ホーム > Close Up! 学校訪問レポート > 桐蔭学園中学校・高等学校

桐蔭学園中学校・高等学校

神奈川県横浜市中学受験高校受験編入海外入試

学力・知性、行動力・社会性、創造力・感性をバランス良く研き、コミュニケーション能力を育成する

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

海外経験と帰国後の学校選びについて

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question まず、アメリカとオーストラリアで生活していたS.Sくんは、アメリカで生まれたのですか?

S.S はい、生まれて1年程しか生活していませんでしたので、当時の記憶はほとんどありませんが、英語の勉強を始めるときに抵抗が無かったのはそのおかげかもしれません。

Question 1歳から小1までは日本で生活していましたね。何か困ったことはありましたか?

S.S 特に困ったことはありませんでした。英語の力が付くようにとインターナショナルの幼稚園に通っていましたが、再び海外に行くとは思ってもみませんでした。

Question 小1のときにオーストラリアでの生活が始まりますが、現地の学校では、何か困ったことはありましたか?

S.S 日本でも英語は続けて勉強していましたのでそれほど困りませんでしたが、文法の勉強には苦労しました。また、恥ずかしがり屋なのでクラスで発表するときは困りました。詩の朗読をリズミカルにと言われたときは本当に恥ずかしくて・・・(笑)

Question 小6で日本の公立小学校に戻ってきたとき、困ったことはありませんでしたか?

S.S 友だちに「英語話せる?」と聞かれ、少し物珍しく見られました。また、漢字と理社は少し遅れていることを実感した覚えがあります。

Question 受験を意識し始めたのはいつごろでしょうか。

S.S 家のすぐ隣に公立中学校があったので、中学はそこに通いました。高校受験は中2の頃から意識し始めて、中3の夏から本格的に受験勉強に取り組んだと思います。JOBAのたまプラーザ校に通い、英数国の3教科の受験対策をしましたが、数学は全般的に苦労しました。

Question 何校ぐらい学校訪問をしましたか? その際に準備したことは何でしたか?

S.S 実際に訪問したのは桐蔭だけです。特に準備はしませんでしたが、学校の雰囲気を確かめようと思いながら訪問しました。帰国生の授業を見学しましたが、パワーポイントでプレゼンをしていたのを見て、これは公立では受けられない授業だなと思いました。コミュニケーションも活発だったことと、帰国生向けの英語の授業が充実していることも魅力に感じました。

Question この学校を選んだ一番のポイントは何でしたか?

S.S 帰国後の年数から、帰国枠入試を受験できる学校が限られていましたが、桐蔭は受験ができたことと、勉強だけでなく部活も盛んで、希望していた卓球部もとても強かったことです。

Question 入学前に心配だったことはありましたか。

S.S 学校になじめるかどうか、特に中学からの内進生と高校からの外進生とが仲良くできるかが心配でしたが、入学後は特に壁もなくすぐに打ちとけることができました。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 次に、H.Aさんはイギリスですね。イギリスへは中1のときに?

H.A はい、父は私が小6の夏に赴任したのですが、どうしても小学校を卒業したかったので、両親にそれまで待ってとお願いしました。中1になる前にイギリスに移りましたが、生活面では特に不自由に思ったことはありませんでした。シャワーとバスタブが別々だったことぐらいですね。(笑)

Question 現地校はいかがでしたか? 何か困ったことはありませんでしたか?

H.A 私が入学したときは日本人の兄弟が二人いましたが、すぐに帰国してしまったため、日本人は私ひとりになってしまいました。そのことで、自分ひとりで何とかしなければならない状況になったことが英語の習得には良かったように思います。電子辞書を持ち歩いて、現地の友だちとコミュニケーションを取るときは常に使っていました。

Question イギリスでは塾に通っていましたか?

H.A 塾が遠かった上に料金が高かったので通いませんでした。通信教育で勉強していました。受験対策というよりは日本の中学校で学習する範囲を理解するという内容でした。

Question 受験を意識し始めたのはいつごろですか?

