ホーム > 共学校 > 順天中学高等学校

順天中学高等学校

東京都北区中学受験高校受験編入

順天は文部科学省からSGH(スーパーグローバルハイスクール)指定の下でグローバルな課題を他者と協力して問題を創造的に解決できる生徒を育てます。

順天中学高等学校

最新情報

  • 2018年度 帰国生入試(中学校高等学校
    中学校  試験日 第1回:2017年12月3日(日) ※終了しました
             第2回:2018年2月4日(日)
    高等学校 試験日:第1回:2017年12月3日(日) ※終了しました
             第2回:2018年1月22日(月)
    ※インターネット出願はこちらから
  • 学校説明会・公開行事のご案内(中学校高等学校)
    【中学校】
    12月16日(土) 学校説明会
    2月21日(水) 英語レシテーション大会 ※要予約
    【高等学校】
    12月24日(日) 個別相談会
    10月28日(土)、11月11日(土)・25日(土)、12月24日(日) 個別相談会
  • 2017年度 帰国生入試結果
    【中学校】 【高等学校】
  • キャンパスライフ

コメント

中等部では英語の授業はすべて帰国生(3名から7名)で取り出し,ネイテブ授業中心にボキャブラリービルディング・速読・多読・エッセイライティング・プレゼンテーション等学習します。
帰国生は、自主的に『STARS=帰国生の会』を結成し、帰国生同士でしか分からない悩みを仲間で共有し、一方では外の世界のすばらしさを色々な行事(イースターパーティ・ハロウィン・クリスマス等)を通じて校内に発信します。
高等部ではEクラス(英語選抜類型)へ進学し『国際対話力』と『人間関係力』『創造的学力』等を育み理数教育にも十分配慮したカリキュラムを編成し、国立大進学や早慶上智を始め最難関の大学進学へ導きます。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

入学後は一般クラスと同じクラスで授業も同じです。中学では取り出ししやすいよう一つのクラスにまとめます。高等部は英語類型で学習するか特進選抜クラスで学習するか選択できます。どちらにしても日本で学習していた生徒と切磋琢磨することで高いポテンシャルを保つことができます。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

中等部では帰国生は英語の授業は取り出しで実施いたします。現在各学年6名程度でオールイングリッシュ授業中心に行い、ボキャブラリービルヂング・速読・エッセイライティング・プレゼンテーション等学習します。高等部では1年では中等部と同じように取り出しを行いますが、2・3年では一般クラスで習熟度授業を行い受験学習にも対応します。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

生徒の生活してきた状況や学習状態などから国語や古典分野では特別に取り出し基本から学習できます。また大学受験で使用する小論文指導やAO入試対策などきめ細かな補習・講習を実施しています。またTOEFL等を目指す生徒には個別に対応します。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

帰国生として良かったと思える体験をさせたいと思っています。帰国生はそれぞれ貴重な経験をしており、それに自信を持ち皆に分け与えて欲しい。自分の体験を社会還元できるようにさせることが、本校の帰国子女の存在意義として重要視しています。

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

今春の19名の進学先は以下の通りです。
信州大学1名 國際医療福祉大学(医学)1名 上智大学 3名 青山学院大学1名
早稲田大学1名 中央大学1名 学習院大学1名 順天堂大学1名 工学院大学1名
関西大学1名 国学院大学1名 日本大学1名 青山学院短大1名 浪人4名

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

帰国生であることに誇りに持てること、海外での体験をポジティブに考え、自信をもって帰国生であるといえるよう滞在中に多くのことを体験してほしい。積極的にチャレンジしてください。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

滞在している国の文化を積極的に体験する事はもちろんのことその体験が日本の文化とどう違うのかを学び、なぜ違うのかを考えて欲しい。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

入学した帰国生に対し1年に1回帰国子女保護者会を開催します。中等部1・2年は合同で行い同じ体験をしている父母の間で話し合い共有します。また先輩の話から現在の大切な事が見え上級生の話は新しく加わった帰国生の家族には大変参考に成ります。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

必ず出会ったに違いない重大な危機を乗り越えここに存在する帰国子女は本校と外の世界をつなぐ大切な架け橋です。本校では自主的に『STARS=帰国生の会』を結成して活躍しています。帰国生同士でなければ判らない悩みをSTARSの仲間で共有し一方では外の世界のすばらしさを色々な行事を通じて国内生に発信しています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

この『STARS=帰国生の会』は帰国生の互助会です。またイギリスのProject Trustから派遣されたボランティア教員(2名)や複数のネイティブ教員がELC(English Learning Centre)に常駐し学校内に小さな外国を形作っています。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

自信を持って現在の持っている強みを生かしてください。それが語学でも他の教科でもかまいません。強みの上に強みを構築してください。

学校基本情報

【所在地】
〒114-0022
東京都北区王子本町1-17-13

【最寄り駅】
・JR京浜東北線 王子駅
(北口・音無親水公園側)
・東京メトロ南北線 王子駅(3番口)
・都電荒川線 王子駅前駅より徒歩3分

【電話番号】
03-3908-2966

【入試広報ご担当】
副校長 片倉 敦先生

【転・編入】

【学校寮】
なし

【海外入試】
なし