ホーム > 共学校 > 土浦日本大学中等教育学校

土浦日本大学中等教育学校

茨城県土浦市中学受験編入

グローバル教育の徹底で、地球規模での活躍を目指します!

土浦日本大学中等教育学校 写真

最新情報

  • 学校説明会 ※要予約
    第2回オープンスクール:2021年8月21日(土)
    学校説明会:2021年10月2日(土)
  • 外国人教師による実践的英会話
    国内大学受験への対応はもちろん、海外大学への進学を希望する生徒には、特別クラスを準備し、留学指導経験豊かな教員が丁寧に指導しています。
  • 理系インタークラス
    本校は、開校以来医歯薬獣医学部・最難関理系大学の高い進学率を実現させてきました。
    過去5年間の生徒の進路先も理系生徒の約半数が医歯薬獣医学部・最難関理系大学へ進学しています。
  • 土浦日本大学中等教育学校公式SNS
    入試イベントや学校行事などの情報を配信します。ぜひお友達登録をしてください。

コメント

本校では、多様化する世界において格差を乗り越え、国際社会に貢献できる人材の育成を教育方針にしています。そのために国際力を育む観点から、6年間で2回の海外研修を実施しています。実際に海外に行って若いうちに様々な体験をすることは、とても大きな価値があります。同様の観点から帰国生の受け入れに前向きに取り組んでいます。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

英語以外のクラスは一般生と同じ配置(ホームルーム含む)となります。本校はコース制を敷いていない新しい進学校です。クラスには様々な進路意識を持った生徒がいて、お互いに相手を尊重し、仲間として切磋琢磨しつつ、国内外の大学入試と対峙します。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

現地校・インター校の生徒のためにAdvancedクラスとして取り出し授業を行います。オーラル・コミュニケーションは外国人、総合英語は日本人の教員が指導にあたります。取り出し授業の時間割の関係で前期課程の帰国生は全員同じクラスに在籍しています。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

海外で遅れてしまった教科については、放課後等を利用した個別指導で対応しております。また、帰国生に限らず苦手教科のフォローアップとして課外授業を行っています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生それぞれの海外経験を尊重し、精神面・学力面ともフォローすることです。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

若いうちの海外体験はとても大きな価値があると考えています。現地でしか体験することのできないことをより多く学んできてほしいと思います。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

日本以外の国で生活した帰国生の異文化体験が、学校にも他の生徒たちにも良い影響を与えてくれると本校は考えています。新しい環境のもとでも自信を持って過して欲しいと思っていますし、そのような帰国生の受け入れに前向きに取り組み、サポートしています。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

本校は教育方針に「多様化する世界で格差を乗り越えて,国際社会に貢献できる人材の育成」を掲げています。
10名の外国人教員による生きたオーラル・コミュニケーションの授業や、2年次・4年次にイギリスで行う海外研修、海外からの留学生受入れなどインターナショナルな環境で学び、グローバル視点を持つことが出来るように6年間かけてじっくり指導していきます。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

海外研修や学校行事での活躍など、たくさん有りますが、特にスピーチコンテスト・英語ディベートで一般生をリーダーシップで牽引する点が挙げられます。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

英語のAdvancedクラス(帰国生1名でも開講)や放課後の個別指導はもちろん、海外研修(英国2回)で大いに力を発揮できる場面があることだと思います。また、生徒・教職員一同、帰国生を温かく迎え入れる雰囲気があることもあげれらます。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

2022年度の入試ではAO入試を行います。8月にエントリー開始となります。詳細は本校のHPでご確認ください。なお、本校希望者は帰国して12月の推薦入試(国内入試)を受ける方も多いです。これは本校を第一志望とする生徒が対象になります。現地校・インター校の生徒は英語力も評価の対象にしています。その他には,1月に帰国生入試(国内入試)があります。A方式の英語は2級と準2級を交ぜたようなレベル、B方式の国語と算数は一般生の入試問題と同レベルのものです。一般入試との併願も可能です。また、英語を利用する入試では、11月の英語運用力入試があり,こちらは30分のリスニングと30分のオーラルコミュニケーションで英語を運用する力をみます。編入は原則として帰国生を対象としています。今年度の実施についての詳細はお問い合わせください。編入時期は帰国時期に合わせた対応が可能で、5年生の3月末まで受け入れています。

学校基本情報

【所在地】
〒300-0826
茨城県土浦市小松ヶ丘町4-46

【最寄り駅】
JR常磐線「土浦」駅徒歩20分
JR常磐線「土浦」駅よりバス

【電話番号】
029-835-3907(入試広報室)

【入試広報ご担当】
三浦 哲郎先生

【転・編入】
男女若干名随時募集。詳細は担当者まで。

【学校寮】
男子は1年次から,女子は4年次(高校1年次)から入寮可

【海外入試】
なし

【学校のHP】
こちらから