H.A 考え始めたのは中2の夏ごろでした。学校では日本人は私ひとりでしたが、住んでいた街には日本人が多くいて、友だちと受験のことを色々話すようになってからですね。

Question 受験する学校について、どのように決めましたか? 何がポイントでしたか?

H.A 私と同じような環境で生活していた帰国子女が多いかどうかでした。通信教育である程度は勉強していましたが、それだけでは高校の勉強についていけないと思っていました。

Question 学校訪問は何校ぐらいしましたか?

H.A 訪問はできませんでしたが、学校のホームページなどで情報を集めていました。入試の情報はもちろんですが、学校生活や雰囲気が自分に合うかどうかも注意しながらページを見ていました。

Question 入学前に心配だったことはありましたか。

H.A 勉強について行けるかどうかです。今でも国語があまり得意ではありません。できるだけ小説を読むようにして、意味のわからない単語や難しい漢字はすぐに電子辞書で調べるようにしています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question お待たせしましたM.Tさん、アメリカでの生活はいかがでしたか?

M.T 小2 から小5の秋までボストンで生活していました。街並みがおしゃれだった思い出があります。特に古いヨーロッパの建物の様なレンガ造りのスーパーマーケットを今でも覚えています。

Question 現地校での勉強はいかがでしたか?

M.T とにかく言葉が通じないことが困りました。よく使う言葉は母がカードを作ってくれて、それを使いながらコミュニケーションを取っていました。ESLの授業も毎日ありましたが、入学して1年ぐらいでようやく友だちと会話できるようになれたと思います。

Question 補習校には通いましたか?

M.T しばらくは日本語学校に通っていましたが、宿題も多くついていくのが大変だったので、日本人の家庭教師の先生に切り替えて日本の学習内容を教えていただきました。

Question 受験を意識し始めたのはいつごろでしたか。

M.T 日本に帰国した小5の秋ごろです。すぐに帰国枠受験対策ができる塾に通い、国語、算数、英語の対策を始めました。

Question 学校訪問はしましたか? また、学校に質問したことはありましたか?

M.T 私は3校訪問しました。入学した帰国生が学校でどのように過ごしているか、遅れている勉強のフォロー体制はどうなっているか、また英語の取り出し授業の内容などを質問しました。桐蔭に訪問したときには、実際の授業を見ることができました。

Question この学校を選んだ一番のポイントは何でしたか?

M.T 父が卒業生だったこともありますが、教科ごとに習熟度別の授業編成になっているところが一番のポイントでした。

入試概要はこちらでご覧いただけます。
高等学校 男子部女子部
中学校 男子部女子部

学校紹介

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 次に学校生活について教えてください。皆さんにお聞きします。学校のお気に入りの場所はどこですか?

S.S シンフォニーホールですね。定期的に映画や演劇等の鑑賞会が開かれます。先日は芸能人の先輩方もいらっしゃって桐蔭生に激励をしてくださいました。

H.A 食堂が好きです。だいたいお弁当を持ってきていますが、時々友だちと約束して食堂でお昼を食べます。どれもおいしいですが、中でもミラノ風ドリアが大好きです。

M.T 私は、グリーン地帯と呼ばれる開放的な場所が好きです。休み時間には友だちとよくそこで過ごしています。風が気持ちいいベランダも好きですね。

施設紹介
高等学校 男子部女子部
中学校 男子部女子部

Question 入学前の印象と入学後の印象に違いはありましたか?

