帰国子女・海外子女のための受験、教育情報サイト

海外赴任先での学校選びから帰国子女受験まで

ホーム受験生の声中学受験生から > 2017年度受験生の声 公文国...
最終滞在国
アメリカ
 
学校種類
現地校
 

学科試験について

受験区分
帰国枠
 
試験日
1月19日
 
英語
試験時間
50分 ちょうど
 
JOBA センター試験と比較して
難しかった
 
試験の内容
例年と比較して:ほぼ変更なし
 
試験の形式
記述問題:多い 記号選択:普通
 
出題単元
穴埋め、語句並び替え、長文読解、エッセイ
 
感想
出題形式は昨年と変わらなかったので、対策しやすく、あまり難しいとは感じませんでした。
 

全体を通して注意すべき点、その他気付いた点等をお願いします。

英語のほかに適性検査の試験がありました。過去問などでやっていた問題よりも難しいと感じました。今回は人工衛星の問題があるなど時事問題を意識したテーマがあった気がします。
 

作文(小論文)試験について

試験時間
英語50分の試験内に含まれる
 
制限字数
150~200字
 
原稿用紙
ヨコ書き
 
使用言語
英語
 
課題
宿題は良いと思うかどうか。
 
どのような内容を書いたか
宿題は良いと思う。授業で分からなかったことを自分のペースでもう一度レビューできることと、家でのゲームの時間が減ることを理由に書きました。
 

面接試験について

形式
生徒のみ 面接官:日本人2名 回数:1回
 
面接時間
10分
 
使用言語
日本語
 
質問内容
どこに住んでいたか。滞在中一番頑張ったことは何か。なぜこの学校を志望したか。
 
感想
事前に想定質問に沿って親子で「これだけは絶対にアピールしよう」という観点で準備しました。その準備が功を奏し、当日は言いたいことをすべて言い切ることができ、その場の雰囲気もとても良いものにできました。
 

試験に関して気付いた点、後輩へのアドバイス等をお願いします。

公文国際を第一志望にしていて、ここしか受けない予定だったので、公文国際にしぼった対策をしました。
英語力には多少自信があったのですが、エッセイが難しく、エッセイに力を入れました。
当日は適性検査が最初でそのあとに英語でした。適性検査があまりできなかったのですが、気持ちを切り替えて「英語で挽回しよう!」とがんばりました。面接は事前の準備がとても大切だと思います。
 
 
JOL会員へのご登録

JOBAからのお知らせ

JOBAの教育プログラム
JOBA法人会員登録方法について
「お母様のための学び・仕事」
海外帰国子女受け入れ校のご紹介
帰国子女特化型スクール
JOBA 大学入試直前講習会
JOBA 冬期講習会
JOBA 中学・高校入試直前講習会
 
ページTOPへ