ホーム > Close Up! 学校訪問レポート > 実践女子学園中学校高等学校

実践女子学園中学校高等学校

東京都渋谷区中学受験編入

日本が舞台であっても国際人として、世界が舞台であっても日本人としての誇りを

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

実践女子学園の「キャリア教育」

Question こんにちは。本日はよろしくお願いいたします。お会いしたばかりですが、大きなテーマから聞かせてください(笑)。将来のことです。A.Kさん、将来はどんな職業に就きたいですか?

A.K 実践女子では将来の職業について考える時間があるのですが、ちょっと興味を持ったのは入国審査官です。

Question 少し怖いイメージの職業ですね。なぜ興味を持ったのですか?

A.K 海外の人の嗜好や文化などがよく理解できる人に向いていますと調べたものに書いてあったからです。自分の経験が生かせるかなと思いました。

Question なるほど。確かにそうですよね。行動パターンなどお国柄が出ますものね。それでは、多種多様な人を理解するために、今努力していることはありますか?

A.K 英語力を向上させること、また外国の人とコミュニケーションを取れるよう幅広く勉強して自分を磨いていきたいです。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question いきなりの大きなテーマなのに素晴らしい回答をありがとうございます。それでは、H.Eさん。将来はどんな職業に就きたいですか?

H.E 具体的には決まっていないのですが、海外にも長くいましたので、何かしら英語が生かせる職業に就きたいです。

Question 英語が生かせる職業、たくさんありますね。通訳、翻訳、英語教師、キャビンアテンダント・・・選びたい放題です。ただ、例えば通訳といったら本当に高い英語力だったり、世界情勢に関する知識だったり勉強すべきことが色々ありますね。将来、英語を生かした仕事をするために、努力していることがあったら教えてください。

H.E 今、がんばっているというより、これからチャレンジしようと思っているのは模擬国連です。一昨年より先輩たちの姿を見ていて、挑戦してみようと思いました。模擬国連は国連で取り扱っている問題などを高校生が話し合ったりするのですが、国際的な問題にも詳しくなれるし、ハイレベルな英語も学べると思いますので、力を入れていこうかなと思っています。

Question 実際に模擬国連の練習に参加したことがあるのですか?

H.E はい、今年の春に参加させていただきました。他校に行っての練習会です。いくつかの学校の生徒さんが集まったのですが、核問題について英語で話し合いました。核を所持している国同士の今後の方向性などです。

Question 大事なテーマで意義ある練習会ですね。素晴らしいです。今年を振り返ると、アメリカのオバマ大統領が広島を訪問したのは歴史的な出来事でしたね。それではA.Kさんに聞いていきましょう。実践女子学園では高校卒業時の大学進学の先、今から10年後、20年後、30年後、自分が何をしてどのように生きているのかを考えるために様々な取り組みをしていますよね。ゲスト講演会だったり、第一線で活躍するスペシャリストが学校に来てくれて話をしてくれたり。印象に残っている話があれば聞かせてください。

A.K 様々な方が来てくださったのですが、全体的な感想でもよいですか。色々なお話を聞いて思ったことは、仕事をする上で大事なことは人とのコミュニケーションということですね。

Question ごもっともです。ITが進化したために、コミュニケーションの取り方が難しくなったようにも思います。面と向かってのコミュニケーションが大事だと言っていましたか?

A.K はい、そうです。この職業に惹かれたというより、私もお互いを高め合える職場に出会えたらいいなと思いました。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question H.Eさんはどうですか。印象に残っているお話があればぜひ聞かせてください。

H.E 各分野のスペシャリストに会える機会があり、私はアナウンサーの方のお話を聞きました。実践女子の卒業生です。発音がきれいで、物事の伝え方がとても上手いなと思ったのが印象的でした。また、その企画の中で、その他第一線で活躍している女性たちの紹介もあり、皆さんとても輝いているなと思いました。私も自分に合った職業を見つけられたらいいなと思った機会でした。

Question 貴重な経験ですね。そのような企画はどれくらいの頻度であるのですか?

H.E 定期的というより、中学3年生になってからそのような機会が増えました。

Question そうですか。A.Kさんはその時どういった職業の方のお話を聞いたのですか?

