帰国子女・海外子女のための受験、教育情報サイト

海外赴任先での学校選びから帰国子女受験まで

ホーム学校からのメッセージ学校からのメッセージ > 帰国生受け入れ校からのメッ...

この情報は2018年度入試に関する内容です。

Q.帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.一般生と同じです。

Q.帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.英語圏から帰国した生徒で英語能力の優れた生徒(英検準1級が目安)を1つのクラスにまとめ、一般生の英語の授業のときに別教室に移動し、ネイティブ及び日本人教員から特別カリキュラムで英語の授業を受けます。

Q.帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。
A.帰国生に対する特別な補習授業はありませんが、定期試験後にさらに指導が必要と思われる生徒に対して英語と数学の補習を行っています。

Q.入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。
A.帰国生が持っている自主性、積極性などの良さを失うことなく、日本の授業の雰囲気にも慣れていけるように気をつけています。

Q.帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。
A.聖光学院は授業の内容が高度で、進度も速いと思われるので、日々の学習への取り組みはしっかりとした心構えが必要です。

Q.帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。
A.言葉だけでなく、異文化に触れて考え方の違いなども学んできてほしいと思います。

Q.帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。
A.日本の教育体制に最初は戸惑ったり、慣れるのに苦労することもあると思いますが、これまで聖光学院を卒業した帰国生からも聖光学院の教育は高い評価を受けていますので、どうぞ安心してください。

Q.これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。
A.自主性、積極性に富み、学園祭、体育祭、その他の生徒活動でリーダーシップを発揮することが多い点です。

Q.帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。
A.特に帰国生対象ではありませんが、アメリカのシリコンバレーを訪ねる研修旅行、英語でスピーチをする模擬国連など英語を使う企画がいくつかあります。

Q.帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。
A.受験科目は2科目で、算数は必須ですが、国語と英語はどちらか一方の選択になります。合否は2科目の合計点で判断します。算数と国語は一般の入試と同じレベルです。英語は運用能力や思考力を試す問題が多く、記述式が中心で選択問題は少なめになっています。

 

【連絡先】神奈川県横浜市中区滝之上100 TEL:045-621-2051
【ホームページ】http://www.seiko.ac.jp/

 
JOL会員へのご登録

JOBAからのお知らせ

JOBAの教育プログラム
JOBA法人会員登録方法について
「お母様のための学び・仕事」
海外帰国子女受け入れ校のご紹介
帰国子女特化型スクール
JOBA 大学入試直前講習会
JOBA 冬期講習会
JOBA 中学・高校入試直前講習会
 
ページTOPへ