帰国から合格まで 海外・帰国子女のための中学・高校受験 入試直前講習会

海外・帰国子女のための中学・高校入試直前講習会
中学・高校入試直前講習会トップ > お申し込み方法 > お申し込み時によくあるご質問

お申し込み時によくあるご質問

みなさんからお寄せいただくよくある質問にお答えします。よくお読みいただき、講習会お申し込みにあたっての不安を解消していただければと思います。

お申し込みについて

Q. 「入試直前講習会」と「冬期講習会」は何が違うのでしょうか。小6の息子がいますが、どちらへ参加すればよろしいですか。

「入試直前講習会」は、この冬に受験し、春の入学を目指すお子様のための講習会です。小学校6年生と中学3年生の、受験を目前に控えている生徒が対象になります。開催期間は11月末~2月、集団授業中心で、一部個別指導もあります。

一方、「冬期講習会」はそれ以外の生徒、つまり来年度以降の受験を考えている方や、学力向上や弱点補強を望まれる方、編入対策の方などが対象になります。開催期間は12月中旬~1月上旬で、すべて個別指導になります。

お客様のようにお子様が小学校6年生の場合、受験されるかそうでないかによって、該当する方をお選びください。

Q. いつまでに申込書を送付したら確実に受講・宿泊ができますか。

講習会のお席と宿泊施設のお部屋は、申込書の受け付け順に確保されます。時期やタイミングによっては、一日に何十件もの申込書をいただくこともあります。お申し込みはもちろん、受験全般につきまして、早め早めのスケジュール立てをお勧めいたします。

各コースの申し込み期限は、集団指導は受講初日の3日前、個別指導は受講初日の14日前までですが、満席になった場合、それよりも前に締め切る可能性がございます。

Q. 仮予約を申し込みました。申込書はいつまでに送付すればよいでしょうか。

「仮予約(残席お知らせメール)」は正式なお申し込みとは異なりますので、ご帰国の予定が決まり次第、出来るだけ早い時期にお申込み手続きをお勧めしております。ご事情により、なかなかお手続きが出来ない場合は、ぜひ担当の者までご相談をお寄せください。

Q. 仮予約は申込みと異なることは分かりました。仮予約のメリットは何ですか。

仮予約をしていただくと、受講予定として席数にカウントされ、満席が近づいた場合にその旨をお知らせするメールをお送りいたします。

その後につきましては、あくまで正式なお申し込み手続きをいただいた順にお席を確保、つまり受講の確定をさせていただきますので、早い段階での正式なお手続きをおすすめいたします。

Q. ガーディアンシップセンターの宿泊の仮予約は可能ですか。

申し訳ございません。JOBAガーディアンシップセンターの宿泊の「仮予約(残席お知らせメール)」は承っておりません。宿泊部屋には限りがございますので、お申し込み順に確保させていただいております。

Q. 受験に向けた帰国の時期や、効果的な講習会の参加日程についてアドバイスはありますか。

帰国の日程については様々な要素が関係してくると思いますが、学習面での受験準備はもちろん、体調に関係する精神面や健康面からみても、受験日の直前の帰国はできるだけ避けた方がよいでしょう。できるだけ日程に余裕をもって帰国し、受験に向けた体制を整えることをおすすめします。

また、入試本番に向けて緊張感をもった帰国にするためにも、多くの方が例年帰国された日もしくは翌日からJOBAの講習会に参加されます。

JOBAの講習会は、個別指導コース・一部の学校別特別講座を除き、1日単位で申し込みが出来ますが、最大限の効果を望むためには、連続したある程度長期の日程で受講出来る体制を整えてください。もちろん、調整が難しい場合は遠慮なくJOBAまでご相談ください。

なお、志望校別の受講パターンについてはこちら(中学 高校)をご参照ください。

Q. 申込書をFAXで送りました。その後、JOBAからの連絡を待っていればよいでしょうか。

原則として、ご請求書の送付を含む全てのご連絡はEmailにて行います。ですから、JOBAからご連絡させていただくのに最も適したEmailアドレスを申込書にご記入ください。また、お申し込み後は適宜Emailをご確認いただきますようお願いいたします。

なお、JOBAプログラムは会員区分によって費用が異なりますが、会員登録はメールアドレスがIDとなっております。確認のため、JOL会員登録時のアドレスをご記入ください。

送付から1週間以上経って、または受講10日前になってもメールが届かない場合Fax回線状況などの原因により、申込書を確認できていないケースが考えられます。大変お手数ですが以下連絡先まで、至急お電話をいただくか、Emailにてご一報ください。
 お電話の場合: +81-3-5754-2240
 メールの場合: jobajp@jolnet.com

