ホーム > 共学校 > 三田国際学園中学校・高等学校

三田国際学園中学校・高等学校

東京都世田谷区中学受験高校受験編入

Contribution〈貢献〉の文化が息づく学園で、思考の扉が開かれる

三田国際学園中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

中学インターナショナルクラス(30年度から開設される高校インターナショナルユース・アドヴァンス)では英語に加えて数学・理科・社会もAll Englishで授業を行うイマージョン教育を導入。これまで培った高い英語力を保持しながら、基礎学力を確実に構築し、コミュニケーションスキルや思考力などグローバル社会で必須となる力を磨きます。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

インターナショナル・クラスでは、多様性のあるクラスの中で、素晴らしい友人たちから刺激を受けることを目的に、帰国生と一般生は同じホームルームクラスに入ります。授業は、実技教科やHRは同じクラスで受けますが、その他の教科は原則的に別クラスで行います。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

帰国生の英語の授業は別クラスで行います。ネイティブスピーカーの教員による高度な授業が展開されるので、海外生活で身に付けた英語力を維持発展させます。また、数学・理科・社会も、それぞれの専門分野を持つネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業を選択受講することが可能です。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

帰国生に対する通常の補習授業はありませんが、学期末に「フォローアップ授業」を全校生徒対象に行います。また、本校には日常の休み時間・放課後に分からないところを質問し教員が個別に対応する文化があり、生徒は積極的に活用しています。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

海外で身に付けた力や経験を個性として認め生かし、授業の中で十分に発揮できるようにすることです。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

中学インターナショナルクラスでは、イマージョン教育をベースにした授業を展開します。帰国生にとっては、日本の学校ならではの教育現場で学校生活を一般生と共に楽しみながら、異文化理解などの面で今までの経験を生かし良いリーダーシップを発揮することを期待しています。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

日本では学べない日本とは違った多様なものの見方・考え方を学んできてほしいと考えます。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

グローバル社会に羽ばたく人材を育成するために、本校では、英語力はもちろんのこと、相互通行型授業を通じてディスカッション能力や問題解決能力を鍛えます。生徒には独自の意見を持ち、発言することで授業への貢献を求めます。従来の画一的・日本的な教育からの脱却を目指していますので、お子様がご経験された唯一無二の海外経験を強みにし、日本に母校を持ちながらも、世界を舞台に活躍する将来を描くことができると自負しております。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

本校の授業は、自ら考え、自ら探求する授業です。生徒は、タブレット端末を活用し、必要な情報を集め、自分の考えをクラスメイトと話し合います。ディスカッションを通じて、お互いを尊重し、自らの考えを分かりやすく伝えることを身につけます。本校の授業は生徒が主役です。全ての授業に新たなことを学ぶワクワク感が溢れています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

国際生入試の英語は、中高ともに「読む・聞く・話す・書く」の4技能をはかる試験を実施します。
中学の入試レベルは英検2級程度、高校の入試レベルは準1級程度です。

学校基本情報

【所在地】
〒158-0097
東京都世田谷区用賀2-16-1

【最寄り駅】
・東急田園都市線 用賀駅 徒歩5分

【電話番号】
03-3700-2183

【入試広報ご担当】
教頭・広報部長 今井 誠先生

【転・編入】
9月編入あり

【学校寮】
なし

【海外入試】
なし