A.K 私は管理栄養士の方のお話を聞きました。その中で、カロリー計算などを実際に体験しました。他の子は、警察官や獣医、編集者の方の話などを聞いていますね。お話だけではなく、実際に警察犬も来ましたし、動物も来たし、編集の方の場合は何か企画を考えたと聞いています。

Question 体験できるのは良いですね。ありがとうございます。高校1年生になったら、キャリア教育のメインイベントが待っていますよね。「25年後の世界と私」というテーマでライフデザインをまとめるのですよね。今から楽しみですね。

実践女子学園の「キャリア教育」
生徒一人ひとりが自らを見つめ、社会の要請や職業の実際を知り、それらを基に自分のライフデザインを描き、高校卒業後のキャリアプランを早い時期に作って、自らその実現に立ち向かう力をつける。その過程を強力に支援する6年一貫の教育プログラムが、本校のキャリア教育です。
詳細はこちらのページにてご確認ください。

学校の雰囲気や行事に関して

Question いきなり大きな話をしてしまったので、今度は普段のことや、学校生活で楽しかったことなどをざっくばらんに聞いていきましょう。A.Kさん、数年前の話になりますが、入学する前の印象と入学後の印象で違いがあったか教えてくれますか?

A.K 入学前は歴史を重んじる固い雰囲気でおとなしい子が多いのかと思っていました。ただ、実際に入学してみたら、元気で明るい雰囲気の子が多いと感じました。フレンドリーな子も多いので、控えめな性格の人でも馴染みやすい雰囲気だと思います。

Question H.Eさんはどうですか?

H.E 受験する前にいくつか学校訪問をしましたが、来客者に対する生徒の対応が一番良かったのが実践女子でした。

Question 対応が良かったというのは具体的には?

H.E 他の学校は、あいさつをしたりしなかったりでした。実践女子の先輩方は、「こんにちは」と気さくにあいさつをしてくれました。また、困っていたら「大丈夫ですか」と声をかけてくれました。このあたりが、実践女子を選んだポイントになりましたね。入学後は、それに加えてみんな明るく楽しい学校だなという印象を持ちました。入学して良かったと思いました。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question 良い縁でしたね。二人とも共通しているのが明るい雰囲気、明るい子が多いということも学校の特徴ですね。ところで、実践女子は渋谷にありアクセスが良いので、住んでいる場所も皆様々なのですかね。東京、神奈川、埼玉、千葉とどこからでも通えますよね?A.Kさんの友達はどうですか?

A.K 茨城から通っている子もいます。私は埼玉からです。

H.E 私は神奈川です。

Question そうですよね。渋谷からも近いですし、通いやすいですよね。では入学後うれしかったことを聞いていきましょう。A.Kさん、教えてくれますか?

A.K 部活動は海外にいた頃から憧れていました。一つのことに打ち込め、熱中できて楽しいです。

Question 何部に入っているのですか?部員や活動内容も含めて教えてください。

A.K フォークソング部です。部員は結構たくさんいます。中学だけの部活ですが、高校には軽音部という同じような部活があります。活動内容はほぼ一緒です。バンドを組んで練習する日程を決めたりして活動しています。軽音部の先輩方は大会に出て賞もたくさん獲っています。

Question 4月に入学してくる後輩がたくさん入部してくれると良いですね。それではH.Eさんにも聞きましょう。入学後、良かったこと、うれしかったことを教えてください。

H.E 私は人見知りが激しかったので友達ができるか少し不安でしたが、クラスの子が話かけてくれてみんなと仲良くなれたのが嬉しかったです。GSC(グローバル スタディーズ クラス)はクラス替えがないので、友達を作りやすいかもしれません。

Question そうですか、人見知りには見えないけど(笑)。それではH.EさんにGSC(グローバル スタディーズ クラス)の良いところを話してもらいましょう。

H.E GSCはクラス替えが6年間全くないので、お互いのことを知り尽くすといいますか、何か起こっても許し合うことができますね。また、最初はあまり話せなかった子たちとも、自然に仲良くなったりします。クラス内でお互いがお互いを支え合っている雰囲気です。

Question 結構濃密な6年間になりそうですね。

H.E はい。クラス替えがあった方が良い部分もあるとは思いますが。

Question GSCの授業は一般クラスと異なっているのですか?

H.E そうですね。国語と数学は半分に分けられて少人数で授業を受けています。また、GSCは来年アデレードに行くのですが、アデレードにいる3ヶ月間で一般学級に先を越されないように、数学を前倒しでスピードアップしながらやっているところです。英語はEnglish とGrammarの二つの授業があります。Englishはネイティブの先生で、Grammarは日本人の英語の先生に教えてもらっています。Englishでは海外の教材を使いながら勉強していき、Grammarでは英語の文法を学ぶ、これはGSCの特徴ですね。

GSC(グローバル スタディーズ クラス)
世界で活躍できる真の国際人の育成が目標。高い語学力と豊かな国際感覚を磨く“国際学級”です。日々の朝礼・終礼が英語で行われるほか、音楽と美術の授業も英語で実施されます。さらに第2外国語として中国語が必修、高校1年で全員がオーストラリアの現地校に3ヵ月間留学することなどの特色があります。
詳細はこちらのページにてご確認ください。
GSCと一般学級の違いについては、こちらのページにてご確認ください。

Question おすすめのコースですね。良く分かりました。A.Kさんは一般学級ですよね。こちらはクラス替えがあるのですか?

