ホーム > 共学校 > サレジアン国際学園中学校高...

サレジアン国際学園中学校高等学校(現校名 星美学園中学校高等学校 2022年度より校名変更、共学化)

東京都北区中学受験高校受験編入

変わりゆく世界へ飛び立つ「世界市民力」を育む

サレジアン国際学園中学校高等学校 写真

最新情報

  • 学校説明会・イベント ※要予約
    【中学】  【高校】
    中学説明会/新入試対策会:2021年10月9日(土)、10月10日(日)、11月14日(日)、12月19日(日)
    高校説明会:2021年10月9日(土)、10月10日(日)、11月20日(日)、12月15日(日)、2022年1月5日(水)、1月6日(木)
    体育祭:10月2日(土)
    星美彩:10月9日(土)、10月10日(日)
  • 海外帰国生入試について
    本校は、2022年度よりインターナショナルクラスが新たにスタートします。
    同クラスには主要教科をオールイングリッシュで学べるAdvanced Groupを設置。
  • 建学の精神と歴史
  • 国際教育
    「なぜ英語を学ぶのか?」を自ら考え、世界に向けた貢献意欲を培う。

コメント

本校では2022年度より、インターナショナルクラスが新たにスタートします。Advanced GroupとStandard Groupが混在するホームルームは、外国人教師と日本人教師の2名で担当します。どちらのグループも英語の授業は週10時間。Advanced Groupは数学・理科・社会も英語による授業を展開し、学校生活全般を通じて、「英語で学び、英語で考える」学習環境を提供します。これまで過ごしてきた地域での経験が何よりの宝物。様々なバックグラウンドを持った仲間と協働するチャンスがあふれる学校です。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

本校は大きく分けて2つのクラス(本科・インターナショナル)のうちから、自分が力を入れたいことによってクラスを選択することができます。帰国生、国内生というカテゴリーに留まらない、様々なバックグラウンドを持った生徒同士が共に学校生活を送ることによって、多様性を受け入れる姿勢や協働性を養うことを大切にしている学校です。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

インターナショナルクラスは入試時点での英語力によって、アドバンスト(CEFR B1以上)かスタンダードに分かれます。アドバンストは英語・数学・理科・社会を外国人教師が担当し、全て英語で展開されます(英語は週10時間)。スタンダードの英語の授業は外国人教師と日本人教師のティームティーチングで、週10時間行われます。一般生の割合が多く、個人の興味・関心を深めていくことができる本科クラスの英語の授業は週8時間で、日本人教師が担当します。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

通常の国語の授業において、取り出し授業を行います。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

それぞれが持っているバックグラウンドを尊重することと、生徒自身が目標達成に向けて、着実に歩みを進めていくことができる環境作りです。学習面、生活面ともに周囲との違いを感じたときに、そのギャップを前向きに捉えることができるよう、一人ひとりに寄り添ったサポートをします。また、個々の目標にたどり着く具体的な道のりを示すために、施設・制度などの教育環境整備にも力を入れています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

1つめは、カトリックミッションスクールであるということです。他者を尊重し、社会に貢献できる人材となれるよう、宗教の授業や行事を通じた心の教育に力をいれています。2つめは国際生がいる学校であるということです。海外からの帰国生はもちろん、国内生の中でも様々なバックグラウンドを持った生徒を受け入れている学校ですので、多様な価値観に触れることができます。3つめは、インターナショナルクラスのアドバンストグループにおいても、英語・数学・理科・社会以外は日本語での授業であるということです。学校生活を送る中で日本語の運用能力を高め、日本の文化・生活様式を体得していくことも一つの目標となります。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

世界の諸問題に目を向け、多様性を受け入れつつ、批判的思考力を身につけられるよう生活することです。海外生活そのものが貴重な経験ですので、まずは自分が住んでいる国や地域の価値観を大切にして欲しいですし、それを自信をもって他者に発信する姿勢が身についていると望ましく思います。それと同時に、視野を広げるためにも、異なる文化や価値観との出会いを受け入れ、前向きに捉えることができる姿勢を身につけて欲しいと考えています。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

本校は確かに新たに生まれ変わったばかりの学校ですが、その教育精神は産業革命時代のイタリアにルーツを持っています。学校自体が、時代が進んでも変わらない伝統と、時宜に合わせて変化していく部分を弁別し、成長していく雰囲気を持ち合わせていますので、あらゆる状況を受け入れ、柔軟に対応していくことができると確信しています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

都内にありながらも、緑が多くのびのびと生活できる環境です。2020~2021年にかけて校舎のリフォームを行いましたので、新しくきれいであるだけでなく、図書室や自習室、サイエンスラボなど、学びを促進する施設も整っています。また、本校の魅力の一つである、「生徒と教員の距離が近く、家庭的な雰囲気であること」も、安心して学校生活を送ってもらえるポイントではないかと考えています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

インターナショナルクラス(アドバンストグループ)の学力試験に関しては、CEFRのB1以上の資格を取得している場合には免除になりますので、あらかじめ受験しておくことをお薦めします。エッセイの試験対策として、身の回り・世界で起きていることに対して常に自分の意見を持ち、表現する練習をしておくことをお薦めします。

学校基本情報

【所在地】
〒115-8524
東京都北区赤羽台4-2-14

【最寄り駅】
JR赤羽駅北改札口より徒歩約10分
地下鉄南北線赤羽岩淵駅2番出口より徒歩約8分

【電話番号】
03-3906-7551

【入試広報ご担当】
入試広報部 主任
飯塚 晃代先生

【転・編入】
なし

【学校寮】
なし