Q. 自宅にはメール環境もFAXもありません。どうしたらよいでしょうか。

申込書のご提出の際だけでなく、お申し込み後のご連絡につきましても、原則EmailもしくはFAXを利用することになります。ご主人の勤務先の事務所やご友人宅、インターネットカフェなど、EmailもしくはFAXのいずれかをご利用いただける環境を極力ご用意ください。どうしてもそれが難しい場合でも、諦めることなくJOBAまでご相談ください。

なお、申込書は郵送でも受け付けいたします。ただし、ポストに投函される日と郵便の配達予定日に、確認のご連絡を電話でJOBAまでお願いしております。お申し込みは当日消印有効ではありません。申し込み締切日にJOBAにて申込書を受領出来ていない場合は、お席の確保は出来かねます。十分お日にちに余裕を持って投函されますよう、ご留意ください。

Q. 費用のお支払いについて教えてください。

お申し込み内容の確認および確定後、ご請求書を原則Emailに添付する形でお送りさせていただきます。受講コースに応じたテキスト代も含みます。

お支払いはすべて銀行振込みにてお願いしております。クレジットカードや現金でのお支払いはできません。

変更・キャンセルについて

Q. 申し込みをした後に、日程を変更することはできますか。

全て変更・キャンセル規定に従います。

Q. 受験校の合否によって受講をキャンセルする可能性があります。どのようにすればよいでしょうか。

できるだけキャンセル料金がかからないようにするためにも確実に受講する内容のみをまずお申し込みいただき、あとで追加していただくことをお薦めしております。ただし時期によっては、ご希望のコース・宿泊が定員になってしまう可能性もございます。例年ですと12月末と1月中旬~下旬がその時期に当たります。そうした事態を回避するために、該当のご予約に関しましては、不確定であっても各ご家庭の判断で申し込みをして、お席を確保するご家庭もあるようです。

作文・面接について

Q. 作文講座・面接講座のみを受講したいのですが、可能でしょうか。

作文講座・面接講座のみの受講も可能ですが、お勧めはできません。

作文・面接のみを試験科目として課す学校は、受験生が集中しやすく合否結果が不安定になりやすいので、JOBAでは併願校として高校受験であれば3科目受験(英数国)、中学受験であれば2科目受験(算国)または3科目受験(国算英)の準備もされることをお勧めしています。よって、学科試験対策の授業をメインに据え、作文・面接の対策はオプションとして考えてください。

また、作文については直前の対策だけで完結できるものではありません。講習会参加前の通信教育や、講習会中の個別指導にてしっかりと対策を行ってください。

Q. 作文の対策の特長を教えてください。

作文を必要としている生徒にはオプションとして作文講座を設けています。日本語作文だけではなく、英語作文(エッセイ)も含めて、帰国入試の傾向に沿った徹底指導を行います。また、過去の作文課題の資料も充実しています。

Q. 面接が非常に不安です。息子は口が重い方で、自分の意見をはっきりいえないタイプです。こういう子は特に帰国子女入試では不利になるかと思うと、不安です。講習を受けてすぐに性格やタイプが変わるとも思えないのですが・・・。

面接は帰国受験において多くの学校で採用されています。面接に苦手意識を持っている生徒は、質問に答えられなかったらどうしよう、間違えたことを言ってしまわないだろうか、うまく言いたいことが言えるだろうか等々、不安がどんどん増していくようです。面接では、流れるようなスピーチを求められているわけではありません。何がポイントになるかということをはっきりさせ、自信を持って面接を受けられるように指導いたします。面接指導はJOBAの最も得意とするもののひとつです。安心して任せてください。

カウンセリングシートについて

Q. 直前講習会としてJOBAの講習会に初めて参加しますが、それまでの子供の学力、弱点をどのようにお知らせすればよいのでしょうか。

お子様の実力、また弱点などを知るために、お申し込みいただいた方にカウンセリングシートの記入をお願いしております。お子様の就学歴や学校成績、各科目の自己分析、資格試験等の結果、また志望校などをご記入いただいております。

宿泊について

Q. 講習を受ける前日からの宿泊を希望したいのですが、できますか。

基本的には可能です。チェックインは、下記の内容で受け付けています。

11月27日以前のチェックイン
お問い合わせください。お日にちによっては、ご利用いただけない場合もございます。確認後にお断りすることもありますので、何卒ご了承ください。

11月28日以降のチェックイン
休講日以外は、宿泊する当日から学習指導および生活指導がございます。

12月30日から1月2日のチェックイン
受け付けておりません。ご了承ください。

なお前日チェックインは、原則として18時以降になります。それ以前にチェックインご希望の方は、お早めにご相談ください。

Q. 講習会に参加する当日の朝、宿泊のチェックインはできますか。

ご来館されましたら、その日の朝は、本部校のスタッフがお迎えいたします。その日はまず、そのまま講習をお受けください。お荷物は教務室にてお預かりすることになっています。宿泊のお部屋には、当日の授業が終わる夕方からチェックインすることになります。そのため、宿泊の荷物と学習の荷物はあらかじめ分けておいてください。

