ホーム > 共学校 > 郁文館中学校・高等学校・グ...

郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校

東京都文京区中学受験高校受験編入

中学の「グローバルリーダー特進クラス」、高校の「"e"特進クラス」、グローバル高校の「Liberal Arts Track」「Global Science Track」など、国際教育を強化したクラスを新設。

郁文館中学校・郁文館高等学校・郁文館グローバル高等学校 写真

最新情報

コメント

2016年に創立127周年を迎える郁文館は、「子どもたちに夢を持たせ、夢を追わせ、夢を叶えさせる」ことを教育目的とし、そのために必要だと考える「人間力」「学力」「グローバル力」の向上を目指した、様々な取り組みを行っています。

海外・帰国生へのメッセージ (質問をクリックすると回答が表示されます)

帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

[中学]
原則として国内生と同じ環境で学びます。コースとしては特進・グローバルリーダー特進・進学の三コース制です。それぞれのコースに入試が設定されています。グローバルリーダー特進はグローバル人材育成コースで、中学3年次に留学をします。
[高校]
基本的に同じ環境で学びます。高校入学時に東大・特進・e特進・進学の四コースのうちから一つを選択し、受験します。東大クラスは東大を含む難関国立・私立大を、特進クラスは難関私立大、e特進クラスは難関私立大および海外の大学を目指します。1年次に進学コースに在籍しても2年次から特進(e特進)クラスあるいは東大クラスに移り、難関大学を目指すことが可能です。
[グローバル高校]
国内生と全く同じ環境で学びます。高校1年生3学期から高校2年生2学期までニュージーランドあるいはカナダへの留学が必須になっている学校です。

帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

英語圏からの帰国生で特に能力の高い生徒に対しては取り出し授業を行っています。ネイティヴ講師が4技能をバランスよく伸ばす指導を行います。

帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

帰国生本人保護者と相談しながら、生徒のニーズに合った補習・取り出し授業を行います。

入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

メンタル面のサポートです。担任・帰国生担当はもとより、本校の専属カウンセラーが親身になって帰国生を支えます。上述のように数学・国語など遅れている教科指導もぬかりなく行います。また、日本語でしっかりとした文章が書けるように、国内生同様、論文指導も行います。風紀上の指導も日本の学校の基準を丁寧に説明し、指導します

帰国生の進学実績を具体的に調査していれば、その具体的な結果をお教えください。

英語圏からの帰国生に関しては、現地で身に付けた英語力にさらに磨きをかけて、国立大学・早稲田大・慶應大・上智大学などに進学しています。日本人学校からの帰国生に関しても本校で努力することで、明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大などへ進学の道を切り開いています。

帰国生が貴校に入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは何ですか。

本学園の教育理念に賛同していただけるかということがとても大切です。HPや学校案内をお読みいただき、本校の教育理念と夢教育について理解しておいてください。また、受験前に学園を訪れて、学園の雰囲気に触れておくことも大切です。

帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

現地で生活することにより、日本との相似点、相違点を認識してください。特にアジア圏では現地の人々と交流することで、人々の考え方を理解することが大切です。日本もアジアの一部なのだという自覚を持ちましょう。

帰国生やそのご家族に伝えたいことがあればお書きください。

日本から離れた見知らぬ土地で暮らし、勉強することはたいへんなことです。しかし、その経験を前向きに捉えてください。勉強が遅れているかもしれないとか、日本国内で学ばないと学力は向上しないなどと考えないようにしましょう。

これまで受け入れてきた帰国生を見て、帰国生のもっともすばらしいと思われる点はどのような点ですか。

やはり、外国で生き抜いてきた精神的なタフさが最もすばらしい点ではないでしょうか。また自分自身とは異なる存在に対しても配慮、尊重ができる点もよいと思います。

帰国生が貴校に入学するにあたって、必ず喜んでもらえそうなことは何ですか。

夢達人ライヴ、起業体験プログラム、夢合宿、学年縦割りの体育祭、郁秋祭など他校ではまねのできない行事が目白押しである点、すばらしい新校舎が待っている点、そしておいしい昼食を提供できる食堂があるという点です。

帰国生に対しての具体的な受験準備のアドバイスをお願いします。

入試問題は国内生と同じです。問題は基本的な問題ですので、必ず過去の入試問題に取り組んでください。帰国生については各科目加点をしますので、得点上では有利になっています。また高校・グローバル高校では面接(本人のみ)があります。海外での経験を尋ねますので、しっかりと整理してきてください。また受験生自身の夢も尋ねさせていただきます。受験の時点での夢を聞かせてください。
また、編入試験は帰国生に限り、随時ご相談を受け付けておりますので、ご活用ください。

学校基本情報

【所在地】
〒113-0023
東京都文京区向丘2-19-1

【最寄り駅】
東京メトロ南北線「東大前駅」 徒歩 約5-8分
都営地下鉄三田線「白山駅」 徒歩 約7-10分
東京メトロ千代田線「根津駅」 徒歩 約9-12分
東京メトロ千代田線「千駄木駅」 徒歩 約10-13分

【電話番号】
03-3828-2206(代表)

【入試広報ご担当】
入試広報担当 平岸 敬吾先生

【転・編入】
定期的に実施
詳しくはお問合せください。

【学校寮】
なし