S.S 内部進学者との隔たりがあまりなかったことですね。それと、入学前は勉強一色でみんな受験に向かってまっしぐらというイメージでしたが、そうではなく、みんないい意味で自分のペースで生活しているという感じです。

H.A 思っていた以上に帰国生が多かったことです。高1から、帰国生だけは英語の授業は男子と混合の授業になりますが、女子も多いので心強いです。

M.T 周りの友だちがとても元気で、このテンションについて行けるかなと思ったほどでした。勉強ばかりの印象があったので、そう思ったのかもしれません。今では私も同じようなテンションになっていると思います・・・(笑)

Question では、ここで皆さんの部活の話を聞かせてください。

S.S 卓球部に入っています。月曜日と水曜日を除く毎日練習しています。団体戦でのレギュラーはまだ難しいですが、個人戦では市内大会に出場したことがあります。

H.A 私は部活には入っていません。剣道部を見学したのですが、その練習の厳しさに少し引いてしまいました。全国優勝レベルですから、初心者の私には無理だと・・・(笑)

M.T 弦楽部でバイオリンを担当しています。アメリカの学校でバイオリンに触れてから練習を続けていました。先輩方も優しく、部員はみんな仲がいいのでとても楽しいです。

桐蔭学園の部活動については、こちらでご覧いただけます。
高等学校 男子部女子部
中学校 男子部女子部

Question 制服は気に入っていますか?

S.S 全く不満はありません。夏服ですとネクタイもしなくていいですし、着心地もいいですよ。

H.A はい、気に入っています。友だちの学校の制服にはリボンがないのですが、このリボンも気に入っています。

M.T スカートに入っている「隠しストライプ」が気に入っています。リボンの色と合っていて、中学生はピンク、高校生は青のストライプが入っています。

制服は、こちらでご覧いただけます。
高等学校 男子部女子部
中学校 男子部女子部

Question 学校行事で思い出に残っているもの、また今から楽しみにしている行事は何ですか?

S.S シンフォニーホールでの数々の行事がいい思い出になっています。また、沖縄への修学旅行が今から楽しみです。きっと心に残るいい思い出になると思います。

H.A 9月の学園祭(鸞鳳祭/らんほうさい)です。去年はご来場のお客様にアロマジュエルを作っていただけるという企画で出展しました。また、教室内の展示内容がひと目でわかる「ロッカー壁画」もいい思い出です。今年は実行委員なのですが、クラスの意見が中々合わなくて・・・(笑)

M.T 私は合唱コンクールが思い出に残っています。練習を始めたころは全員の気持ちがそろっていなかったのですが、小学部出身者が気合を入れてくれたおかげで合唱でも指揮でも優勝することができました。今年は学園祭での弦楽部の演奏発表が楽しみです。クラシックはもちろん、アニメの曲も演奏します。先輩や後輩と合奏できることがとてもうれしいです。

年間行事はこちらでご覧いただけます。
高等学校 男子部女子部
中学校 男子部女子部

Question 入学後、学習面で困ったことはありましたか?

S.S 毎日の家での勉強が継続できていなかったことです。今では毎日勉強するように心掛けていますが、去年は定期考査の直前だけ慌ただしく勉強していたので、そのころからしっかりと勉強しておけばよかったと思っています。

H.A 古典や漢字が今でも苦手なことです。漢字はテスト前に何度も書いて覚えるようにしています。また、古典での活用表などは、帰国生の友だちと問題を出し合いながら覚えるようにしています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

M.T 社会が苦手です。日本の歴史や地理は、ほとんど勉強していませんでしたから仕方ありませんが、授業中、何の話をしているのか全くわからなかったときは少し焦りました。

Question 高2までは別学ですが、高3は男女併学になりますよね?

S.S 先輩に様子を聞いたことがあるのですが、「最初は少し抵抗があったけど、すぐに慣れて楽しくなった」と言われました。僕たちの代は、中等教育学校とも混合になるので楽しみです。

H.A 男子と一緒の授業には抵抗はありませんが、コース別の授業になり講座の数が増えることでクラスの友だちがばらばらになってしまうことが少しさみしいです。

M.T まだ先の話なので想像できませんが、先輩からは「男子には女子とは違った面白さがあるよ」と聞いています。

桐蔭学園の「学びのステップ」は、こちらでご覧いただけます。
高等学校 男子部女子部
中学校 男子部女子部

Question 桐蔭学園のアクティブラーニングはかなり進んでいると聞きましたが。

S.S 授業をただ聞くという姿勢から、考えて発言するという姿勢に変わりました。現国の授業では、教科書の本文を読んだ後、自分たちで試験問題を作成するという課題もありました。内容読解にとても役に立っています。

