ホーム > 女子校 > 頌栄女子学院中学校・高等学校

頌栄女子学院中学校・高等学校

東京都港区中学受験編入

自然豊かな環境で「讃美と奉仕」の女子教育

頌栄女子学院 中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

在籍生徒の2割が帰国子女で、教科のみならず生活面でも帰国生一人一人をしっかりサポートし、きめ細やかな指導を心がけています。学校行事や校外学習が多く、生徒と教員が共に明るく活発な雰囲気を作り上げています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

5つのホームルームクラスのうち、3クラスが一般生と帰国生の混合、2クラスが一般生クラスです。英語の授業は帰国生と一般生を分けていますが、英語以外の教科は全てホームルーム単位の授業です。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

高校1年までは帰国生と一般生を分けて授業をしています。中学校では、英語に週6時間が配当されており、うち2時間は日本人教員、4時間はnative speakerの教員による授業です。英語のクラスは帰国生のみの少人数制です。高校1年では、週6時間を配当(うち2時間がnative speakerによる授業)。中学校同様に帰国生のみの少人数クラスです。高校2・3年生では、学年を習熟度別に4クラスあるいは3クラスに分け、生徒個々の到達度に応じた効果的な学習指導を実施しています。習熟度別編成のクラス分けは、年に数回行います。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

各教科で必要に応じて行っておりますが、本人の負担にならないように配慮しています。例年、中学1年では国語は週1回放課後に、数学は試験前後に集中的に行っております。

帰国生の進学実績をお教えください。

<2017年度進学実績>
※帰国生(43名)のみの合格者数
・国公立
東京大 3、東京医科歯科大 1、一橋大 2、東京外国語大 2
・私立
青山学院 18 慶應義塾 38 上智 32
早稲田 43 ほか

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

日本の学校生活に馴染みのない帰国生に配慮し、理解しにくそうなことをきちんと説明する、極力難しい日本語を使わない、ということに気をつけています。

帰国生が入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

キリスト教の学校ですので、学校での一日は礼拝で始まり、礼拝で終わります。また、週1回には中学・高校でそれぞれ合同礼拝があり、6年間を通して聖書の授業もあります。毎日の礼拝と、年間を通しての宗教行事を大切にしているということをご理解頂きたいと思います。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

主にコミュニケーション力です。現地の方々との貴重な触れ合いを通じて、日本の生活では決して体験することの出来ない海外在住ならではの経験をしてきてください。そして多様な価値観に触れ、文化を相対的に見る目を養ってきて下さい。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

本校に興味がございましたら、ぜひ一度お越し頂き、学校の雰囲気を感じて下さい。事前にお問い合わせ頂ければ、一時帰国中の受験生のための校内案内も実施しております。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

海外経験をバックボーンとして、他人との違いを恐れることなく、自分の意見に自信を持つことができる点です。また、それをはっきりと表現できる点です。そのような点は学校行事に積極的に取り組む姿にも反映されています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

同じような海外経験のある帰国生が数多く在籍しているので、学校生活に溶け込みやすく、ホームルームやクラブの活動にも安心して取り組めます。また、英語の蔵書を数多く取り揃えています。

学校基本情報

【所在地】
〒108-0071
東京都港区白金台2-26-5

【最寄り駅】
地下鉄浅草線「高輪台」駅徒歩約1分
JR・東急池上線「五反田」駅徒歩約10分
JR・京浜急行線「品川」駅徒歩約12分
地下鉄南北線・三田線「白金台」駅徒歩約10分

【電話番号】
03-3441-2005

【入試広報ご担当】
広報部長
湯原 和則先生

【転・編入】
可 欠員のある場合のみ実施

【学校寮】
なし