ホーム > Close Up! 学校訪問レポート > 桐蔭学園高等学校

桐蔭学園高等学校(2018年度より男女共学化)

神奈川県横浜市高校受験編入海外入試

「先進」と「伝統」の教育で、グローバル社会を生き抜く、“たくましさ”と“しなやかさ”を育む

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

海外経験と帰国後の学校選びについて

Question まず、アメリカで生活していたD.Mくんから、現地での様子を聞かせてください。

D.M 11才から14才までカリフォルニア郊外に住んでいました。移動手段が車しかなく、どこにも行けなかったので、早く日本に帰りたいと思っていましたが、英語力は日本では身につけられなかったと思うので僕にとってはいい経験だったと思います。通っていた現地校には日本人がひとりもいなかったので心細かったですが、色々なひとたちが話しかけてくれて友達も増えていきました。休み時間にアメフトのボールでキャッチボールをしたことが思い出に残っています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 海外滞在中、勉強面で困ったことはありましたか。

D.M 英語に慣れていなかったころ、勉強についていけなかったので困りました。1年ぐらいたったころ、友達が何を話しているかは何となく理解できるようになったのですが、まだ思うように話すことができませんでした。そこで、とにかく英語に慣れようと思い、友達とたくさん英語で話すようにしました。また、授業にも積極的に参加して発言を多くするように心掛けました。

Question 受験を意識し始めたのはいつごろですか?

D.M アメリカから帰国したのが受験の半年前だったので、そのころから意識し始めました。受験校は、得意科目の英語と数学に力を入れている学校を中心に選びました。小学生のときに数検2級に合格していたので、英語と共に数学の授業も学校選びのポイントでした。

Question 学校訪問はしましたか?

D.M はい、3校訪問しました。校風や部活など、事前に調べられることはできるだけ調べてから訪問しました。

桐蔭学園高等学校の説明会日程などは、こちらでご覧いただけます。

Question 面接や作文の対策はしましたか?

D.M 面接の対策をしました。先生に面接の相手をしてもらいながら何度も練習をしました。先生の質問にすぐに答えることができずに考え込んでしまうことがよくありましたが、練習を重ねることでスムーズに答えることができるようになりました。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question お待たせしました。K.Aさんは中国の蘇州でしたね。

K.A はい。蘇州での生活が始まったのが3才のときでしたので、気が付いたら蘇州、気が付いたらインター、気が付いたら英語を話していたという感じです。蘇州は、近代的な文化と伝統的な風情が共存していて、人もやさしかったのでとても居心地が良かったです。インターのクラスも人数が30人ぐらいで、みんな家族というアットホームな雰囲気でした。

Question 海外滞在中、勉強面で困ったことはありましたか?

K.A 数学や国語にあまり触れていなかったことです。帰国してからそれを実感しました。おしゃべりは好きですが、言いたいことが日本語で出てこないときは困りました。とにかくともだちとたくさん話をして、日本語に慣れるようにしました。

Question 受験を意識し始めたのはいつ頃ですか?

K.A 小学5年生のときに、帰国入試で中学を受験しようかとも思いましたが、志望校のレベルまでの勉強が間に合わなかったため、公立中学校に進学しました。

Question 受験する学校を決める上で何がポイントでしたか?

K.A 英語の授業が充実していることです。帰国してから受験まで数年経っていたので、帰国生入試を受験できる資格があるかどうかも学校を選ぶときに注意しました。中学3年生の10月ごろには受験校を決めていました。

Question 学校訪問はしましたか?

K.A 4校ぐらいでした。桐蔭学園以外は全て一般入試でした。訪問の前には、特に英語以外の授業の進め方や内容を調べました。

Question 面接や作文の対策はしましたか?

K.A 桐蔭の英作文は120語で書くという問題だったので、英文法を基礎から勉強しながら決められた語数でまとめる練習を続けました。それまでは、文法を意識しながら書くというより感覚で書いてしまっていたので苦労しましたが、受験までには自分の書いた英文がより自然なものになったように思いました。

学校紹介

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 次に学校生活について教えてください。お二人にお聞きします。ズバリ、この学校に決めた理由はなんですか?

D.M 設備が整っていることです。それにキャンパスや建物の造りが独特だったので、学校訪問のときにすぐに気に入ってしまいました。

K.A やはり英語力を伸ばしてくれると思ったからです。

Question 学校のお気に入りの場所はどこですか?

D.M 図書館です。落ち着いた雰囲気が好きで、勉強が捗ります。本をたくさん読むわけではないのですが・・・。(笑)

K.A シンフォニーホールです。私は吹奏楽部でアルトサックスを担当していますが、私が大好きで尊敬しているプロの方が来てくださって、しかも一緒に演奏できたことは忘れられない思い出です。

シンフォニーホールについて
詳しくはこちらでご覧いただけます。

Question 入学前の印象と入学後の印象に違いはありましたか?

