帰国から合格まで 海外・帰国子女のための中学・高校受験 入試直前講習会

海外・帰国子女のための中学入試直前講習会

効果的な受講について

多くの帰国生が受験する学校を第一志望とする場合の受講パターンをご紹介いたします。
なお、併願校の組み方は、第一志望に合格することを念頭に置いて、以下の原則に従って決定しています。

  1. 第一志望よりも入試日程が前になっていること。
  2. 第一志望と入試科目が同じ、または少ないこと。
  3. 第一志望よりも合格が出やすいこと。(問題の難易度、倍率などから判断すること。)

上記以外の学校の受講パターンもご用意しています。また、受講パターン通りでなくとも受講は可能ですので、お気軽にご相談ください。

1.参加期間について

帰国予定スケジュールや、経済的な側面での制約はもちろんございますが、学習効果という側面(お預かりする教師としての立場)から言えば、当然、1日でも長く受講していただくのが望ましいです。特に今まで学習環境が整っていなかったというような生徒は、JOBAに来てからしっかり集中して学習することで、ぐんと力を伸ばすケースが少なくありません。諸条件が許す限り1日でも多くの受講予定を組んでいただければと思います。

2.参加のタイミング

「どうしても帰国予定日の関係でタームの途中からの参加になってしまうが、次のタームの切れ目から参加するほうが良いのか」というお問合せをいただくことがよくありますが、結論から申し上げると、ターム途中からでも良いので、参加できる日にちからぜひご参加ください。
理由は、1で述べた通り、基本的には一日でも長く受講されたほうが良いためです。なお、授業としては、教師も毎日新しい生徒が来るという前提で授業を行っているので、途中参加の生徒さんにも充分配慮して授業を進めてまいります。前日の内容を引き続き教える場合も一部ありますが、大きく引きずるものではありませんから、安心してご参加ください。

3.入試前日、入試日の受講について

入試前日や入試終了後の午後の授業を受けるかどうかについて迷われる方も多いようです。
ほとんどのコースは1日単位でお申込みできますので、お子様の体力・精神力をふまえ、判断していただければと存じます。

○ これまでのリズムを入試当日まで崩したくない、少しでも穴を埋めたい
⇒ 受講してください

○ 遠方からの通塾なので、体力に不安があり、余裕を持って入試当日を迎えたい
⇒ お休みください

4.作文・面接について

作文講座や面接講座は、必要に応じて、別途お申し込みください。ただし、以下の学校別特別対策講座では、それらも含んだ授業立てになっているので、オプションで取る必要はありません。

【中学】
 ・立教池袋・学習院中等科対策講座
 ・頌栄女子学院対策講座
 ・立教女学院対策講座
 ・洗足学園A・B対策講座(A・B)
 ・東京学芸大学附属国際中等教育対策講座