英語エッセイ添削

JOBAグローバル校の特典ボタン

Process Learningコース(Non-Fiction対策)とImprovementコースの違いとは?

入試に向けた英語エッセイでは、文法的に正しいだけでなく自然な英語が用いられ、同じような単語や表現が繰り返し使われていないこと、そして書き言葉として正しい文章が書かれており、自分の考えや物事に対する印象や意見を読み手に明確かつ、論理的に伝える構成や内容になっているかどうかが重要です。

 

エッセイを書く機会があるにしても、その多くは授業内容に関するレポートであるために、内容や記載されている事実の正誤確認や誤字、表現を修正する程度でとどまっている場合がございます。構成や論理思考にまで踏み込んだ指導を受けることができなければ、上記の力は身につけるのは難しいでしょう(「良いエッセイとは」から引用)。

 

そのため、2つ設けているコースのうち、Process Learningコース(Non-Fiction対策)では、「効果的なエッセイに仕上げるためには」ということに着目して、エッセイを書く流れを重視し、添削を行っていきます。ワークシートを使用し、エッセイ本文を書くまでの流れを身につけることで、軸のしっかりしたエッセイをスピーディに書き上げることができるようになります。

 

エッセイ本文同様、ワークシートの添削も行いますので、【考える】部分はもちろん、エッセイの構成や内容全体をじっくりとサポートすることができるコースとなっています。

 

もう一つのImprovementコースは、Process Learningコース(Non-Fiction対策)とは異なり、あくまでも自分で考えてエッセイを組み立てていくことになります。「考える」部分であるワークシートのサポートはございません。このコースは、その部分は既にできる力があるという前提に立っているためです。そのため、添削の中心は、内容をどこまで深く捉えることができるか、になります。また、語彙や表現力も学年相当のレベルを求めます。

 

そのため、受験までに時間的に余裕がある方はもちろんのこと、エッセイは何度か書いたことがある方であっても、Process Learningコース(Non-Fiction対策)から受講することをお勧めいたします。

 

本当に適したコースであるか不安な方は、お子様が以前書いたエッセイ(何でも構いません)を事務局までお送りいただければ、アドバイス(添削はいたしません)とともに、適切なコースをお知らせいたします。

ご連絡先

連絡先メールアドレス:tensaku@jolnet.com  件名:「エッセイ添削コース問合せ」
メール本文に、エッセイ添削コースについてのアドバイスが欲しい旨をお書きください。
エッセイはメールに添付(PDFの形でも、スキャンした形でも構いません)してください。FAXでも受け付けておりますが、FAXで送る前に事務局までご一報ください。
FAX番号:81-3-5754-2241