ホーム > Close Up! 学校訪問レポート > かえつ有明中・高等学校

かえつ有明中・高等学校

東京都江東区中学受験高校受験編入

4.5人に1人が帰国生の学校です。帰国生が自分らしくいられる環境です。

カルチャーショック・逆カルチャーショック

Question 本日はバラエティに富んだメンバーに集まっていただきましたね。Y.Hさんは小6まで8年間カナダ、H.Nさんは小学校低学年のときにアメリカへ、R.Yさんは国内インターナショナルスクールからかえつ有明へ進学したと。まずはそれぞれ経験したカルチャーショック、逆カルチャーショックについて聞いていきましょうか。それではY.Hさんからいきましょう。Y.Hさんは、カナダの現地校に長く通っていて、中学1年より日本の学校、かえつ有明に進学したということは、日本に戻ってからが大変だったのではと思いますが、いかがですか?

かえつ有明中・高等学校

Y.H はい。とても大変でした。日本の生活に慣れるまでにかなり時間がかかりました。

Question どんなことが大変でしたか?

Y.H 日本語です。カナダでは日本の勉強はほとんどやっていませんでしたし、家の中でも英語を使っていましたので、日本語力はかなり低い状態でかえつ有明に入学しました。

Question それは大変だ。話すことはできたのですか?

Y.H いえ、読み書きよりもできませんでした。

Question そうするとますます大変だったね。授業でやっていることが理解できない状態。ただ今はこうして普通に話ができるので、かなり努力したということですね。日本語の克服方法についてはのちほど改めてしっかり聞きますね。それではH.Nさんにも聞いていきましょう。H.Nさんは小学校低学年のときにアメリカにいたのですね。

かえつ有明中・高等学校

H.N はい。小学校1年生から2年生までアメリカにいました。

Question そうすると、今中学2年生だからかなり前のことになりますね。今でも覚えている印象的な出来事はありますか?

H.N アメリカでは、「いただきます。」の習慣がなかったので、日本に戻ってから給食の時間に先に1人で食べ始めたら怒られたことを覚えています笑。

Question やってしまいそうなことですね笑。公立の小学校に編入したのですか?

H.N はい、そうです。

かえつ有明中・高等学校

Question 帰国生の対応に慣れている先生でないと、すぐに注意するでしょうね。それではR.Yさんにも聞きましょう。R.Yさんは国内のインターナショナルスクールに通っていたのですよね。この学校に入る前から英語には触れていたのですか?

R.Y はい。小さいときから英語の学校に通っていたので、そのときから、ある程度、英語は話せました。

Question では英語に関しては特に問題なかったと。大変だったことはありますか?

R.Y 算数ですね。自分の学年よりも二つ上の学年の内容を勉強していくんです。小学6年のときは中学2年生の内容という感じで。とても進度が速かったので、ついていくのが大変でした。

Question 小学校からその速さは脅威ですね。どうやって克服したのですか?

R.Y 学校で補習はなかったので、家庭教師など学校外で勉強して何とかついていきました。

かえつ有明に入学した理由

Question それではY.Hさんから順に、かえつ有明に入学した経緯などを聞いていきますね。どのように学校を選んだか、当時のことを思い出していただけますか?

かえつ有明中・高等学校

Y.H 当時、母と妹と私はカナダにいましたが、父は日本に戻っていましたので、かえつ有明の説明会に参加し、その内容をスカイプ等で教えてくれたんです。私に合っているなと思いました。

Question どの辺りが自分に合っていると思いましたか?

Y.H 英語教育やアクティブラーニング型授業が気に入ったのはもちろんなのですが、私の場合何よりも帰国生のみを対象にした放課後講習があったことですね。日本語が覚束なかったので、この補習は大変助かりました。

Question 放課後週5日、帰国生のみを対象にした国語・数学・社会・理科の補習ですよね。帰国生のみというのは中々他校にはないフォロー体制です。それではH.Nさん、H.Nさんはどのように学校を選びましたか?

H.N 当初は家の近くの公立中学校へ進学するつもりだったのですが、せっかく身につけた英語がもったいないのでは?と母に言われ受験を考えました。最初は国語、算数、英語の3科目受験で準備を始めたのですが、国語、算数の出来が悪くて笑、英語だけで受験できる学校を探しました。そこでかえつ有明が候補になりました。

Question なるほど。でもH.Nさんは日本に帰ってから結構年数が経っていると思うのだけれども、どのように英語力を維持伸長したのですか?

H.N 母にこのままだと英語力は絶対に落ちるよって言われ、外国人の先生が個人的にやっている塾などに通って勉強しました。

Question 日本にいても頑張れば何とかなるんですね。それではR.Yさんからも教えてもらいましょう。どのように学校を選んだか。

かえつ有明中・高等学校

R.Y 自分自身は受験しようと思っていなかったんです。ただ、小学5年生のときに急に親が受験したら?と言ってきまして笑。親が学校選びを進めてくれて、候補の一つにかえつ有明がありました。学校の説明会や体験授業を4校経験したのですが、かえつ有明が一番良いと思い受験しました。

Question どこが他の学校よりも良かったのですか?

