ホーム > 女子校 > 桐朋女子中学校・高等学校

桐朋女子中学校・高等学校

東京都調布市中学受験高校受験編入

帰国生受入れ約60年の伝統
世界約35ヶ国からの帰国生が学ぶ学園

桐朋女子中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

私たちが帰国生を受け入れ始めて約60年。現在世界約35ヶ国からの帰国生が一般生と共に学んでいます。教員も周囲の生徒も、帰国生をことさら特別扱いすることなく、帰国生も伸び伸びと「あるがままの自分」でいられる学校。それが桐朋女子です。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

基本的には一般生と同じ学級で学ぶ混入方式をとっています。様々なタイプの生徒が共に学ぶことがお互いの成長につながると考えるからです。英語の授業の一部では帰国生対象の特別授業を設置しています。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

中学1年から高校3年まで、英語の授業の一部を使って、帰国生対象特別授業を行っています。教材は海外の現地校・国際校の同学年相当のものを使用します。高校3年生のクラスはTOEFL及びSATの準備のための講座となります。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

国語と数学は、入学(編入)後原則として半年間、放課後に補習授業を行います。必要に応じて期間を延長することも可能です。理科、社会については各生徒で必要な分野が異なることが多いので、個別に指導しています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生であるなしにかかわらず、生徒一人ひとりによく心を配り、その生徒が持っている個性が真の意味で生きるような場を学校として提供していきたいと考えています。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

帰国生進路 四年制大学・短期大学・専門学校
合格状況(現役生のみ)2017年度
首都大学東京1、青山学院大学4、大妻女子大学2、学習院大学3、学習院女子大学1、北里大学2、共立女子大学1、慶應義塾大学6、駒澤大学2、駒沢女子大学1、
実践女子大学1、上智大学9、女子美術大学2、白百合女子大学1、成蹊大学1、成城大学1、聖心女子大学1、清泉女子大学1、聖路加国際大学1、玉川大学1、中央大学3、
津田塾大学1、帝京大学1、帝京平成大学1、東海大学1、東京女子大学1、東洋大学2、獨協大学1、日本大学4、日本女子大学2、法政大学6、武蔵野大学1、明治大学3、
立教大学7、早稲田大学6、相模女子大学1、立命館アジア太平洋大学1

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

海外にいる間にしかできないことに積極的に取り組んできてほしいと思います。具体的には現在通っている学校の勉強、地域での活動などです。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

一時帰国する際には是非学校を見学にきていただきたいと思います。実際の生徒の様子をご覧いただくのが、私たちを理解していただく一番の方法だと思います。お気軽にメールでお問い合わせください。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

自ら考えて、自分の意見を持ち、行動できる人が多いように思います。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

桐朋女子は、これまでの海外(国内)での生活で培ってきた「自分」をさらに一回り大きくできる場だと思います。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

本校の受験にあたっては特別な準備は必要ありません。今通っている学校での勉強を一生懸命やって、その頑張った結果に自信を持って帰国してくださればよいと思います。

学校基本情報

【所在地】
〒182-8510
東京都調布市若葉町1-41-1

【最寄り駅】
京王線「仙川」駅徒歩5分
小田急線「成城学園前」駅よりバス
JR「吉祥寺」駅よりバス
JR「三鷹」駅よりバス

【電話番号】
03-3300-2111(代)

【入試広報ご担当】
国際教育センター 主任 
熊野 孝先生

【学校寮】
なし

【転・編入】
可 定期的に実施