H.A グループで話し合った内容を「まなボード」というホワイトボードに書き出し、黒板に貼り付けて、それぞれのグループが順に内容の説明をします。全ての発表の中から優れたものを選びながら、最終的には大学入試にも対応できる内容にまで仕上げていきます。

M.T タブレットを使った授業もあります。アプリを使って自分の考えをまとめたり、その内容をクラス全員と共有したりすることができるのでとても便利です。宿題をタブレットで提出することもあります。

Question それでは、学習面以外で困ったことはありましたか?

S.S 部活での伸び悩みですね。中々思うように実力が伸びないことです。また、教室でよく発言することがあるのですが、入学当初は自信がなかったので今よりも声も小さく上手く発言することができなかったことです。

H.A イギリスにいたころ、友だちに曖昧な返事をしていると「はっきりして」とよく言われていたことがありました。そのため、日本でもつい同じようにはっきり言ってしまい、友だちを泣かせてしまったことがありました。

M.T 今人気のある芸能人の話題などにほとんどついていけないことです。時々友だちに「え~、知らないの?」と驚かれることもあるぐらいです。(笑)

Question 学校にいる他の帰国生のことを聞かせてください。

S.S 特に自分が帰国生であることをアピールすることもなく、周りも特別視していないので、「普通の一般的な人」という感じです。在籍している普通科には15人程度の帰国生がいます。

H.A とってもユニークな友だちが多いように思います。また、私と同じようにはっきりとものを言うタイプが多いですね。(笑)

M.T みんな活発でおもしろいですよ。キャラが濃いというか・・・(笑) 帰国生だけでなく、国内インター出身の友だちやハーフの友だちもいるのでバラエティ豊かです。

Question 先生たちの話も聞かせてください。

S.S 先生方、お一人おひとりが独特な理念をお持ちのように思います。2年連続でお世話になっている地理の先生は、どうしてこんなことまで知っているの?と思うぐらい知識が豊富ですし、授業もとても楽しいです。地学の先生が世界中で経験した話にも、いつもひきつけられています。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

H.A 遅れている科目は基礎の基礎まで戻って、わかりやすく説明してくださる先生ばかりです。去年の数学の授業では、二次関数の説明のときにサルとカニのマグネットを使いながら、小学生にでもわかるようなかみ砕いた説明をしていただいたので、本当によくわかりました。

M.T 話しやすくてフレンドリーな先生ばかりです。私達の話題にもちゃんと乗ってくれますが、授業はしっかりとしてくださり、メリハリがあってとても楽しく勉強ができます。また、私たちに考えさせることを常に意識して教えてくださっていることがよくわかり、とても勉強になっています。

Question では、ネイティブの先生はどうですか。

S.S アクティブラーニングに積極的な先生が多いように思います。自分の意見を発表することが多いのですが、アイディアが出にくいときは色々なヒントをくださって、とても助かっています。

H.A 毎回授業の始めにジョークを言って笑わせてくれる先生がいらっしゃいます。よくネタが尽きないなと思うほどです。(笑) また、クロスワードやタブレットを使ったゲームなど色々な手法で私達を飽きさせることなく授業を進めてくださいます。

M.T ネイティブの先生も「生徒に考えさせる授業」をしてくださいます。先日も英文で読んだ「中国の教え」を具体的な事例で説明するという授業でした。また、映画を観たあと、その内容を把握できたかどうかを特製のプリントで確認するという授業もおもしろかったです。

