ホーム > 共学校 > 日本大学高等学校・中学校

日本大学高等学校・中学校

神奈川県横浜市中学受験高校受験

AIMING HIGH ! ~志高く夢の実現を目指そう!~

日本大学高等学校・中学校 写真

最新情報

コメント

日本大学の教育の理念「自主創造」の下、「情熱と真心」を校訓に、「自覚と責任」のある生徒を育成します。中学生・高校生としての基本的な生活を確立させ、その上で、確かな学力を育成し、さらにクラブ活動や学校行事をとおして生きる力を育み、最終的には希望の進路の実現へ、さらには国際舞台での活躍へと導きます。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

一般生と同じです。希望に合わせて、SG(スーパーグローバル)コース、特別進学コース、総合進学コースの3つのコースを志願できます。その中でも特にSGコースで力を発揮できると思います。
クラスでは一緒に様々な活動に取り組みます。帰国生には日本のクラスを経験してもらい、さらには日本の文化や伝統についても学んでほしいと願っています。逆に一般生には、帰国生との触れ合いを通して、国際感覚を育んでほしいと願っています。
お互いに刺激し合い、充実した高校生活を過ごし、希望の進路実現につなげてほしいと思います。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

一般生と同じです。ただし、英語の授業では帰国生等向けの、いわゆる「取り出し授業」を実施しています。取り出し授業では、日本人の教員は付かずにネイティブの教員のみによる授業となっています。選抜はネイティブの教員との面談で決定します。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

Global Students Support Center(GSSC)を設置し、補習のみでなくきめ細かく様々なフォローアップを行っています。
また、一人一台タブレットを持つことで、学内のみでなく学外、家庭でも2万本以上用意された学習動画やwebテストなどを利用することができます。それによって無理なく日本での学習にキャッチアップしていくことができます。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

GSSCを中心に親切丁寧にフォローをすることを心がけています。また、海外の学校のあり方と日本の学校のあり方は多岐に渡って異なる側面があります。そのようなギャップを埋め、海外で学んできた良さを活かしつつ、日本の学校に順応できるよう、GSSCのみでなく、我々教員全員で心掛けています。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

帰国生を受け入れて1年目のため、進学実績はこれから出てきます。しかし、本校では国公立大学、難関私立大学、そして外国語学部・学科や海外の大学への進学を目指せるよう指導していきます。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

GSSCによるフォローアップ体制が確立されていますので、安心してください。しかしながら、なんでも面倒を見てもらえるという受け身の姿勢では進歩がありません。自ら積極的に取り組み、困難を乗り越えるという気概をもって何事にも挑戦することが、さらなる成長につながります。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

入学前の海外で(また、当然入学後もそうですが)、分野を問わず様々な経験を積むことが大切です。異文化体験と学際的な勉強を大切にして、培った力を入学後の学校生活に活かしてくれることを期待しています。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

心配なこと、不安なこともあると思いますが、心配や不安は挑戦する材料です。挑戦することで人は向上することができます。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

本校は国際交流教育が盛んです。今までの経験を活かすことができると思います。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

入試は基礎・基本が大切です。それがマスターできれば、それを応用する力を身につけましょう。これからはすべてを誰かに教えてもらうのを待つ姿勢では成長できません。アクティブに、そしてポジティブに自ら考え、工夫し、乗り切っていきましょう。

学校基本情報

【所在地】
〒223-8566
神奈川県横浜市港北区箕輪町2-9-1

【最寄り駅】
東急東横線・目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」下車
「日吉駅」から徒歩12分
バス「日吉駅」東急バス1番乗り場

【電話番号】
045-560-2600

【入試広報ご担当】
広報部主任
鈴木 宏典 先生

【転・編入】
なし

【学校寮】
なし