ホーム > 女子校 > 共立女子第二中学校高等学校

共立女子第二中学校高等学校

東京都八王子市中学受験高校受験編入

130年の女子教育の伝統と東京ドーム5個分の抜群の教育環境。
共立女子第二は10年後、20年後に活躍できる真の美しさを持った自立した日本人女性を育てます。

共立女子第二中学校高等学校 写真

最新情報

  • 帰国生入学試験のご案内
    【中学・高校】2018年11月24日(土)
    【中学英語入試】2019年 2月 1日(金)
  • 学校説明会【一部要予約】
    【中学】
    11月10・17・24日(土)校長個別対応 進学相談会 第2期11月の指定土曜日
    11月15日(木)中学校説明会 授業公開
    12月 1日(土)中学校説明会+入試問題研究会 2
    12月 8日(土)入試説明会 適性検査型入試志願者対象
    12月16日(日)入試説明会 入試体験と同時開催
    【高校】
    11月17日・24日(土)高等学校説明会 個別相談あり
    12月 1・4・5・6・7・8日 (その他日程あり)高等学校 個別相談会
  • 転編入学のご案内(中学・高校)
    ※ご相談を随時受け付けております。

コメント

八王子の丘陵地に東京ドーム5個分のキャンパスを構えた共立女子第二中学校高等学校。私たちは開校以来、人間の核を形成する「体験重視の教育」を大切に、「10年後、20年後、自立して社会で活躍できる女性」の育成を目指してきました。また、昨今のグローバルな時代だからこそ「真の美しさを持った日本人女性」を育てたいとの想いも強くしています。本校には、海外帰国生も各学年で活躍しています。お気軽にお問い合わせください。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

一般生と全く同じです。本校は1クラス30~35名程度の規模ですので、スムーズに学校生活に慣れていくことができます。また、本校では「真の美しさを身につけた日本人女性」を育成することを教育目標の1つとして掲げており、礼法や茶道・華道・装道の基本を、生徒全員が学べる機会を持っています。グローバルな時代だからこそ、「自立した1人の日本人女性として発信できるもの」をしっかり身につけてほしいと思っています。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

一般生と全く同じです。本校では、全校生徒に対して「4技能統合型授業」を実践しています。ネイティブ教員の授業はもちろん、中学2年生全員が参加する英語研修や、ニュージーランドの姉妹校との交流をはじめ、全校生徒が取り組むオンライン英会話、イマージョン・ワークショップやレシテーションコンテストなど、英語力を磨くツールも数多くあります。校内には洋書多読コーナーも設けられています。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

中学校では、帰国生のみに限定せず、全員を対象とした補習が週に3日間、国語・英語・数学の3教科で曜日を変えて実施されます。少人数の生徒に対して丁寧な指導を行なうことで、学力の不足する部分を補っています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

海外帰国生は各学年に在籍していますが、ほとんどの場面で一般生と変わらないと認識をしております。また、同じ空間に多様な経験を持った生徒が在籍していることこそが、個々の個性を引き出し磨くことになると考えます。ただ、生活してきた文化の違いから当然日本の習慣にあわない場面が出てくることもあるかもしれません。事前の面談等をしっかり行ない、一人ひとりに寄り添って指導していきます。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本校の教育方針や校風を知っておいてほしいと思います。そのためにも事前の学校訪問をお勧めしています。学校訪問の受付も随時行っていますので、お電話かメールでご予約ください。また、本校ホームページでも最新の学校情報をご覧になれます。
ホームページ http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/nichukou/ 問い合わせメール k2kouhou@kyoritsu-wu.ac.jp 電話 042-661-9952

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

異文化に触れるという貴重な経験はもちろんのこと、日本を外から見ることでこそ発見できるものを大切にしてきて下さい。また、その国で女性が活躍する様子や女性の状況等、また人権の状況や社会のしくみ等もよく見聞きしてきて下さい。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

現役進学率は毎年95%を超えています。共立女子大学の併設校ですが、併設高校のみに設けられた優遇制度によって、共立女子大学の合格を得た上で他大学を受験することも可能です。外部大学に進学する生徒と共立女子大学に進学する生徒は、毎年ほぼ半々の割合です。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

帰国生にとって、自然あふれるロケーションと東京ドーム5個分の広さを持った教育環境は、必ず喜ばれるはずです。雲がつかめるほど空に近いキャンパスで、伸びやかな学校生活を送れるでしょう。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

中学入試、高校入試ともに、11月24日(土)に海外帰国生入試として実施します。
今年度より中学入試は、国語(作文)・算数(計算力中心のテスト)と面接(日本語・受験生のみ)、高校入試は、国語(作文)・数学(計算力中心のテスト)・英語と面接(日本語・受験生のみ)です。また、中学入試においては、2月1日(金)に英語入試の機会も設けています。なお、年度途中の転編入試験にも随時対応していますので、学校までお気軽にお問い合わせください。
問い合わせメール k2kouhou@kyoritsu-wu.ac.jp
電話 042-661-9952

学校基本情報

【所在地】
〒193-8666
東京都八王子市元八王子町1-710

【最寄り駅】
共立女子学園では現在下記の3路線でスクールバスを運行しています。
1. 八王子駅ルート ※JR中央線、横浜線、八高線の八王子駅南口と学園を結ぶルート。
2. 高尾バスターミナルルート ※JR中央線、京王線の高尾駅北口より徒歩5分の学園バスター
ミナルを結ぶルート。
3. みなみ野・七国循環ルート 八王子市めじろ台・みなみ野などの地域に居住する生徒のみ利用。

【電話番号】
042-661-9952

【入試広報ご担当】
入試広報部・主任
 戸口 義也 先生 

【転・編入】
あり

【学校寮】
なし