Q. これまでずっと甘やかして育ててしまい、精神的にも幼く、親から離れて生活したことはまったくありません。宿泊させるのは非常に不安があります。そういった子でも宿泊はできますか。

もちろんその子によりますが、そういうお子さんは、JOBAガーディアンシップセンターに来るまでが大きな壁になっているようです。実際に来てしまえばみんな大丈夫です。同じくらいの年の子がいますので、多くの生徒は最後には帰りたくないというほどになっています。そんな子ほど、良い経験になるのかもしれません。

Q. 宿泊荷物を事前にJOBAに宅配便などで送る事はできますか。

はい。重たいスーツケースやかさばる手荷物を事前に宅配便などでJOBAにお送りいただくことが可能です。その際、かならず受講者本人の名前とチェックイン日、「入試直前講習会 参加」とういうことがわかるようにお書きください。また事前にその旨をJOBAにご連絡ください。

送り先:〒145‐0064 東京都大田区上池台3-39-9
電話番号:03-5754-2240
「受講生氏名」「チェックイン日」「入試直前講習会 参加」を明記してください。

その他のサポート(病気、受験票)について

Q. 宿泊中に病気になった場合、どのように対処していただけますか。

JOBAガーディアンシップセンターの裏に都立荏原病院という総合病院があり、ここは救急もやっているので、いざという時にはここにスタッフが連れて行きます。軽い風邪や熱などの場合は、かえって近くのクリニック的な病院の方が診察してもらうまでの時間が早いのでそちらに連れて行く場合もあります。インフルエンザなどの場合は、他の生徒に移さないよう、部屋を別にすることがございます。いずれにせよ宿泊される場合は本人の保険証をご準備ください。

ご帰国により環境が変わり体調を崩しやすくなっています。マスクは風邪予防の意味でも、できるだけ常時着用をお勧めしています。また、通学生・宿泊生に関係なく、必ずお子様に適した薬をご持参ください。(緊急の場合は、JOBAでも薬をご用意いたします(有料)。ただし、内服薬はアレルギー反応など危険な症状がでる場合がありますので、保護者様へご連絡がついた場合のみお渡しします。)

Q. 受験票の受け取りはしていただけますか。

お引き受けしております。宿泊生の受験票のあて先としてJOBAガーディアンシップセンターにしていただいて結構です。受験票を受け取った後、金庫に保管させていただくことも可能です。ただし、受験票は入試の際に最も大切な資料のひとつです。必ずいつ頃どこの学校の受験票が届くのか、事前に教師に伝えてください。また、到着しているか到着していないかを必ずご本人自身が教師に確認するようにしてください。なお指導上の理由で、教師から「○○さんの受験票は予定の時期になっても届いていないですよ」という連絡等は行なっておりませんのでご了承ください。

Q. 願書を提出していただけますか。

これは必ずお身内の方でお願いしております。何かトラブルがあった場合に対処しきれないためです。何卒ご了承ください。

受験引率サービス(有料)について

Q. 宿泊生の受験当日の引率はどのような形でされますか。

前日の夜に必ず受験票などの持ち物チェック、JOBAガーディアンシップセンターを何時何分に出発して何時の電車に乗るか、お弁当はどうするかなど細かいミーティングをします。帰りは自力で帰ってきてもらいますが、それも前日にルートの確認を行います。大雪や地震などによる電車の遅れなどにもスタッフが学校に連絡を入れるなど、臨機応変に対応いたします。

なお、試験会場までの交通費は自己負担となります。現金またはICカードの準備をお願いします。

服装について

Q. 受験の際には、服装は自由かと思いますが、面接の際には、ブレザー等フォーマルなものが必要と伺いました。それでよろしいでしょうか。靴等も合うものを持たせた方がよろしいでしょうか。

必ずしもブレザー等でなければいけないわけではなく、常識的な範囲での服装であればよろしいかと思います。ただし、周りの受験生がみなフォーマルな服装で、あせってしまい面接に集中できなかったなどの余計な心配を取り除くといった意味では、ご準備をされておかれると安心できるのではないでしょうか。靴は革靴でなく、小ぎれいなスニーカー等でまったく問題ありません。

受講前の学習アドバイス

Q. 入試直前講習会に参加する前に学習面でやっておくべきことはありますか。

お持ちの問題集などで学習はされていることと思いますが、特に志望校の過去問題にはしっかり取り組んでおいてください。JOBAの授業内では過去問題を丸々扱うことはありません。事前に過去数年分を解いて、傾向を把握しておくことをお勧めいたします。