R.Y 先生方がとても親切だったんです。名前は控えますが、ある学校の英語の体験授業は全然先生にやる気を感じなくて。パワーポイントで説明が少しあって、あとは配られたプリントをやるだけという内容でした。毎日こんな授業だったら嫌だなと思いました。また、Y.Hさん同様、帰国生のための補習も魅力的に感じました。

Question よくわかりました。R.Yさんは中学1年生なのにしっかりしているね。Y.Hさん、帰国生のための補習だけど、どんなことをしたか教えてくれますか?

Y.H 元帰国生のチューターが来てくれて、日々の授業や定期テスト対策などの面倒を見てくれました。

Question 個別指導ですか?

Y.H 最初は違います。まず、オナーズクラスは全員強制的に補習に参加します。そして、目標に到達したら出なくてもよくなるんです。その流れが中学2年、中学3年まで続いて、中学3年生になるとほぼ自習になり、わからない問題をチューターに教えてもらいました。

Question 週5日参加したのですか?

Y.H 週に何日参加するかは希望によって決まります。

Question なるほど。そのようなシステムなのですね。国語力、日本語力アップに役立ちましたか?

Y.H はい。本当に助かりました!

Question 実感がこもっていますね。それでは皆さんに、かえつ有明の入試の感触を教えてもらいましょう。Y.Hさん、出来はいかがでしたか?

Y.H 英語と日本語作文と面接でしたが、日本語作文は全然書けませんでした笑。英語エッセイとインタビューについては、父と結構練習したのでそれが役に立ったと思います。

Question H.Nさんはいかがでしたか?

かえつ有明中・高等学校

H.N 英語エッセイが最もできませんでした。読むことは好きなので英語の本はたくさん読んでいましたし、弟と英語で話したりもしていたのですが、書くことは日常的にやっていなかったのでかなり苦戦しました。

Question 書くことが最もハードルが高いよね。英語面接はどのような内容でしたか?

H.N 数人のグループに分かれて、与えられたテーマについて話す方式でした。面接官の先生からの質問はなく、私たちが何を話しているか見ていました。

Question なるほど、そのようなテストですね。ありがとうございます。R.Yさんはついこの前のことですね。入試の感触はいかがでしたか?

R.Y 完璧でした笑。過去問をかなり解いたのですが、たまたま本番も過去問に似ていたのですらすら書けました。

Question 素晴らしい。過去問は学校のHPにアップされていますよね。そうすると、かえつ有明の受験を考えている人にアドバイスをするなら、過去問を使って、しっかり準備すると良いということになりますか?

R.Y はい。プラス、英語については英検準1級、2級の単語をチェックしておくと良いと思います。

帰国生対象放課後講座
編入学した帰国生は、放課後に補習を行います。科目は国語、数学、社会、理科の4科目。 1週間に5回の授業を放課後に2時間程度実施しています。

帰国生Advanced選考、帰国生Honors選考
昨年度版の入試概要をアップしております。試験科目は、英語作文、英語筆記、日本語作文、英語面接(受験生のみ)、日本語面接(保護者同伴)です。

かえつ有明の授業、学校生活

Question 順番を変えてR.Yさんから聞いていきますね。R.Yさんはかえつ有明に入学してまだ日が浅いですが、実際に入学してみてどうでしたか?

かえつ有明中・高等学校

R.Y 入学前の体験授業と印象は変わりませんでした。先生方はとても親切です。休み時間中や放課後に先生に連絡を入れておくと、授業でわからなかったところを教えてくれるんです。

Question 親身なフォローですね。英語の授業はどうですか?まだ始まったばかりなので、これからだと思うけど。

R.Y そうですね。まだ始まったばかりですが、今はポエトリー等を勉強しています。

Question これからですね。授業以外に話を移しましょうか。何か楽しみにしていることはありますか?

R.Y まずは体育祭が一番楽しみです。リレー、障害物競走、玉入れなど、インターナショナルスクールでは全くやったことがなかったので、とても楽しみです。

Question 初体験ですか。それは楽しみですね。頑張ってください。それではH.Nさんに聞いていきましょう。H.Nさんは入学して1年経ちましたね。もうすっかり慣れましたか?

H.N はい。初めのうちは校舎の中で迷子になってしまい、授業に遅れたことがありました笑。

Question 授業はどうですか?

かえつ有明中・高等学校

H.N 小学校のときより、堅苦しくなく自由な雰囲気です。歴史の授業が特に好きです。過去と現在を重ね合わせ、今どうしてこうなっているのだろうと考えるのが好きなので。

Question 哲学的ですね。英語の授業はどうですか?H.Nさんは、中学1年生のときはアドバンストクラスで、今年からオナーズクラスに変わったのですよね?

H.N はい。アドバンストのときは、上のレベルを目指すために先生たちもじっくり教えてくれていたのですが、オナーズクラスには英検1級の子もいたりするので、先生たちは任せている感じです笑。

Question アドバンストクラスからオナーズクラスへの変更にあたっては、どういう条件があるのですか?

