帰国子女・海外子女のための受験、教育情報サイト

海外赴任先での学校選びから帰国子女受験まで

ホーム学校からのメッセージ学校からのメッセージ > 帰国生受け入れ校からのメッ...

この情報は2018年度入試に関する内容です。

Q.帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.入学後は、初等科から進学してくる生徒約60名と、2月の一般入試を経て入学してくる約125名の生徒と均等に混ざり合う形で、5つのクラスに分かれます。

Q.帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。
A.分割授業形式で、一クラス20名前後で行われます。帰国生は、ほとんどが既習組(習熟度で上の組)に入ります。教材は、担当教師が用意するプリントなどを多用します。また、特に高い英語能力を有する生徒には、週一時間の取り出し授業を行っています。

Q.入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。
A.日本での生活習慣や学習習慣に早く慣れるように気を配って指導しています。特に海外と異なる点については教員がよく心得ています。それぞれの個性をよい方向に引き出せるように気を付けています。

Q.帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。
A.他の生徒と同様に、特別扱いは一切ありません。
海外で身につけた経験や学力を、自ら存分に発揮してください。豊かな個性を持ったさまざまな仲間とともに、自主的に力を伸ばせる環境です。英会話クラブに参加したり、語学教育センター主催の英語力養成コースを受講することもできます。

Q.帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。
A.現地の気候・風土・文化・人々の考え方や社会の成り立ちなどをよく見てきてほしいです。将来、国際社会で活躍するための基盤のようなものを自分の中に作ってもらいたいと思っています。

Q.帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。
A.基礎・基本のしっかりとした日本の教育を、自分自身の個性を生かしながらゆったりと受けることができます。目白キャンパスは交通の便も良く、閑静な住宅街の中にあるので、安全に通学できます。
帰国生として学習院中等科に入学した生徒に多いケースですが、「特別退学制度」を利用して、親の転勤にともない中・高等科6年間のうち最長4年間を海外で過ごし、帰国後に再入学することができます。
また、高等科の1年生から2年生にかけての1年間で、ロータリーやAFS、IF、その他の留学制度を利用して海外留学をする生徒が、学年全体の7~10%(200名中15名~20名)います。短期、中期の留学生も一年間を通して受け入れていて、学校全体が自然に海外の空気に触れる環境にあります。

Q.これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。
A.感性が豊かで、自立への志向性を持っている点。自分の意見をしっかりと示しながらも、相手の立場を思いやることができる生徒が多い点などです。さらに周りの生徒によい刺激を与えてくれます。

Q.帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。
A.学卒業までの10年間、または高等科卒業までの6年間をじっくりと落ち着いて過ごすことができます。スポーツや趣味に打ち込む時間がたくさんあり、その中で生涯の友人を得ることができます。
さまざまな施設が充実しており、キャンパス内でほとんど全ての活動が可能です。
都内では稀な緑豊かなのびのびとした学習環境も大きな魅力だと思います。

 

【連絡先】東京都豊島区目白1-5-1 TEL:03-5992-1032
【ホームページ】http://www.gakushuin.ac.jp/bjh/

 
JOL会員へのご登録

JOBAからのお知らせ

JOBAの教育プログラム
JOBA法人会員登録方法について
「お母様のための学び・仕事」
海外帰国子女受け入れ校のご紹介
帰国子女特化型スクール
JOBA 大学入試直前講習会
JOBA 冬期講習会
JOBA 中学・高校入試直前講習会
 
ページTOPへ