ホーム > 女子校 > 田園調布学園中等部・高等部

田園調布学園中等部・高等部

東京都世田谷区中学受験編入

2017年度帰国子女入試は、12月17日(土)に終了致しました。

田園調布学園中等部・高等部 写真

最新情報

コメント

社会は急速に変化し、生徒にもその変化に対応していくための力が求められています。そのため、本校では生徒が自ら考え、表現するアクティブラーニングを取り入れた授業を進めています。また、2015年度には、生徒の主体性・社会性・表現力・思考力を伸ばすための新しい土曜日がスタートします。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

帰国生と一般生を分けずに混合クラスで学校生活を送ります。異なった環境を体験してきた生徒どうしが交流することで、お互いに理解しあい、刺激しあい、高めあっていくことができると考えています。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

中等部の3年間、英会話の授業を取り出しで実施し、英検準1級の取得を目指します。英検準1級取得した中2以上の生徒は、取り出しを週3時間に増加。時事英語を用いて、外部の大会にも参加します。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

放課後の補習授業など、状況に応じてできる限りのフォローをしていきます。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

入学後スクールカウンセラーとの面談を行い、学校生活がスムーズにスタートできるよう配慮します。生活習慣のちがいからとまどうこともあるようですが、あわてずゆっくり慣れていくことが大切と考えています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本校は1926年の創設以来、建学の精神「捨我精進」の下、女子教育に焦点を当てた教育を実践してきました。また、現在は生徒の主体性を伸ばすために、電子黒板の活用・アクティブラーニングの導入などの授業改革に取り組んでいます。このような本校の特徴をご理解ください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

世の中は「グローバル化」に向かって進んでいます。海外での経験は、皆さんの将来においても、皆さんが活躍する社会にとっても大きな財産になります。多くの人と積極的に交流し、柔軟で幅広い視野を身につけてください。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

試験科目は、【英語・算数】または【国語・算数】の選択制です。本校は皆さんの豊富な経験と積極性に期待しています。編入試験も随時受け付けています。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

何に対しても積極的で、自分の考えをしっかりと表現できるところがすばらしいと思います。本校の生徒は、まじめでこつこつ努力しますが、自分の考えを表現するのが苦手です。帰国生の皆さんの積極性から学ぶところが大きいと思っています。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

生徒会主催の「なでしこ祭」と「体育祭」、中1、中2、中3、高1と続く宿泊行事、教養を養う土曜日のプログラムなど、皆さんがきっと夢中になることができる行事や取り組みがたくさんありますので、楽しみにしてください。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

平成30年度入試の受験日は12月16日(土)、受験資格は「海外在籍原則1年以上で、平成27年4月1日以降に帰国の女子」です。国語、算数の問題は一般入試より取り組みやすいものになっています。また、英語の問題は英検2級程度です。国語、算数の過去問を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

学校基本情報

【所在地】
〒158-8512
東京都世田谷区東玉川2-21-8

【最寄り駅】
東急東横線・目黒線 田園調布駅から徒歩8分
東急池上線 雪が谷大塚駅から徒歩10分

【電話番号】
03-3727-6121

【入試広報ご担当】
入試広報室長 細野 智之先生

【転・編入】
中1~高2の7月まで随時受付

【学校寮】
なし