将来の夢と後輩へのメッセージ

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

Question 将来のことはどのようにイメージしていますか?大学で勉強したいこととか、職業のこととか。

S.S はっきりと職業を決めている訳ではありませんが、海外に携わる仕事に就きたいと思っています。商社やIT関連に興味があります。また、大学の学部もまだ絞り込めていないので、3年への進級時に学部を選択できると聞いている東京大学に進学できればと思っています。

H.A 私も具体的にはまだ決めていませんが、日本と他の国を行き来する仕事、例えばCAとかツアーコンダクターなどに憧れています。今後、進路や就職というものが具体的になったときに困らないように、英語力が落ちないように意識して勉強しています。イギリスでお世話になった先生と今でもスカイプで会話しています。

M.T 父が医師なので、小学生のときは何となくお医者さんになりたいなと思っていましたが、中学生になって「それでいいのかな」と思うようになりました。理系の勉強も好きなので、将来はそちらの方面に進学すると思います。 

Question 海外の大学への進学も考えていますか?

S.S 強くは思っていませんが、可能性はあると思います。テレビで観た海外大学の授業はとてもおもしろそうで興味がわきました。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

H.A う~ん、可能性はゼロではないですね。

M.T 私は国内の大学に進学すると思います。桐蔭の留学や語学研修には参加したいと思っています。

H.A 高2になる前の春休みに、ニュージーランドの語学研修に参加しました。着いてすぐの3日間はホテルに滞在しながら観光がメインのプログラムでしたが、後半はホームステイで一人ひとり別々の家に滞在しました。コミュニケーションは問題ありませんでしたが、初対面の方のお家に泊まらせてもらうので、とても気を遣いました。でも楽しかったですよ。

大学合格実績は、こちらでご覧いただけます。
高等学校 男子部女子部

Question 最後に、帰国生の後輩たちにアドバイスをお願いします。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

S.S 日本に帰ってきたあとのことを考える前に、今の海外の経験を存分に味わってほしいと思います。日本の勉強が遅れてしまっていることを心配するかも知れませんが、高校でしっかり勉強すれば大丈夫です。ですから、海外ではそこでしか経験できないことをたっぷりと経験してきてほしいと思います。また、桐蔭は勉強だけでなく、部活を通じて仲間や先輩方のネットワークが広がります。それはかけがえのない大きな財産になると思っています。憧れる先輩のようになりたいという気持ちが、勉強や部活へのモチベーションになっていると思います。

桐蔭学園中学校・高等学校 学校訪問レポート

H.A 外国が長いほど現地の習慣が身に付いてしまい、私のようにズバッとものを言ってしまい日本で失敗することもあるかも知れません。また、クラスメイトが全員「日本人だけ」ということに慣れるまで時間が掛かるかも知れません。私もそうでしたが、すぐに慣れますからあまり心配しなくてもいいと思いますよ。それと、漢字だけはしっかりと練習しておいた方がいいと思います。日本で買ってイギリスに持って行った漢字練習帳は、ほとんど新品の状態で持って帰って来てしまいました。(笑) そんなことにならないように毎日少しずつでも練習するようにしてください。

M.T 英語は一生の宝ものになります。辛いときもあると思いますが、がんばって乗り越えてください。また、話せるだけで満足しないでReading やWriting、できれば文法もしっかり勉強して帰国できれば完璧です。アメリカにいるとき、何で勉強しなければならないの?と思っていましたが、日本に帰ってみると友だちは私よりもずっとがんばって勉強していることがわかり、アメリカでもっとがんばっていればと思ったこともありました。みなさんもがんばってくださいね。

Question 本日はありがとうございました。皆さんも元気で充実した学校生活を送ってくださいね。

編集後記

取材に協力してくれた生徒さん同様、大学の進学実績からかなりのスパルタ教育が展開されているように思っていましたが、実際はそうではなく、勉強だけでなく部活やその他の行事も楽しみながら生活していることがよくわかりました。広大なキャンパスと充実した施設、また定評のあるアクティブラーニング型授業などは、一度見学すると「ここに入りたい」と思わせてしまう強い魅力がある学校だと改めて感じました。