ホーム > Close Up! 学校訪問レポート > 桐蔭学園高等学校

桐蔭学園高等学校(2018年度より男女共学化)

神奈川県横浜市高校受験編入海外入試

「先進」と「伝統」の教育で、グローバル社会を生き抜く、“たくましさ”と“しなやかさ”を育む

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

海外生活~受験校選択、受験対策について

Question オンラインでの取材が初めてなので、少し緊張しておりますが、本日はよろしくお願いいたします。現在高校2年生で、K.Hさんはドイツ、A.Tさんはイギリスで同時期の2016年から2018年まで日本人学校に通っていて海外生活をしていたのですね。2人とも中学1年生くらいで海外生活が始まったと思うのですが、日本と海外での学校の違いや驚いたことなどありましたか?まずK.Hさんからお願いします。

K.H ドイツでは日本人学校へ通いましたが、英語・英会話・ドイツ語など語学の授業がとても多いことに驚きました。私は中学1年生の時に入学し、1番下の基礎クラスでしたが、小学5年、6年からドイツに暮らし勉強をしていた子たちはかなり上達していたので、1~2年でこんなに差があるのかと思いました。

Question 英語だけでなくドイツ語の授業もあるのですね。ドイツだと日常生活の言語はドイツ語だと思いますが、生活はどうでしたか?苦労したことなどありましたか?

K.H ドイツでも8割ほど英語が通じ、買い物や友達と遊びに行く時などほぼ英語でしたので、言葉が通じなくて困ったということはないです。たまに英語が話せない高齢の方や英語が不得意な方とお話しする時は、ドイツ語の勉強だと思って積極的に話すように努めました。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question ドイツ語でなくほぼ英語だったのですね。生活や言語に慣れるのに工夫したことはありますか?

K.H 私はバスケットボールクラブに中学校3年間所属しており、1年に2回ほどドイツ人の生徒たちと交流試合がありました。そこで積極的に交流するようにしました。また、中学2年の夏休みには語学力向上のためにマルタ島へ2週間ほど留学しました。そこでは日常生活はドイツ語、授業は英語で受講して語学習得には色々工夫していました。

Question なるほど。色々工夫されたのですね。では、A.Tさんはいかがでしょうか?日本と海外の学校での違いを感じたことはありますか?

A.T 英語力の差を強く感じました。日本人学校のクラスメートは25人ほどいたのですが、その中の7~8割くらいが小学生から現地にいたり、他国で暮らしていた経験がある子でした。一方、私は中学1年生でまったく英語が話せなかったので、他の子たちとの英語力の差に衝撃を受けました。また、英語力以外にも勉強に対しての意識が違うとも思いました。生徒の習熟度が高く、授業もハイレベルだったと感じました。ずっと日本にいた自分からすると考えられないくらいでしたね。

Question 教育環境の違いを肌で感じたのですね。イギリスだと、英語がメインだと思いますが、中学1年生だと分からないことが多かったかな。生活はどうでしたか?苦労しましたか?

A.T 1年目に関しては本当に苦労しました。学校に入ってから2か月目にスイミングスクールへ通い始めたのですが、先生は英語で話すので何を言っているか分からなかったです。同じクラブに日本人がいたのでサポートしてもらいましたが、ずっと一緒にはいれないので、自分で何とか頑張らなきゃと思いました。自分から積極的に話すのが得意ではないので、まず人の会話を聞いて、「こう発音するのか。」、「この時はこう返すのか。」と勉強しました。おかげで2学期くらいから会話ができるようになりました。

Question ありがとうございます。前向きに努力されたのですね。それでは次に現地の学校生活や日常生活で楽しかった思い出を教えてください。まず、K.Hさんからお願いします。

K.H 私の住んでいたデュッセルドルフはライン川に面している街なのですが、春休みや夏休みになると、その川のほとりに移動遊園地がやってくるんです。そこに友達と遊びに行くのがとても楽しかった思い出です。お菓子などを売っている屋台があったり、アトラクションなど色々あります。中でも、空中ブランコはスリル満点でした!ブランコの下がライン川ですので。現地のお客さんたちも「一緒に乗ろう!」、「一緒に踊ろう!」と声を掛けてくれたりして、陽気な雰囲気で楽しかったですね。

Question 空中ブランコの下が川とは、楽しそうです!乗ってみたいですね。A.Tさんはいかがでしょうか?