A.K はい、あります。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question クラス替えがあるのも良いですよね。色々な子と知り合いになれるし刺激にもなる。それではA.Kさんにはこれまで経験した学校行事で楽しかったことを話してもらいましょう。

A.K 私が印象に残っているのは、合唱コンクールです。学年が上がるたびに気合の入り方が変わります。中3は最後の合唱コンクールになり高校ではないので、「賞を獲ろう」とみんなで団結して、昼休みや休み時間を使ってがんばりました。残念ながら賞は獲れなかったのですが、クラス全員泣くぐらい盛り上がり、次の行事はがんばろうねって励まし合いました。その際、みんなのやる気がさらに高まったためだと思いますが、次の行事の運動会ではめでたく優勝できました。

Question おめでとうございます!青春ですね。その他、実践女子ならではの行事はありますか?

A.K そうですね。中1の時に経験した日本文化実習ですかね。

Question どういった内容なのですか?

A.K やりたいものを選択できるのですが、私は華道の小原流を選びました。実は今年、華道部にも入って今でも続けています。日本文化を一つ習得することはこれから役に立つと思いまして。母にも「大人になってから習得しようと思っても中々時間が取れないよ。やったほうがいいんじゃないの?」と言われて、また学び始めました。

一級品の感性を高める「感性表現教育」
中学1年生全員を対象に「日本文化実習」を行っています。この実習では、生徒が華道、茶道、箏曲、仕舞、和装着付けのいずれかを選択し、専門講師の指導により、週1回実習を行っています。中学2年生からは、希望者は校友会活動(クラブ活動)として参加できます。
その他、実践女子学園ならではの取り組みがあります。詳細はこちらのページにてご確認ください。

Question それでは勉強のことも聞きましょう。H.Eさん、一番好きな授業は何ですか?

H.E Englishの授業です。

Question どんなところが好きですか?

H.E 他の授業とは違って、先生との距離感が近いので。GSC(グローバル スタディーズ クラス)はレベル別に3クラスに分かれるんです。

Question 40人近くのクラスを3つに分けるということは、1クラスあたり10人強といったところですか?

H.E いえ、A、B、Cと分かれていて、Aが一番上のレベルで11人(H.Eさん所属)、Bが5人ぐらい、Cが20人ぐらいで均等ではありません。会話は常に英語でとても楽しいです。ただ最近、内容が結構難しくて苦戦していますが。

Question 高度な内容なんでしょうね。海外にいた頃と変わらない感じでしょうか?

H.E そうですね。海外にいたときは、テキストブックに理科、社会、地理、公民など様々な内容が入っているので、その分野によって話の内容はだいぶ変わりますが、おおよそ海外にいた頃と変わらない感じがします。

Question これからも授業を楽しんでくださいね。それではA.Kさん、好きな授業は何ですか?

A.K 最近は国語が好きです。

Question 最近好きになった理由を教えてください。

A.K 中3になり古典分野が入ってきて楽しいです。今まで昔の文学に触れる機会がなかったのでとても新鮮なんです。昔の人と現代の人の考え方は似ている部分も多くて、そんなに変わらないんだなと思いました。昔の絵などを見ると、全然違う世界だと思っていたのですが、考え方はやっぱり一緒なんだなあと。

Question 同じ人間ですものね。

実践女子学園の「グローバル教育」

Question それでは次は「グローバル教育」について少し話をしましょう。グローバル教育の基盤は日本を知ることだから、さきほど話が出た日本文化実習などはとても良い取り組みですよね。では実際に外に出るプログラム、留学について聞きましょう。A.Kさん、興味はありますか?

A.K 具体的には考えていないのですが、海外の中でも英語圏の国に行って、英語力を伸ばしたいとは思っています。やはり、海外に実際に行くことで得るものがあると思いますので。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question そうですよね。海外でしか得られないもの、君たちはよくわかっていますよね。周りの友達で具体的に考えている人はいるのですか?

A.K 一般学級の中にもいますね。私が親しい子も、部活で一緒の子も行きたいと言っていました。留学の説明会に実際に参加したりしている子もいて、結構たくさんいると思います。

H.E 私のクラスで来年1年間留学に行く子がいます。留学する子は中3ぐらいで考えるようです。

Question H.Eさんは留学を考えていますか?

