JOBA教育ブログ

JOBA教育ブログ 写真
ホーム > JOBA教育ブログ > 帰国生中高入試 国語 記述問題を攻略する! (その3)

帰国生中高入試 国語 記述問題を攻略する! (その3)

2023年12月27日

【6】 同じ言葉や表現を多用しないこと。
⇒【5】と同様に、文中表現を理解=納得しないままに、ただ「抜き出し→アレンジ」と機械的に行うと、表現の重複を招き、マス目が埋まっても要素が一つとされて、減点の対象となります。

【7】 話し言葉で書かないこと。
⇒「~で、~から。」、「~だし、~から。」などは、「~ので、~から。」、「~であり、~から。」に改めましょう。

【8】 「ら抜きことば」で書かないこと。
⇒採点するのは「大人」です。
いまだ容認されていない「ら抜き言葉」は減点対象です。
※「見れる」・「起きれる」・「寝れる」・「食べれる」・「来れる」などがそれにあたります。

【9】 主語と述語が一致しているかどうかに神経を使うこと。
⇒最終確認として、必ず行いましょう。
特に、40字を超える「複文」は、主語と述語のかみ合わない「ねじれた文」になりやすいので、注意しましょう。

【10】 記述は「だれが読んでも内容が『すーっと』頭に入ってくるわかりやすい文」に仕上げること。
⇒できあがった一文を何度も読み返し、よりスマートな表現(文章)になるよう、制限時間いっぱいまで推敲を重ね、納得の一文を書きましょう。

いかがでしょうか。
さっそく今日から、記述問題の解答パターン(型)、すなわち「文末表現・結論部分⇒根拠・理由」の順で考えることを意識しましょう。
本文中から抜き出せる箇所=要素に線を引いて、それを一文にまとめる、という一連の手順を「マイルール」になるまで繰り返しましょう。
次回のセンター試験で実践し、効果を確認してみてください。

~完~

 

帰国生入試に関するご質問は、以下無料教育相談より承ります。
どんな些細なことでも構いません。是非ご利用ください。
海外・帰国子女のための教育相談

現在受付中のJOBA教育プログラム

JOBA On Line (JOL)会員募集中!
メルマガの配信、無料教育相談、各種サービスの会員特典がご利用いただけます。
JOL会員登録(無料)はこちらから

会員募集 画像
集団指導コース 無料体験授業 画像
お問い合わせは
国内から 03-5754-2240
海外から +81-3-5754-2240
受付時間 平日10:00~17:00/日本時間
〒145-0064 東京都大田区上池台3-39-9
海外帰国子女教育専門機関 JOBA