A.T 日本人学校での運動会が思い出です。その運動会は、プロが使うようなとても広いラグビー場で小学部から中学部まで総勢200~300人で行っていました。日本にいた頃の運動会は「競い合う」印象が強かったですが、現地ではみんなで踊ったり、走ったりして純粋に運動会を楽しめたと思います。

Question 伸び伸びできそうな会場で良いですね。それでは、帰国に向けた話に移りましょう。本帰国が決まったのはいつ頃でしょうか。

K.H ドイツに行く前から、高校受験のタイミングで私だけ本帰国することが決まっていました。将来は薬学部に進み、日本の大学に進学したいと思っており、中学3年間のみ海外で過ごす予定でした。両親は寂しそうではありましたが、応援してくれました。なので、現地では高校受験を意識して塾に通いながら勉強をしていました。

A.T 本来であれば、中学2年の終わりに帰国する予定でした。ですが、せっかく現地の日本人学校に慣れていたので、ちゃんと卒業したいと思いました。家族で話し合った結果、父だけ先に帰国して高校受験のタイミングで帰国することに決まりました。

Question ありがとうございます。続いて、高校受験についてお話を聞きたいと思います。受験を意識し始めたのはいつ頃ですか?K.Hさんはどうでしたか?

K.H 中学2年生の夏頃です。周りの子たちが自分よりも勉強を頑張っていたり、塾に通っている姿を見て、「あ、このままでは置いていかれてしまう」という危機感から真面目に取り組むようになりました。

Question 受験する学校について、どのように決めましたか?何がポイントでしたか?

K.H 私1人で帰国することが決まっていたので、寮がある学校を前提として帰国生を積極的に受け入れている学校を選びました。帰国生を積極的に受け入れている学校だと、自分と同じような境遇の子たちが全世界から集まってくると思うので、自分の視野がより広がると思いました。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 寮があること、帰国生の受け入れを積極的に行っているという2つの柱で探したということですね。A.Tさんはどうでしょうか。

A.T 帰国生を受け入れており、英語教育に力を入れている学校を探していました。また、高校では部活も頑張りたいという思いがありました。日本人学校では水泳部に所属していたのですが、部活を頑張るというより体力づくりのために入っている人など1人1人目的がバラバラでした。桐蔭学園のように勉強にも部活にも注力できる学校を探していました。

Question なるほど。文武両道の学校を探していたのですね。ちなみに受験校を決定するのに、学校訪問・見学を行う方が多いですが、A.Tさんは桐蔭学園へ訪問しましたか?

A.T はい、訪問しました。学校全体がとてつもなく広いなって思いました。当日見学した校舎は2つくらいだったと思いますが、パンフレットを見るとまだまだ校舎があって驚いたことを覚えています。桐蔭学園は同じ敷地内に幼稚園から大学まであるんです。幅広い世代の人たちと関われる、他にはない環境だと思いました。

Question 私も伺ったことがありますが、本当に広いですよね。それでは受験勉強の話を聞かせてください。K.Hさん、いつ頃からどのような勉強をしたか教えてください。

K.H 受験生にしたら遅いかもしれませんが、中学3年生の夏の終わり頃から赤本を使って受験勉強を始めました。日本人学校は、ほとんどの教科が先生1人で中学部の生徒約100人を指導しているので、考え方や解き方のコツなどが少し偏っていると感じていました。そのため、塾の先生に聞いたり、分からない問題はネットで調べて自分なりに色んな解法を学びました。

Question 自ら積極的に勉強されたのですね。ありがとうございます。では、このパートの最後に入試についてお伺いします。桐蔭学園の入試では、帰国生入試(筆記テスト型)と海外子女入試(書類選考型)の2つがありますが、どの入試を受けましたか?