D.M 正直に言うと、入学前は「ガリ勉」とか「少し恐い」という印象がありました、部活もとても盛んで、みんな伸び伸びしていたことに驚いてしましました。

K.A 入学前は、「勉強一本」というような少し堅いイメージがありましたが、入学してみるとみんなとても明るくて楽しい雰囲気だったので安心しました。生徒たちはみんなパワフルですよ。(笑)

Question 入学前に不安はありましたか?

D.M 友達ができるかが心配でしたが、入学後すぐにできたので安心しました。

K.A 授業についていけるかでしたが、先生方のサポートのおかげで今は心配していません。

Question 入学後、学習面で困ったことはありましたか。

D.M 日本で勉強をしていた時間が短いので、授業についていくのが大変です。自宅学習の時間を増やしているのですが、少しずつ手応えを感じています。これからもがんばろうと思っています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

K.A 吹奏楽部の副部長なので、部としての方向性をまとめることがときどき難しいと思うときがあります。自分の意見をある程度抑えながら皆の意見を聞き、一歩下がったところで部長のサポート役に徹するように心掛けています。

Question 入学後、よかったこと、うれしかったことは何ですか?

D.M 友達がすぐにできたことです。

K.A 食堂のメニューが豊富なことです。アイスクレープがある食堂は桐蔭だけじゃないですか?食堂のカレーはとてもおいしいですよ。

Question 制服は気に入っていますか?

D.M 生地もスタイルもいいので好きです。

K.A はい、好きです。先輩の代の旧制服も素敵でした。

制服は、こちらでご覧いただけます。
高等学校 男子 女子

Question 学校行事で思い出に残っているもの、また今から楽しみにしている行事は何ですか?

D.M 5月に行われたスポーツ競技会です。サッカー、ハンドボール、バレーボールなどの球技を生徒それぞれが選んで全員参加で行われるベントです。僕はバスケットボールに参加しました。

K.A 私は文化祭です。クラスメイトのことを知るいい機会になりました。文化祭を通じて更にクラスがひとつになったと思います。

Question 学校にいる他の帰国生のことを聞かせてください。

D.M 明るい性格の人が多いです。

K.A 元気ハツラツなひとばかりです。

Question 先生たちの話も聞かせてください。

D.M どの教科もわかりやすく教えていただいています。僕はそれほど宿題が多いと感じませんが、進み方は速めです。先生は面白い方が多く、ネイティブの先生もとても明るくて話しやすいですし、先生からもどんどん話しかけてくださいます。

K.A 個性豊かでとてもおもしろいです。ネイティブの先生もとても情熱的な先生で、あっという間に授業に引き込まれてしまいます。

桐蔭学園のグローバル教育については、こちらでご覧いただけます。

Question アクティブラーニングについて聞かせてください。

D.M クラスメイトとアイデアを共有できるところがいいと思います。海外でも同じように勉強していたので、特に違和感はありませんでした。

K.A 質問しやすい雰囲気があるのも特徴だと思います。この時間は勉強してるなぁという気持ちになります。

将来の夢と後輩へのメッセージ

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 将来のことはどのようにイメージしていますか?大学で勉強したいこととか、職業のこととか。

D.M 早稲田大学です。尊敬する祖父の出身大学でもあり、憧れています。祖父を越えたいと思っているので、早稲田大学以上の大学を目指したいです。

Question そのために今、がんばっていることはなんですか?

D.M 授業についていけるようにがんばっています。今は数系β1というクラスに在籍していますが、αクラスに上がれるように次回のテストでは良い点数を取りたいです。

Question K.Aさんはどうですか?

K.A 上智大学の外国語学部を考えています。英語教育が充実していると思うからです。また、将来は客室乗務員になりたいと思っています。国際線に乗る機会も多かったですし、いろいろな人と話せることがいいなと思います。大変なお仕事であることもわかっていますが、とても憧れている職業です。

大学合格実績は、こちらでご覧いただけます。
高等学校 男子 女子

Question 最後に、帰国生の後輩たちにアドバイスをお願いします。

D.M 海外で生活したことで英語が話せるようになったこと、また積極的になり明るくなれたと思います。日本の勉強が遅れてしまうというマイナス面もありますが、僕は海外で生活できたことはとてもプラスになったと思っています。漢字の練習や社会の勉強を少しずつでもやっておくと帰国してからも少し楽になると思いますよ。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

K.A いま海外現地で得られるものは、これから先自分たちにとって大きな宝となります。今を楽しんでたくさんのことを吸収してください。先のことを考えると不安になるときもあるかもしれませんが、ゆっくりとステップを踏んで前進してください。"Step by Step!"

Question 本日はありがとうございました。皆さんも元気でがんばってくださいね。