ホーム > 共学校 > 茗溪学園中学校高等学校

茗溪学園中学校高等学校

茨城県つくば市中学受験高校受験編入海外入試

帰国生受入校としての経験とノウハウがここにある。 “STUDY SKILLS”を身につけ、世界に飛び出そう!

茗溪学園中学校・高等学校 写真

最新情報

コメント

筑波大学の同窓会「茗渓会」が設立した中高一貫校です。東京から1時間の郊外、筑波研究 学園都市という科学と自然にあふれた立地で、筑波大学をはじめ近隣の研究所やJICAなど との交流・連携が出来る素晴らしい環境です。中高男女入寮可の学寮も付設しています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

[中学]
英語圏からの帰国生など、一定レベル以上の英語力を保持している生徒は、選抜試験を実施の上、週6時間の全ての英語の授業を特別クラスで受けることができます。授業は、アメリカの中学校で使用しているテキストを使ったネイティブ教員による授業、基本的文法知識を日本語で確認しながら、それぞれの弱点を補強する授業(週1時間)などがあります。各授業を通じて、帰国生の英語力維持と更なる実力の伸長を目指していきます。
[高校]
帰国生に限らず、一定レベル以上の英語力を保持している生徒は、選抜試験を実施の上、オールイングリッシュの「特別クラス」で受けることができます。このクラスは、TOEFLやTOEICの高得点獲得、英検1級の取得等を目標に、英語運用能力においてトップレベルの力の養成を行います。授業は全て外国人教員が担当し、海外の大学への進学も視野に入れた、ハイレベルの英語力を身につけさせていきます。本校は米国関係機関より認可を受け、SATやAPのテストセンターにもなっており、校内で受験可能です。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

[中学]
現地校からの入学生で国語のフォローが必要な場合は、国語の授業時間に抜き出しで、特別クラスで国語の基礎を学習していただくことがあります。
中学海外生には国語・数学のキャッチアップのために、放課後を活用して有料で特別補講を受けていただくことがあります。
[高校]
A方式(英語のみの入試)で入学の場合、現国・古典の授業は抜き出しの特別授業で基礎から学習していただきます。
数学は、内進生は中学3年次に高校の内容に入っているので、高校新入生は国内からの入学生を含めて、高校1年次は別クラスでの授業となります。
他の教科は、内進生と混合でのクラスで受講します。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

海外枠での入学生のうち、約3分の1は国公立大学へ進学しています。また、私立大学を含めた全大学進学結果の中で、男女とも半数近くが理科系の進路を選択し、実現しています。
高い英語力が大学受験の際に大きな武器となることも事実ですが、帰国生は皆、同様の進路適性を持っているわけではありません。
本校では、職業観を育てるプログラムや、高校2年次に取り組む「個人課題研究」等を通して、それぞれの進路・適性を探らせ、自己実現に向かって努力していく姿勢を身につけさせていきます。海外帰国生の進学結果は、そのような指導の結果であるといえます。

帰国生が入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

A.茗溪学園の教育理念は「世界的日本人」の育成です。そして、困難に直面しても希望と勇気をもって立ち向かい、価値観の異なる人たちとも協力しながら問題解決をしていくことができる、そういう青年を育てていきます。
本校の考えるStudy Skills とは、「自ら学び成長していく能力」の基礎となるものです。基本的な階層からスパイラルに様々なプログラム・活動を体験させながら、思考力を鍛え、創造性を育んでいきます。
特に現地校やインター校出身者は、このスキルの基礎となる力を身に付けているケースが多いので、本校入学後、諸活動においてすぐに力を発揮し、さらに力を伸ばしていける環境に満足感を感じてもらえるものと自負しております。
希望者には週1回放課後無料で第2外国語を学ぶことができる語学サービスがあります。筑波大の留学生などによる授業です。海外で培った語学力のブラッシュアップ、幅広い語学教養が身につけることが可能です。例年開講している言語は、フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語などです。
帰国生を中心に熱心に各講座へ参加しています。また、学校の推薦する留学機関(UWC、AFS、YFUなど)を利用して、世界各地へ留学することが可能です。学校独自の2週間の交換留学(NZ/AUS/UK十数校)もあり、帰国生を含め多くの生徒たちが海外で異文化交流する機会を多く創出しています。

学校基本情報

【所在地】
〒305-8502
茨城県つくば市稲荷前1-1

【最寄り駅】
TX「研究学園前」駅よりスクールバスまたは路線バス
JR常磐線「ひたち野うしく」駅よりスクールバスまたは路線バス

【電話番号】
029-851-6611

【入試広報ご担当】
入試部長
松崎 秀彰先生

【転・編入】
随時実施

【学校寮】
有り

【海外入試】
有り