ホーム > 共学校 > かえつ有明中・高等学校

かえつ有明中・高等学校

東京都江東区中学受験高校受験編入

4.5人に1人が帰国生の学校です。帰国生が自分らしくいられる環境です。

かえつ有明中学校・高等学校 写真

最新情報

  • 転編入試験 募集要項
    2020年4月(1学期)編入【新中1・新高1は受験不可】
    転編入試験日:2020年3月4日(水)
  • 2020年度 国際生入試データ(結果)
    【中学】
    Advanced選考 出願者数 306名 受験者数 296名 合格者数 241名
    Regular選考  出願者数  77名 受験者数  70名 合格者数  30名
    Honors選考  出願者数 281名 受験者数 204名 合格者数 130名
    【高校】
    Regular選考  出願者数  13名 受験者数  12名 合格者数  2名
    Honors選考  出願者数  26名 受験者数  21名 合格者数  12名
  • かえつ有明の教育
    かえつ有明中高が目指す学校像とは
  • 海外で受けた教育を眠らせない
    特別な国際生が普通でいられる環境

コメント

海外で培った帰国生の持つ能力を「学習」と「生活」の両面でサポートします。帰国生の受け入れにおいて、『習熟度別の英語教育の充実』・『未学習科目の支援』・『一般生徒との共生生活環境』・『帰国生を理解する教員と多数在籍する帰国生仲間の存在』が本校の特色です。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

英語を中心とした入試「Honors/Advanced選考」で合格した生徒は、週6時間の英語の授業はハイレベルの特別授業に参加します。
英語以外の教科は一般生と同じクラスで授業を受けます。
あえて国際学級にしないことで、帰国生にも一般生にも「グローバルな自分」と「日本人としての自分」の二つの自分を持ってもらおうとしています。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

帰国生が受講している英語の授業は「Honorsクラス」「Advancedクラス」「Regularクラス」の3つあります。Honorsクラスは現地校やインタナショナルスクールのレベルで、科目はLanguage ArtsとPhilosophyがあります。言語習得だけに留まらず、英語でのCritical & Creative Thinkingも重視したプログラムになっています。加えて、希望制のTOEFLやSAT講座も開講しています。Advancedクラスは英検準2~2級レベルの生徒を対象とし、ネイティブ教員によるHonors Classに準じた授業と日本人の英語教員による丁寧な文法等のフォローをしています。Regularクラスは一般生と同様に、小学校で学習した範囲からのスタートです。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

放課後に週5回、帰国生のみを対象にした放課後講習を開講しており、新入生は原則、毎日参加してもらいます。
対象科目は国語・数学・社会・理科で、未学習の分野などを教員が親切・丁寧に指導します。
担当するのは、海外経験や帰国生指導の経験が長い教員と元帰国生のチューターです。
この時間には1日の復習もして、自学自習の習慣をつけ、本校の授業にしっかりついていけるようバックアップします。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

「特別」な帰国生が、普通に生活できる環境を作ることです。
休み時間に英語で話していても特別視されない環境で、帰国生がのびのびと自分らしくいられる環境だと思っています。
一方で、帰国生ならではの不安もありますから、一人ひとりの不安や悩みに寄り添ってケアしています。

帰国生が入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本校は日本の帰国生受け入れ校として、日本の良いところは大事にしながら、グローバルな感覚も大切にしています。
あくまでも日本の学校ですので、日本の文化や価値観を大切にすることも学んでもらいます。
国際人としての自分と日本人としての自分の両方を成長させる意識を持ってご入学ください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

自分で望んだかどうかに関わらず、海外生活での経験は何物にも代えがたいものです。
海外でしかできないようなチャレンジをたくさんして、色々な経験をもって帰国してほしいですし、帰国後はその経験や感覚を存分に発揮してください。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

海外で暮らすことが決まった時には不安も多かったことと存じます。帰国が近づいて来ると、日本に帰ることが嫌になっているかもしれません。
未来は常に不安で、しかし一方で明るいものでもあると思います。その未来を一緒に歩みましょう。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

帰国生が体験してきたすべてのことが貴重で、価値のあることだと思っています。何事にも積極的な帰国生たちは、学校行事や生徒会活動のも熱心に取り組んでいます。生徒会長が二年連続で帰国生だったこともありました。その帰国生の特性や良さが一般の生徒にも広がってくれることを期待しています。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

帰国生の人数は270名を超え、割合は全生徒の4.5人に1人です。同じようなバックグラウンドを持つ帰国生の仲間が多数いることは、入学後の生活や学習をスムーズに進めるのに大きな助けになるはずです。また、「自分自身が帰国生」だった教員、海外生活が長く「帰国生の保護者」である教員など、自分ごととして帰国生教育に向き合う教員たちがサポートをしています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

どのような状況においても志を持ち、現状の中でベストを尽くしてください。まずは、通学している学校の勉強を中心にその成績を向上させることに集中してください。また、家庭での学習習慣も大切です。予習や復習などしっかりと行える自己管理のできる生徒の入学を希望します。

学校基本情報

【所在地】
〒135-8711
東京都江東区東雲2-16-1

【最寄り駅】
りんかい線「東雲」駅徒歩約8分
有楽町線「豊洲」駅より都営バス
有楽町線「辰巳」駅徒歩約18分

【電話番号】
03-5564-2161

【入試広報ご担当】
広報主任
内山 誠至先生

【転・編入】
定期的に実施

【学校寮】
なし(学校指定寮あり:JOBAガーディアンシップセンター