ホーム > 女子校 > 国本女子中学校・高等学校

国本女子中学校・高等学校

東京都世田谷区中学受験高校受験編入海外入試

2023年4月、ダブルディプロマ(DD)コース高校募集開始!

国本女子中学校・高等学校 写真

最新情報

  • 入試・説明会 ※要予約
    【中学】  【高校】
    学校説明会(文化祭):2022年10月22日(土)【中学】【高校】・10月23日(日)【高校】
    当日行われる中学校説明会では、日本とカナダ両方の教育を融合したグローバル一貫教育校としての本校の取り組みについて最新情報をご説明します。
  • 中学校転入学試験要項
    1・2・3年生が対象です。試験日はご相談により決定いたします。
  • カナダ・アルバータ州の教育×新しい時代の女子教育
    2020年4月、国本女子は2つのコース、ダブルディプロマ(DD)コース、リベラルアーツ(LA)コースをスタートさせました。
  • 入試問題サンプル

コメント

本校は、日本で初めてカナダ・アルバータ州教育省と提携し、中高6年間のグローバル一貫教育校を目指しています。2020年4月には、“KAIS”(Kunimoto Alberta International School)を開校、カナダと日本両方の高校卒業資格を取得できる「ダブルディプロマコース」(DDコース)を開設し、第1期生は中学校3年生になります。
英語圏・非英語圏を問わず、海外で貴重な経験を積まれた皆さんが中高6年間でさらに飛躍できる帰国生に最適な教育プログラムです。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

2020年4月にカナダ・アルバータ州の教育プログラムを導入したダブルディプロマ(DD)コースに入学した生徒たちが、2023年4月に高校1年に進学します。それに伴い、2023年度DDコースの高校募集を開始します。DDコースの高校授業は、約2/3が英語のみを使った授業となるため、英検2級以上に相当する資格を持っていることが出願条件となります。語学力を大学受験でも使いたい、海外での経験を活かしたいという帰国生の方に適したコースで、在籍の約半分が帰国生になっています。よって、国内生も英検2級以上を高校入学時から持っていることが条件であるため、通常の授業体制は帰国生も国内生も同じになりますが、帰国生に関わらず個々の課題に対するフォローを放課後の時間(放課後講習)を使って行っています。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

英語の授業は帰国生と国内生は同じクラスですが、少人数制のレベル別授業を行っています。その結果上位レベルの授業には帰国生が多く集まっています。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

英語圏・非英語圏それぞれの帰国生に対応した補習を主要教科で実施しています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生一人ひとりの状況はそれぞれですので、入学時には生徒と保護者との面談を行い状況把握をしっかり行います。そして、勉強面で進んでいるところ、遅れているところ、生活面で配慮が必要なことを担任はもちろんその生徒に関わる教員すべてが理解し、指導にあたります。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

高校のDDコース募集に伴い、新高校1年生の帰国生の受け入れを開始します。2023年度の高校1年生がDDコース第1期生となります。そのため、まだ進学実績はありませんが、カナダの高校卒業資格を得られるため、海外大学へ進学しやすくなります。実際に、本校の姉妹校である他の国にあるアルバータ州海外認定校の卒業生はカナダをはじめ世界トップ100の難関大学に多数進学しており、本校で教壇に立つアルバータ州認定教員は海外大学への進路指導には豊富な経験とノウハウがあります。また、日本国内の大学入試も近年は総合評価型の入試に移行しつつあり、本校で身につけた洗練された英語力や国際理解力は高い評価につながります。総合型選抜や推薦型入試、帰国生入試を利用して、国内難関大学への進学を現実的な選択肢とすることができます。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

可能な限り、事前の学校訪問や授業見学をお願いしております。また本校のグローバル化の取り組み、情操教育の内容についてご理解いただきたいと思います。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

海外で出来るだけ多くの人との交流し、また現地での生活や文化について見識を広げてきてほしいと思います。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

本校では、帰国生が海外で培った特性を活かし、そしてこれから日本で生活していく中で必要なことを十分にケアする態勢が出来ていますので、安心して大切なお嬢様をお預けいただければと思います。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

多くの異なる環境で成長した生徒は特に、多様性を受け入れ生きる力に優れていると思います。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

少人数制で一人ひとりに寄り添った指導を行います。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

・帰国生入試は、10月~11月の間に2回実施しております。中学入試の受験科目は、国英2科、国算2科のいずれかで判定。高校入試の受験科目は、国数英の3科を受験し、高得点2科で判定する予定です。詳しくはHPをご覧ください。
・英語は、リスニング・選択問題・記述問題があります。また中学入試について英検準2級以上取得の方は優遇制度があります。高校入試のDDコースは英検2級以上に相当する資格を持っていることが出願条件になります。
・帰国生入試問題は、サンプル問題や昨年度の問題をHPで確認することができます。難易度やどのような記述問題があるかなど出題の特徴を確認し、学習に活かしてください。(メール・お電話での資料請求の際にお申し出ください。)

学校基本情報

【所在地】
〒157-0067
東京都世田谷区喜多見8-15-33

【最寄り駅】
小田急小田原線「喜多見駅」下車(南口)徒歩2分
小田急バス(二子玉川・渋谷⇔調布)喜多見駅入口下車徒歩3分または二の橋下車徒歩2分

【電話番号】
03-3416-4722

【入試広報ご担当】
入試広報部長
倉持 宣良先生

【転・編入】
あり

【学校寮】
なし

【海外入試】
中学 オンライン入試