文京学院大学女子中学校 高等学校 帰国生入試 モバイル用写真 文京学院大学女子中学校 高等学校 帰国生入試 PC用写真

自立と共生

文京学院は、さまざまな経験を積んだ帰国生に日本文化の体験的理解のサポートをします。

文京学院の帰国生入試は、元学校長の苦い経験から設けられました。それは校長がある企業の海外赴任をしていた30年前のことです。アメリカから急遽帰国が決定し、娘の受け入れ可能な学校探しにたいへん苦労しました。当時は帰国生の受け入れをスムーズに行う学校が少ない時代でした。そこで海外赴任の保護者の立場に立ち、スムーズに受け入れを決定し、保護者を安心させた上で、その帰国生一人ひとりの特性に合わせた教育を考えて、マッチングさせる帰国生入試を新設したのです。

 

文京学院の帰国生教育の目標は2つです。

1.日本の文化を正しく理解し、世界各国からやって来る海外留学生との交流を通して、日本人としてのアイデンティティを醸成する。

帰国生も一般生徒と同様、運針、ペン習字、茶華道などの伝統教育を学びます。毎週、運針練習を行い、運針競技会出場を狙います。ペン習字のテキストには、ことわざや文学作品がたくさん含まれています。美しい文字を書けるようになると同時に正しい日本語を身につけることができます。そして茶華道は中学生は全員が学び、高校生の希望者は、放課後に茶華道講座を受講することができます。

2.海外生活で身につけた英語力を高める。

本校独自のゼミ形式の課外授業「国際塾」。授業の補習を行う場ではなく、グローバル社会において通用する英語運用能力を身に付ける場です。従来の授業の枠にとらわれず、年間を通して集中的に英語を学ぶ場が必要であると考え、School in Schoolとして設立されました。せっかく身についた英語力の維持にとどまらず、さらにブラッシュアップさせる国際塾の存在はとても大きいです。

「SGH教育センター」によるサポート

国際教育プログラムを管轄する「SGH教育センター」が、クラス担任と協力しながら帰国生の入学から 進路実現までをサポートします。

日本語サポート

海外生活で日本語に不安を抱える生徒をサポート。入学当初に行う国語力測定テストの結果、基準に満たない生徒に日本語(国語)補習を実施。日本語指導の専門家が補習を担当します。

学習のサポート

授業に積極的に参加できるようアドバイスや補習を行います。

英語力のブラッシュアップ

「国際塾」では、受講者をレベル別に分け、英語のみでの授業を実施。英語力をさらに高めていきます。

学校生活サポート

「グローバル教育センター」が補習の様子などを保護者の方に定期的に連絡します。また、生徒が日本の生活に不安を感じないよう、カウンセリングやアドバイスを行います。

帰国生の声

私は生まれてから12年間、ルクセンブルグに住んでいました。ルクセンブルグではインターナショナルスクールに通い、いろいろな国の文化と日本の文化との違いを学びました。帰国後、身につけた英語を維持したいと思い、英語を専門とする中学校のクラスに入りました。その後、「日本の勉強もしっかりと身に付け、かつ英語のスキルを上げたい」と思っていた私が入学したのが文京学院でした。文京学院には「国際塾」という放課後に行われる塾があります。私はこの「国際塾」に惹かれました。

今は国際教養クラスに所属し、日々の勉強はもちろん、運針やペン習字といった日本の伝統に触れる活動も行いながら、放課後にSuper Advanced(主に帰国子女、高校3年が入る)という「国際塾」のクラスに入っています。授業はほとんど英語で行い、ライティングやリスニングなども基礎から身につけることができます。ネイティブの先生もいらっしゃるので、発音などを丁寧に学ぶこともできてうれしいです。英語が学べる環境が整っているので、安心して、また自身をもって英語の勉強に励むことができます。

(ルクセンブルグ インターナショナルスクール出身)