H.E 1年間の留学は今のところ考えていないですが、GSC(グローバル スタディーズ クラス)の高1のプログラムで、来年の7月からアデレードに3ヶ月間行ってきます。

Question そうでしたね。楽しみですね。

H.E はい。そこで英語力を上げて帰ってきたいと思っています。

Question 現地校に通うのですよね。

H.E はい。来年3月頃に受けるTOEFLのスコアによって、通う学校が決まると聞いています。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question 楽しんできてください。それでは海外大学への進学について意見を聞きましょう。興味はありますか?

H.E 興味がないわけではないのですが、絶対に海外大学とは考えていないです。海外の大学は入学するのは難しくないけれども、卒業するのはとても大変だと聞きました。日本の大学は逆ですよね。まだ考え中です。

Question A.Kさんはどうですか?

A.K 私は英語だけではなく他のこともしっかりと勉強したいので、日本の大学を考えています。

Question いいですね。人それぞれ色々な道があるからね。日本の大学に入ってから海外の大学にいく子もいますし。自分の思いを形にしていくことが大事ですよね。

実践女子学園の「グローバル教育」
本校では海外提携校を中心に多彩で活発な交流活動を展開しています。これまでにもダンス部の北京公演や合唱部のベルリン公演、日韓高校生キャンプ参加、ベルリン市高校生のミュージカル公演受け入れ等々、たくさんの交流が行われており、今後もさらに力を注いでいきます。
その他、具体的な留学先や海外大学への推薦入学など、グローバル教育についてはこちらのページにてご確認ください。

中学受験を振り返って

Question それでは下校時間も迫ってきましたので、最後に中学受験を振り返ってもらいましょう。A.Kさん、どうやって受験校を決めたのか覚えていますか?

A.K 基本はインターネットで調べて、日本に帰ってきたときに進学フェアに行ったりして情報を集めました。もちろん、実際に訪問した学校もいくつかあります。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question なるほど。実際に受験しようと決めたのは何校ですか。

A.K 1校です。実践女子だけです。

Question 決め手はどこでしたか?

A.K 通学距離を考えたり、自分の偏差値と照らし合わせたりして選びました。また、実践女子のパンフレットに、将来のことを見すえたプログラムが紹介されていて、とても興味を持ちました。

Question 最初に話題にしたキャリア教育のことですかね?

A.K そうです。良いなと思いました。また、最初に話しましたが、実践女子を訪問したときの先輩方の雰囲気やあいさつなどの対応の良さも大きなポイントでした。

Question ありがとうございます。H.Eさん、受験を意識したのはいつ頃でしょうか?

H.E 小学6年生の夏です。父の仕事の関係でアメリカに行く予定だったのですが、その話がなくなったので急遽学校選びをしたり、受験勉強を始めました。

Question それは大変でしたね。受験校はどのように決めましたか?

H.E 小6の夏から他の子と同等に戦っていくのは絶対不可能だと思ったので、帰国生入試を実施している学校をまずは調べました。そして、せっかく海外で長く生活してきたので、英語力をもっとアップできる学校が良いと思い、そこをポイントに絞り込みました。

実践女子学園中学校高等学校 帰国生インタビュー

Question 実際に願書を出したのは何校ですか?

H.E 2校です。

Question  2校のうちの1校が実践女子ですよね。決め手は何ですか?

H.E 受験科目が英語と国語もしくは英語と算数だったのと、実際学校に行ったときに、先輩方があいさつしてくれ、学校の雰囲気が明るくて良いなと思ったのが理由ですね。

Question では最後に海外にいる後輩たちにメッセージをお願いします。

A.K 海外だと受験情報や教材の入手が難しかったり、周囲に受験生が少なかったりと追いつめられることもあると思いますが、やるべきことをきちんとこなしていけば、必ず結果はついてくると思います。自分に自信を持ってがんばってください!

H.E 海外と日本は違います。海外では海外でしか経験できないことがあると思いますので、日々の生活を思いっきり楽しみ、後悔のないように過ごしてください。勉強は大変だと思いますが、がんばってください。応援しています!

実践女子学園の帰国生入試
一般学級とグローバル スタディーズ クラスは別枠の募集で、それぞれ帰国生入試があります。選抜方法は、学科試験2科目(各科目50点30分)と面接(10分:日本語・保護者同伴)です。一般学級の学科試験は国語・算数、または国語・英語の選択。GSCは国語・英語、または算数・英語の選択です。学科試験と面接試験の総合判定で、面接も重視されます。
帰国生入試、編入試験の詳細はこちらのページにてご確認ください。