K.H 私は書類選考入試を受けました。筆記テストの場合焦ってしまうタイプで、ケアレスミスを起こしやすいんです。中学の成績は1年生から頑張っていたので、評価もよかった方でした。ですので、今まで積み重ねた成績を評価してもらえる書類選考入試が自分には合っていると思いました。

A.T 同じく書類選考入試です。私も成績は悪くなかったことと、志望理由書など自分の思いを書いたりするのは得意だったので、自分を活かせる入試だと思い、選びました。

Question わかりました。ありがとうございます。入試が2つ用意されているので、自分に合った入試を受けられるのはとても魅力的ですね。

◆募集要項◆
2021年度の帰国生入試の試験日は2021年1月8日(金)、試験科目は英語・国語・数学です。海外子女入試(書類選考入試)の出願期間は2020年10月3日(土)~10月31日(土)です。詳細はこちらです。

桐蔭学園高等学校の学校生活について

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question それでは次に桐蔭学園での学校生活について、お話を伺います。まずはこの学校に決めた理由を改めて教えていただけますか?K.Hさんからお願いします。

K.H コースが3つに分けられていることが最大の理由です。中学の頃は周りのペースに飲まれて、何だか疲れてしまったことがありました。なので、高校では少人数制よりも大人数の中で自分の位置をしっかり把握しつつ、自分のペースで勉強できる環境がよいと思いました。コースは選択できるので、自分に合ったものが選べるのも魅力でした。また、学園の雄大さと生徒の人数が多いことも選んだ理由です。私が訪問した中では1番大きい学校でした。また、生徒の人数が多いということは、色んな視野や考えを持った子たちに出会えるチャンスがあるということで、今後の人生においてプラスになると思い、桐蔭学園への入学を決めました。

Question 自分に合ったペースで勉強できるのはよいですね。K.Hさんは何コースでそのコースはどんな特徴なのでしょうか?

K.H 私はアドバンスコースです。3つあるコースの中で真ん中の位置づけで1番人数が多いのが特徴です。国公立大学・早慶等私立大学への進学に対応するコースになっています。

Question 3つのコースがあるのですね。A.Tさんは何コースですか?

A.T 同じくアドバンスコースです。

Question 同じコースなのですね。それぞれ目標の志望大学を目指して頑張ってください。では、続いて学校のお気に入りポイントを教えてください。K.Hさんからどうぞ。

K.H とても自然が豊かでたくさんの虫が見られるところです。ドイツは少し寒いせいか虫を見かけることが少ないのですが、日本のような暖かい気候で緑豊かだと見たことのない虫にたくさん出会えます。授業中にセミが鳴いているのを聞くと趣深いなと思います。桐蔭学園の自然豊かな環境だからこそだと思います。

Question 寒い国ならではの意見ですね。ちなみにK.Hさんの好きな授業は何でしょうか?

K.H 生物の授業が一番好きです。担当の先生が、教科書や問題集以外のところからも資料を持ってきて授業をしてくださるのがとても面白いです。先生も楽しそうに教えてくださり、授業も教科書をただなぞるだけという古典的なスタイルではないので、受けている側も楽しく勉強できています。なおかつ「ここは大学入試に出たことあるよ。」と言ってくださるので、受験対策にもなります。

Question  生物が好きなのですね。先ほど虫の話が出てきたことに納得です。桐蔭学園ではアクティブラーニング(AL)型授業を取り入れ、「個」⇒「協働」⇒「個」で学びを深めるためにペアワーク・グループワーク・発表に力を入れていると聞きました。そのような授業の進め方ですか?

