寮スタッフのブログ

10月ブログ

2018/10/31

10月も終わりを迎え、日増しに朝晩は何か羽織っていないと肌寒く感じるようになりました。

秋も深まって参りましたが、今年は次々に強い勢力の台風が発生していますので、やっと始まった紅葉も、強風で吹き飛ばされてしまうのではと心配しています。

 

さて、JOBAガーディアンシップセンターには今年の4月よりUAEからエミラティの子たちが留学生として二人入寮しました。

彼らはアブダビ日本人学校に幼稚園から中学卒業までの12年間通っていたので、日本語はネイティブレベルで堪能です。ご家庭ではアラビア語で生活してきたせいか、アラビア語は言わずもがなです。

 

そんな彼らが日本に来て半年が過ぎ、ある壁にぶつかっています。

それは「漢字」と「集団授業」です。

 

アブダビ日本人学校では、1クラスの人数が1ケタだったようで、分からないところがあればすぐに先生に聞けたそうです。しかし、彼らが通っている日本の高校は1クラス40人越え!分からないところがあっても、なかなかすぐに聞けず、分からないところを解決できないまま授業が終わってしまうことが多いそうです。

そして、彼らの場合は母国語がアラビア語ということもあり、学校以外で漢字を読み書きする機会が少なく、漢字は読めるけどスピーディーに書けない・・・ということで困っているようです。

このような悩みは、帰国子女のご家庭でもあるのではないでしょうか。

海外生活が長く、日本語を家の中でしか使わないお子さまで、スピーキングができても漢字が学齢相応に書けない、語彙が広がらない、日本語で作文が書けない・・・という子は、少なくないと思います。

特に、「作文が書けない」ということに焦りを感じるご家庭が多いように感じます。

ソウル校で教鞭をとっていた頃によく受けた相談に、「作文が書けないから指導して欲しい」というのがありました。

 

彼らも、大学入試では「小論文」を書かなければならないようです。

 

作文や小論文は、一朝一夕でなんとかなるものではありません。

「積み重ね」が大切なものになります。

 

そこで、この10月から朝日小学生新聞の「活用ノート」を使って、記事の「書き写し」を始めてみました。

活用ノート 写真その1
【ニュースあれこれ】編

 

このノート、実は両面開きになっているんです。

「ニュースあれこれ」というコラムを切り貼りできるようになっていて、反対側は「天声こども語」を切り貼りできるようになっているんです。

活用ノート 写真その2
【天声こども語】編

 

今までは、「ニュースあれこれ」用の活用ノートと「天声こども語」を書く専用のノートを朝日新聞から販売されていたのですが、なんと1冊にまとまりました。

「ニュースあれこれ」は毎日掲載されていますが、「天声こども語」は水曜日と日曜日しか掲載されません。なるべく毎日の習慣にしたいなと思っていたところ、このノートをみつけました。

きっと、私と似たような要望の方が多かったのでしょう。

 

実際に、彼らにやってもらいました。

活用ノート 写真その3
【活用ノート利用例】

 

きちんと一字一字しっかりと丁寧に書いてくれているのが分かります。

彼らが学校に行くときに提出してもらい、私が確認をして次の記事を貼り、帰ってきたときに渡す・・・という流れをとっています。

 

ちなみにですが、「天声こども語」はこんな風になっています。

天声こども語 写真
【天声こども語】

 

記事がぴったりと貼れ、分からなかった語句を調べて書く欄があります。また、書くのにかかった時間を書く欄もあるので、書き写すのにかかった時間を記録していくとスピードの変化を目に見える形で知ることができます。

 

海外でも、朝日小学生新聞は電子版があるので海外でも購読ができるそうです。

記事をパソコンから印刷できるので、海外でも書き写しができます。専用ノートは海外ではなかなか手に入りにくいと思いますが、代用できそうなノート(A3サイズがおすすめです)で行ってみてください。

コピー用紙でも代用は可能だと思います。その場合は、1枚ずつファイリングを忘れずに。

記録として残し、見直せることで、自分の自信にもつながります。ノートやファイルで、自分の行ってきたことを見返して、継続するモチベーションにしてみましょう。

 

最近では、各新聞社から小学生新聞や電子版が発刊され、海外でも手軽に日本の新聞が読めます。記事の音声再生サービスを行っているものもあります。

自主学習のツールとして利用できるので、国語の成績を上げたいけれど、何をしていいのか分からない、読解の力を鍛えたいけれど、なかなか問題集が手に入らないという方は、この書き写しをとりあえず、と始めてみてはいかがでしょうか。

大人用の天声人語は、3種類くらい目的別にノートが出ています。自分の目的に合わせて、取り組んでみてみましょう。

« ホーム »

ページの先頭へ戻る