短大卒か同等以上の基礎的な英語力を有する方』です。もちろん、英語力は高いに越したことはございません。ただ、われわれがここまで発展してこられた一つの要因は、英語力だけではなく、子どもたちに対する熱意や愛情をたくさん持ち合わせている先生が数多くいらっしゃることなのです。われわれはそんな方を求めております。

●<帰国後ECCジュニアのホームティーチャーとなった芦田先生より>娘たちが大きくなり、大学受験で日本へ帰ることになったら、彼女たちは1人で行動できるようになる。一方私は、送り迎えに明け暮れ24年間ずっと専業主婦で、キャリアもないし、絶対に時間を持て余す。このままずっと家にいたら、自己嫌悪に陥るんじゃないかなどと考えておりました。ECCのことは海外にいる頃から何となく頭にあって、個人事業主になりたいという想いもありながら帰国して、娘の大学受験も終わり、下の娘の学校選びも落ち着いた時にすぐに契約をしました。

『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その5
『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その6

株式会社ECC ジュニア事業部

現在、海外に滞在されている方、海外から帰国した方、そんなあなたが輝ける場所がECCジュニアにはあります。あなたの海外経験を活かして、子どもたちの成長を見守り、さらにご自身も成長できるやりがいいっぱいのお仕事です。明日のあなたがきっと輝く。ホームティーチャーになりませんか?ホームティーチャーとは、自宅やテナント、貸会場で子どもたちに英語や国語・算数などを教えるお仕事です。

【第二部:お母様ご自身の学び・仕事②】
弁士:株式会社アイウエア(海外・帰国子女教育専門機関JOBA) コンサルティング事業部 宮田 征璽

●弊社は現在5社より依頼を受け、各企業が実施している赴任前オリエンテーションの一部のプログラムを担当しております。弊社の専門である海外子女教育以外にも、「海外生活」コーナーも担当しております。「海外生活」コーナーは、これから海外赴任する「配偶者」の方と、海外生活を経験された「先輩主婦」の方が、1:1~1:3の個別面談形式で、現地での生活についてざっくばらんにお話いただくコーナーです。赴任する国ごとにテーブルを分けてお話いただきます。

●皆様のお力をぜひともお借りしたい一つの仕事が、この「先輩主婦」という役割になります。食生活、病院、交通機関、防犯、お手伝いさん、ファッション、学校・幼稚園、現地の人との交流など、参加される「配偶者」の方の疑問、不安に対し、皆様のご経験をお話いただくことになります。今挙げた事項をもれなく話さないといけないわけではありません。カフェで相談に乗るような雰囲気で、参加者の気持ちに寄り添っていただき、一つずつ疑問に答えていただきます。わからないことはわからないと答えていただいて結構です。

『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その7
『お母様のための学び・仕事』イベント 写真その8

上記講演内容の文字起こし原稿をご希望される場合には、以下までご連絡ください。

TEL:03-5754-2242
担当:宮田

JOBA On Line会員(JOL会員)の方は、ご登録いただいているメールアドレスよりご連絡ください。
JOBA On Line会員(JOL会員)未登録の方は、会員登録後、ご登録いただいたメールアドレスよりご連絡ください。JOL会員登録はこちら