K.H はい、今はコロナ禍でグループワークなどはしにくい環境ですが、その中でも適度に距離を保ちながら隣の人と意見交換し合ったりして、学びを深めています。また、他にも「ふり返りシート」や「まなボード」という学習ツールがあります。例えば「まなボード」は、自分の意見を班で共有して、「まなボード」に班としての意見を書き黒板に貼る。それをクラスみんなで共有するという授業をやっていました。あとは、ペアワークとかも授業で多く取り入れられているので、アクティブラーニングに関して、積極的な学校だと思います。

Question ありがとうございます。様々な学習ツールを使用しているのですね。では、A.Tさんにお聞きします。入学前の印象と入学後の印象に違いはありましたか?

A.T 野球部など強い部活が多いので、礼儀に厳しく、多少堅苦しい印象を持っていましたが、実際はそうではないです。みんなフレンドリーです。ただし、ちゃんとルールを守る人が多いので、健全な学校生活を送れています(笑)。また、入学前は勉強ができる人が多そうに感じ、追いつくのは大変かなと不安に思うことがありましたが、入学後はその不安はなくなりました。人それぞれ得意不得意があると実感できたので勉強だけに縛られることはないです。

Question そうすると、勉強以外に何か力を入れていることがあるのですか?

A.T はい、部活にも力を入れています。水泳部に所属し、少しでも速く泳げるようになりたいと日々頑張っています。仲間のおかげでタイムを伸ばせているので、よい環境で部活動をできていると思います。

Question 勉強以外に成長できる場所があるのは素晴らしいです。では、入学後、よかったこと・嬉しかったことはなんですか?K.Hさんお願いいたします。

K.H 入学当初は帰国子女の寮生が私を含めて4人いて4人ともそれぞれ国が違ったことが嬉しかったです。色んな国の文化や伝統を聞けるのでとても面白かったですし、みんなお土産を持って寮にきていたので、「この国ではこれが有名なんだ。」と新しい発見がありました!また、自分の意見を聞いて受け入れてくれる子や感心してくれる子もいたのも嬉しかったです。

Question その女子会楽しそうですね!それぞれどこの国から来ていましたか?

K.H 中国、イラン、アメリカで私がドイツです。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 見事にバラバラですね。寮のお話をもっと聞かせていただけますか?

K.H 寮は女子寮と男子寮で分かれています。女子寮が1つ、男子寮が3つほどあり、敷地内にあるところもありますが、女子寮は学校とはちょっと離れた場所にあります。その女子寮には高校生だけでなく、中等生や大学生もいます。基本的に1人1部屋で、個室以外は全て共有です。個室なので、勉強は集中してできます。1人でのんびりと自分の時間も過ごせるので、1人部屋は気に入っています。

Question 寮では他学年との交流などはあるのでしょうか?

K.H 金曜日にみんなで掃除したり、休暇前にも大掃除がある時に他学年と関わることがあります。

Question 寮生活で大変なことはありますか?

K.H 寮生活を数か月経験して、家族のありがたみを実感しました(笑)。自分で洗濯をしないといけないですし、食費などのお金のやり繰りが自分の中では1番苦労しました。朝と夜は寮でご飯が出ますが、昼は出ないので自分でお弁当を作って持って行っています。浮いたお金で英会話を習ったり、いろいろな予定を組んだりしています。

Question すごい!自分でお弁当を作って節約して、習い事をされているのですね。

K.H はい、生徒は火を使えないので、レンジやオーブンでできるものにしたり、パックのご飯とか冷凍食品を温めてお弁当にしています。

Question 高校2年生で素晴らしいです。当時の自分に聞かせてあげたい…。おかげで寮生活のイメージがつきました。詳しく教えていただき、ありがとうございました。では、A.Tさんは入学後、よかったこと・嬉しかったことはなんですか?

