JOBA教育ブログ

JOBA教育ブログ 写真
ホーム > JOBA教育ブログ > 帰国生中高入試 国語 選択問題を攻略する!(その4)

帰国生中高入試 国語 選択問題を攻略する!(その4)

2023年11月22日

◎選択問題の「ひっかけパターン」を知ろう!
選択問題における典型的なひっかけパターンを、5つほど挙げてみましょう。

【3】 内容が言い過ぎなものになっている。
「すべて」「必ず」「いつも」「絶対に」「まったく」など、明らかに極端な内容のものは、本当にそうなのかを本文中に立ち戻って「検証」しましょう。

たとえば、「裕福とは言えない家庭の子である少年Aは、修学旅行で欲しかったお土産があったけれども、お金が足りずに買えなかった」とします。
その場合、「少年Aはお金をまったく持っていなかったので、修学旅行のお土産を買えなかった」という選択肢は、「言い過ぎの選択肢でバツ」になるわけです。
ここでも、丁寧な「検証」が必要です。

~その5につづく~

 

帰国生入試に関するご質問は、以下無料教育相談より承ります。
どんな些細なことでも構いません。是非ご利用ください。
海外・帰国子女のための教育相談

現在受付中のJOBA教育プログラム

JOBA On Line (JOL)会員募集中!
メルマガの配信、無料教育相談、各種サービスの会員特典がご利用いただけます。
JOL会員登録(無料)はこちらから

会員募集 画像
集団指導コース 無料体験授業 画像
お問い合わせは
国内から 03-5754-2240
海外から +81-3-5754-2240
受付時間 平日10:00~17:00/日本時間
〒145-0064 東京都大田区上池台3-39-9
海外帰国子女教育専門機関 JOBA