ホーム > 女子校 > 不二聖心女子学院中学校・高...

不二聖心女子学院中学校・高等学校

静岡県裾野市中学受験高校受験編入

全校生徒の4割が寄宿生。世界30か国に広がる姉妹校ネットワークを生かしたプログラムが充実しています。

不二聖心女子学院中学校・高等学校 写真

最新情報

  • 2018年度 帰国生入試
    試験日:2018年1月6日(土)
    試験科目:国語または英語・算数 (親子・個人面接あり)
  • 2018年度 不二聖心AO・転編入試
    不二聖心AO入試 高1転編入 試験日:2018年2月4日(日)
    不二聖心AO入試 中3転編入 試験日:2018年2月4日(日)
    転編入 中1~高1(欠員がある場合) ※高1は9月末までに受験
    試験日:2017年7月・9月・12月、2018年1月・2月・3月
    詳しくは学校までお問い合わせ下さい。
  • 2017年度 帰国生入試結果(中学校高等学校
  • 学校説明会・公開行事について
    6月24日(土) 学校説明会・体験教室【予約不要】
    7月14日(金) 首都圏ナイト説明会 場所:聖心女子大学【要予約】
    8月2日(水)・5日(土) 夏休み子供自然体験教室(※小4~小6)【要予約】

コメント

21万坪の広大な自然に囲まれた美しいキャンパス。世界30か国147校の姉妹校ネットワークを持ち、1年間の海外姉妹校留学制度(卒業に必要な単位認定可能)や長期休みを利用した海外体験プログラムも充実しています。
全校生徒の4割が寄宿生で12都府県から生徒が集まっています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

帰国生も同じクラス。1学年2クラスのアットホームな雰囲気なので、積極的にかかわる雰囲気があります。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

英語の授業は同じですが、習熟度別クラスなので英語の得意な生徒は、よりハイレベルの授業を受けます。また高校生では、英語の選択授業も豊富なので、英語力を伸ばす機会が多くあります。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

個別に対応しています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生が早くなじめることです。エンジェル(高3のお世話係)がつく制度があります。また周囲の生徒が帰国生をサポートするように配慮しています。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

聖心女子大学に進学する生徒が多いですが、海外の大学、難関校、医療系大学、に進学した卒業生もいます。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

学院に直接、足をお運びいいただき、雰囲気・教育環境を見ていただきたいです。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

今いる環境で学べることを一生懸命学んでほしいです。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

家庭的な雰囲気の中で、一人ひとりを大切にしています。安心してお預けください。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

多様性を受け入れる素地ができているので、誰とでも公平に接することができているようです。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

中学生は1学年70名、高校生は1学年80名のアットホームな雰囲気の中で、一人ひとりを大切にする教育を行っています。学校行事が多く協力性、実行力が身に付きます。生徒同士の絆が強く、卒業しても生涯にわたる関係が築けます。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

試験科目は、中学入試は2科目(国語・算数または英語・算数)、不二聖心AO入試(高1・中3 4月入学)は2科目(英語・数学または国語)と作文(英語または日本語)。
帰国のご都合に合わせて随時ご相談に応じていますので、ご連絡ください。

学校基本情報

【所在地】
〒410-1126
静岡県裾野市桃園198

【最寄り駅】
JR東海道新幹線、東海道線三島駅よりタクシーで20分
JR御殿場線裾野駅よりスクールバス10分
JR東海道線三島駅よりスクールバス25分

【電話番号】
055-992-0213

【入試広報ご担当】
教頭
清水 哲先生

【転・編入】
あり

【学校寮】
あり

【海外入試】
なし