A.T 日本人学校ではいつも同じメンバーで固まってしまい、グループが出来上がっていましたが、ここは生徒数が多いので、趣味が豊富な人や個性的な人など色んな人と出会うことができます。また、気が合う友人もたくさんできたので、自分らしくいることができるのがよかったと思います。桐蔭学園は今まで会ったことがないような人で溢れているので、毎日楽しいです。

Question ありがとうございます。1学年の人数が多いと色んな人に出会えて、刺激があってよいですね。学校にいる他の帰国生はどんな生徒たちでしょうか?K.Hさんからお願いいたします。

K.H 現地の友人たちと同様に自分の意見や考え方をしっかり持ち、はっきりと表に出す子が多いです。なので、そういった考えがあるんだと感心させられるので、帰国生の子と関わるのは結構楽しいです。私自身も海外での学校生活や留学で意見を主張しないと埋もれてしまうと実感してから、自分の意見をしっかり述べるように心がけているので、スタイルを変えなくても浮くことがなく嬉しいです。

Question ありがとうございます。それではA.Tさんはどうでしょう?

A.T K.Hさんと同様に自分の意見をしっかり持っている子が多いです。同じ英語のクラスに、英字新聞を読んで自分の意見をまとめている子もいるので感心させられます。

Question 切磋琢磨できる環境があるということですね。英語といえば、桐蔭学園には「グローバルラウンジ」があり、ネイティブの先生や友人たちとコミュニケーションが取れる空間があると伺っています。2人はどのように参加していますか?

K.H 参加したいと思っているのですが、授業の予習復習など別の予定があり、中々行けずにいます。生徒が運営委員となって、企画立案をしているみたいですね。私が興味を持ったイベントは「スウィーツ・チャレンジ(世界のお菓子を集める企画)」でした。私が住んでいたドイツはハリボーが有名だったので、行ったらあるのかな?と思いました(笑)。

Question ハリボー知っています!あのお菓子はドイツなのですね。帰国生も他の生徒も楽しみつつ世界を知れる企画ですね。

K.H はい、その企画は委員会と重なって行けなかったのですが、今でも行きたかったと後悔しています。また、交換留学生が来た時はグローバルラウンジがその子たちのHR教室になるので、交流ができたりしますよ。ある時、留学生が私の所属している部活へ体験入部に来た時に案内したことがあり、次の日にグローバルラウンジへ行ったらその子も覚えてくれていてお話することができました。

Question まさにグローバルラウンジですね。分かりました。勉強や部活で忙しいと思いますが、参加できる機会があるとよいですね。では、このパートの最後の質問です。A.Tさんに伺います。文化祭や体育祭など様々なイベントがあると思いますが、桐蔭学園ではこのイベントが楽しい!いつも楽しみにしている!というものはありますか?

A.T 私はスポーツ競技会が好きです。他の学校でいう運動会とスポーツ大会が混ざったようなイベントです。クラス対抗戦でサッカーやバレーボール、リレー、ドッジボール、綱引きなどで得点を競います。1日に詰め込んで行うのですが、クラス対抗なので燃えますね!普段は関わらない同じ学年の別のコースの人たちと交流できる場です。サッカーなどプロを目指している人もいるので、その人たちとプレーするのも貴重な経験ですし、クラスで一致団結するのも本当に楽しいです。1番楽しめる行事だと思います!

Question スポーツ競技会、楽しそうです!なんだか参加してみたくなりますね。ありがとうございます。

◆3つのコースについて◆
志望する進路に対応する3コース制で、すべての生徒たちが、それぞれの夢を見つけ、語り、実現することを全力で応援します。詳細はこちらです。

◆桐蔭学園のアクティブラーニング型授業とは◆
知識基盤社会に対応するためには、知識・技能のみならず思考力・判断力・表現力、そして主体性・多様性・協働性という学力の三要素と、自分を客観的に観察する力をバランス良く伸ばしていく必要があります。詳細はこちらです。

◆グローバルラウンジ◆
グローバルラウンジとは、英語を使ってネイティブの先生や友人たちとコミュニケーションを取ることができるスタイリッシュな空間です。生徒たちは気軽に立ち寄り、英語を通じて楽しい体験をすることが可能です。英語を使ってスキルを向上させることはもちろん、世界中の人々とつながり、理解を深めることができる場になります。詳細はこちらです。

将来について・今頑張っていること

Question それでは次は将来についてお話を聞きたいと思います。2人とも高校2年生ですが、将来はどんな職業に就きたいですか?また、どんな進学先を目指していますか?