H.N 希望と成績です。希望は私というより、父の考えが強いのですが笑。

Question そうですか笑。より高みを目指して頑張ってください。授業以外の話も教えてください。これまでで楽しかった行事はありますか?

H.N キャリアの日があって、様々な職業の方が学校に来てくれて、それぞれの仕事について話をしてくださったのが印象深いです。

Question どんな職業の方が来てくれたのですか?

H.N 科学者、医者、船乗りさんも来てくれましたね。それからAI関係の仕事の方もいらっしゃいました。

Question 良い機会ですね。夢を育んでください。それではお待たせしました、Y.Hさん。かえつ有明の場合、Language ArtsやTOKなど、他校には中々ない授業があるけれど、そのあたりで印象深い授業を教えてくれますか?

Y.H TOKでは哲学の話が多いのですが、グループに分かれてディスカッションするのが楽しいです。

Question 例えばどんなテーマなのですか?

Y.H 宗教とは何か、宗教はなぜ必要なのか。そういった根本的なところからですね。

Question 見てみたいですね。話は変わりますが、部活動はやっていますか?

かえつ有明中・高等学校

Y.H はい。高校1年から陸上部に入りました。

Question 高校1年からですか。中学1年生からでなく、途中からでも入れるのですね。

Y.H はい。いつでも入りたいときに入れます。自由です。

Question 良いですね。いつでもウェルカムというのは。

Y.H 勉強は厳しいですけど笑。数学は2学年先のことをやっていくので、かなり大変です。

Question 学年が上がるにつれ、勉強は大変になってくるよね。焦らず頑張ってください。 楽しかった行事、後輩たちにおすすめの行事はありますか?

Y.H 文化祭ですね。文化祭は、クラス全員で行う行事なので楽しいです。また、中学3年の修学旅行で、京都、奈良に行ったのもとても楽しかったです。

Question 京都、奈良は初めて行ったのですか?

Y.H はい。新鮮でした。

Question 出会えて良かったという先生はいらっしゃいますか?

Y.H いっぱいいるのですが、体育の河合先生ですかね。

Question 理由も教えてください。

Y.H 中学2年と3年の担任の先生だったのですが、勉強のやり方をアドバイスしてくださりとても有難かったです。たぶん、あの時がきっかけとなり成績が伸びたと思います。

Question どんなアドバイスをもらったのですか?

Y.H まだまだ日本語ができなかった時期でして、何をどのように勉強したらよいのかもわかりませんでした。そんな時、河合先生が親身に相談に乗ってくれました。先生の経験談も教えてくださり、少しずつ明かりが見えてきた感じです。

世界標準の英語教育
本校では、独自の帰国生英語プログラムによる他校にはない強力なサポート体制を敷き、多様な経験を重ねてきた帰国生を積極的に受け入れています。

部活動、行事
部活動はこちらから、行事についてはこちらからご確認ください。

将来のこと、海外・帰国生の皆さんへアドバイス

かえつ有明中・高等学校

Question Y.Hさんは目標の大学は決まっているのかな?

Y.H はい。ICUを考えています。リベラルアーツが魅力なので。TOEFL、SATなどの勉強を進めています。

Question 大変そうだね。日本語同様、一つ一つ壁を乗り越えてください。応援しています。H.Nさんはどうですか?先のことを考えていますか?

H.N まだまだぼんやり程度です笑。今は好きなことに夢中でして。

かえつ有明中・高等学校

Question 何にはまっているのですか?

H.N 小学校のときから変わらずなのですが、本が好きなんです。時間があれば本を読んでいる感じです。ファンタジーが大好きです。

Question いいじゃないですか。夢中になれるものがあるのは良いことです。これからも読み続けて、H.Nさんならではの世界を築いてください。R.Yさんはこれからの目標はありますか?

R.Y 期末テストで全教科80点以上取ることです。

Question 現実的ですね笑。それはそれで素晴らしい。まずは目の前の目標に向かって頑張ってください。それでは最後に海外・帰国生たちに皆さんからアドバイスをもらいましょう。

かえつ有明中・高等学校

H.N 日本にずっと住んでいる子は日本のことしか分からない。アメリカにずっと住んでいる子はアメリカのことしか分からない。でも皆は、自分の故郷を離れそれ以上に大きい世界を見ている。「あなた」という名のかわずは、井戸を出て大海を見た。ほとんどの人が「していない」ことを「している」。とても意味のあることだと思います。それを無駄にしないよう、頑張ってください。

Question 感動的です。ありがとうございます!Y.Hさん、R.Yさんの気持ちも代弁してくれたということでお開きにしたいと思います。

かえつ有明の帰国生等教育
海外で受けた教育を眠らせない。日本人としてのアイデンティティ・国際人・世界市民としてのアイデンティティを持つことがこれからの時代には必要でしょう。そのためにはグローバルな感覚を身につけるとともに、日本人としての感覚を身につけることをも必要でしょう。
だからかえつ有明では国際学級は作らずに、学校全体で帰国生が普通でいられる環境を作って来ました。帰国生が250人を超える学校だから、4.5人に一人が帰国生の学校だから、特別な帰国生が普通でいられます。