帰国子女・海外子女のための受験、教育情報サイト

海外赴任先での学校選びから帰国子女受験まで

ホーム受験生の声中学受験生から > 2016年度受験生の声 大阪教...
受験区分
帰国枠
 
最終滞在国
中国
 
学校種類
日本人学校
 

学科試験について

試験日
1月23日
 
国語
試験時間
50分 ちょうど
 
問題数
大問:4題
 
試験の内容
記述問題:普通 記号選択:普通
 
感想
読解問題よりも意見文が難かったです。読解は結構できました。
 
算数
試験時間
50分 ちょうど
 
問題数
問題総数:20問
 
試験の内容
解答用紙:途中式は書かない、答えのみ
 
出題単元
計算・図形・速さ・売買損益・場合の数など
 
感想
大問1から難しい問題が出題されました。
応用問題ばかりで大変でした。
 

全体を通して注意すべき点、その他気付いた点等をお願いします。

国語の漢字の読み書きは、それほど難しくありません。文章問題はJOBAのCTテストと同じレベルぐらいだと思います。最後の意見文を書く問題が難しいので重点的に対策をした方が良いと思います。
算数はみんなが苦手であろう箇所がたくさん出題されているような気がします。2・3は解くのに時間がかかるものがあるので、できる問題から優先的に解き、残りは後回しで良いと思います。
 

面接試験について

形式
生徒と保護者 1回
 
使用言語
日本語
 
質問内容
①氏名・住所・(中国の)学校名などの基本情報 ②志望理由 ③中国に来た日本人に何を紹介するか? ④中国語で自己紹介 ⑤中国に市場はあるのか? ⑥中国人はどこで買い物をしているのか? ⑦お弁当と給食どちらがいいか?
 
感想
準備していたものが全く聞かれず、中国生活に関することが集中的に質問されました。
予想外の質問が聞かれたときに臨機応変に対応することが大切だと思います。
 

試験に関して気付いた点、後輩へのアドバイス等をお願いします。

ほとんどの人が準備するであろう一般的な質問はされなかったと思います。
予想外の質問にも対応できるように、滞在国ついてしっかりと準備した方が良い思います。
 
 
JOL会員へのご登録

JOBAからのお知らせ

JOBAの教育プログラム
JOBA法人会員登録方法について
「JOBA学校フェア」ご協賛企業
海外・帰国子女を応援しています! PanaHome
海外帰国子女受け入れ校のご紹介
帰国子女特化型スクール
JOBA 大学入試直前講習会
海外・帰国子女のための夏期講習会
 
ページTOPへ