K.H 大学に進学して薬学を学び、将来は薬剤師になりたいと思っています。

Question 先ほど本帰国の時期をお伺いした時に薬学部に進みたいとお話ししてくれましたね。素敵な夢です。A.Tさんはどうですか?

A.T まだ具体的に決めていないですが、航空関係や旅行関係に興味があります。地理が好きで世界各国の国名や首都名、場所を覚えるのが得意なのと今まで培ってきた英語力を活かした職に就きたいと思っています。それが航空関係や旅行関係だと活かせるのかなと思っています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 好きこそ物の上手なれ、ですね。得意なこと、好きなことを活かせるのは素晴らしいです。そのために今頑張っていることはありますか?

K.H 薬学部進学のために化学や生物は欠かさず予習復習をしています。あと、大学受験に向けて、数学などを含めた理系科目も頑張っています。また、英語も大切だと思っているので、英会話スクールにも通って勉強しています。英会話力があれば、日本に来て困っている外国人を手助けできますし、外国人と難なくコミュニケーションが取れるようになりたいと思っています。

A.T 英語力の維持伸長を心掛けています。文法などは先生に質問して自分の身になるようにしています。また、地理も今以上の力をつけるように空き時間に地図帳を使ったりして勉強をしています。

Question 夢に向かって努力しているのですね。頑張ってください。桐蔭学園ではキャリア教育の一環でHRの中で「1分間スピーチ」があると聞きましたが、どういったものですか?

K.H テーマが決められていて、1日1人、1分間のスピーチを行います。夏休み明けなので、今のテーマは「夏休み中、何をして過ごしたか」です。今年は新型コロナの影響で夏休みは全然遊びに行けなかったので、どう過ごしたかみたいなのをいろんな子が話しています。まだ私の順番まで来ていないので、今年はスピーチを行っていないですが、高校1年生の時、「自己紹介」がテーマの回に「ドイツの日本人学校から来ました。」と伝えたら、クラスのみんなが盛り上がってくれて楽しかった思い出があります。

A.T 1分間スピーチはほぼ毎日やっています。同じクラスでもあまり話をしない人の日常生活や趣味を聞ける機会があることは、人を知る上でよいなと思います。あとは、人前に立って話すことはプレゼンテーションなどのトレーニングにもなって勉強になります。

Question ありがとうございます。まさに「傾聴」と「承認」ですね。これからも様々なことをインプットして今後の将来に活かしてください。

◆桐蔭のキャリア教育◆
普段のホームルームから自分の考えや夢を言葉にして相手に伝えることを指導し「成長し続ける自分との出会い」を提供します。日ごろから誰かに自分の考えを伝えるとともに友人の考えや夢を聞く中で、今の自分がつかめてくると同時に、将来目指すところが明らかになってきます。詳細はこちらです。

コロナ禍でのオンライン授業の様子・海外に住んでいる後輩たちへ

Question 2人は2020年4月から高校2年生になりましたが、新型コロナウィルス感染拡大による自宅学習期間中や分散登校などのお話をお聞かせください。自宅学習期間中は、通常授業の代わりとなるオンライン授業や課題提出が行われたと思います。印象的な授業や課題はありましたか?

K.H はい、自宅学習期間中はロイロノートを使ってオンライン授業が行われていました。印象的な授業は家庭科です。感染防止対策に必要なマスクを自分で製作し、身に着けた写真を提出するという課題でした。マスクの製作は複雑だと思っていたのですが、ゴム2本と一定の大きさの布の3つだけで、糸も針も使わずにマスクが出来上がったのです。こんな簡単にできるんだと、驚きました!これからマスクが不足した時や地震などの緊急時にも使えるからとてもよいなって思いました。

Question コロナ禍らしい課題ですね。初めてオンライン授業を経験したと思いますが、感想などをお伺いできますか?

K.H 時間割通りとはいえ、初めは30分1コマでは少し短いなと思うこともありましたが、短い時間だからこそ集中して向き合うことができました。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question A.Tさんはどうですか?

A.T 対面授業だと先生や友人にすぐ質問ができ、その場で解決して理解を深めることができたのですが、オンライン授業だとそこがスムーズにいかないと感じました。もちろん先生に質問は送れるのですが、対面とは違う難しさがあります。

Question 疑問点をすぐに解決できるのは対面のメリットかもしれませんね。2人とも慣れないオンライン授業で大変なところがあったと思います。6月頃から分散登校が始まった学校も出てきましたが、桐蔭学園ではどうでしたか?

K.H 6月に1日だけ登校日がありましたが、それ以外はすべてオンライン授業でした。7月初旬の1週間は短縮授業で、それ以降は通常通りの登校になりました。学校は勉強だけでなく友人や先生と対面で話すことで学ぶこともあり、そのようなコミュニケーションはとても重要だと思うので、今後は休校などになって欲しくないと思っています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question そうですね。コロナの収束を祈るばかりです。それでは最後に海外に住んでいる後輩たちにアドバイスをお願いしたいと思います。K.Hさん、お願いいたします。

K.H 現地の言語をしっかり勉強しておくことです。私の場合、ドイツ語をしっかり勉強すべきだったと思います。現地では英語で生活できてしまったので、あまり勉強しなかったのですが、帰国後はドイツ語に触れる機会がなくなりました。少しでも現地の言語を学習しておくと日本に帰った時に「自分は○○からの帰国生です!」と胸を張れると思います。私はドイツ語で自己紹介しかできないので、もう少しちゃんとやっておけばよかったと思っています。また、帰国後日本に馴染めるか不安になることもあると思いますが、全く心配ないです。日本は自分の意見をしっかり主張する子が少ないので、最初はみんなに驚かれたりするかもしれませんが、日本の子に対して影響力のある存在になれると思いますよ。自信をもって本帰国してください!

Question 振り返ると「あの時こうしておけば・・・」と思うことは多々ありますね。でも高校2年生という若さで体感したことは素晴らしいと思います。ありがとうございます。続いて、A.Tさんどうぞ。

A.T 帰国前は海外で過ごした生徒と日本にずっと住んでいる生徒は別次元の人間で、勉強や対人関係で戸惑うことがあるのかなと思いましたし、自分は積極的にコミュニケーションを取れる方ではないので、帰国後の生活を不安に思うことがありました。ですが、帰国して実感したのは日本でも分け隔てなく色んな人と分かり合えることができたことです。日本にも自分と同じようにコミュニケーションが得意でない人もいます。帰国を怖がらなくて大丈夫です。自信を持って受験勉強を頑張って、安心して帰国してほしいです。

Question 不安なこともあるかと思いますが、安心して帰国してきてねということですね。2人とも貴重なアドバイスありがとうございました。また本日は、長時間にわたってお時間をいただき感謝します。2人の今後の活躍に期待しています!

◆教育ビジョン◆
桐蔭学園高等学校には建学の精神、校訓、そして創立50周年2014年に策定した教育ビジョンがあります。詳細はこちらです。

◆よくある質問◆
食堂を利用する生徒はどのくらいですか?
約70%の生徒はお弁当を持参していますが、曜日によって友人と一緒に食堂を利用する日を決めている生徒もいるようです。ランチボックスの販売もあります。
上記の他、様々な質問への回答をまとめています。こちらからご覧ください。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート
今回のオンライン取材の様子です。