ホーム > Close Up! 学校訪問レポート > 文京学院大学女子中学校高等学校

文京学院大学女子中学校高等学校

東京都文京区中学受験高校受験編入

グローバルキャリアのための国際教育

海外経験と帰国後の学校選びについて

文京学院大学女子中学校高等学校

Question まず、アメリカで生活していたL.Yさんから海外経験について教えてください。アメリカには、中1から中3までの滞在でしたか?

L.Y はい。アメリカに引っ越すと聞いたときはとても嬉しく思い渡航を楽しみにしていましたが、現地校では英語がわからずに泣きながら通っていました。友だちが話しかけてくれても何も答えられませんでした。でも、1年ぐらいで何とか自分の思ったことを話せるようになりました。学校はとても楽しくて、長期の休みの前に開かれるアセンブリは今でもいい思い出です。着ぐるみを着たりアフロのかつらを被ったりしてとても盛り上がりました。

Question 学校や勉強面で困ったことはありましたか?

L.Y 理科などで専門用語が多く出てきて、追いつくのが大変でした。辞書を頻繁に使ったり、友だちに説明してもらったりして何とか克服することができました。また、歴史の浅いアメリカ史では、とても細かい内容まで勉強するので付いていくのが大変でした。宿題の量はそれほど多くはありませんでしたが、プレゼンの準備にはかなり時間が掛かりました。

Question 現地校で日本人の友達ができると、つい日本語ばかりになってしまってという話をよく聞きますが、その点は大丈夫でしたか?

L.Y 日本から1人だけハーフの男の子が入学しましたが、彼は英語がペラペラでしたし、同じクラスになったのは2ヶ月間だけでしたのでほとんど接点はありませんでした。現地の友だちとは今でも連絡を取り合っています。

Question 家ではどのように勉強していましたか?

L.Y 日本の勉強は全くしていませんでした。兄の友だちが補習校に通っていたので私も通おうかと思った時もありましたが、父の赴任期間が2年ということもあり、補習校には通わず現地校の勉強に専念していました。

Question 受験を意識し始めたのはいつごろでしょうか。

L.Y 中3の9月ごろです。まずは通学時間や施設などを比較しながら、11月頃までには3校から4校程度まで絞り込みました。帰国枠入試のことはほとんど知らなかったので、主に母が学校を調べてくれました。学校を訪問するときには、しっかりと質問できるように学校について調べたりして準備をしました。身だしなみのチェックもしっかりしました。

Question 受験校決定に当たり、ご両親とは意見の食い違いはありませんでしたか?

L.Y 特にありませんでした。自宅から通いやすく、英語の学習に力を入れている学校を中心に選んでいきました。初めは共学がいいなと思っていましたが、日本帰国後に編入した公立中学校の男子があまりにもひどかったので(笑)、女子校の方が落ち着いて勉強できるかなと思うようになりました。

Question 受験のために学習塾には通いましたか?

L.Y はい、個別指導塾に通って弱点の補強をしていました。また通信講座で作文も見ていただきました。

Question 面接や作文の練習はしましたか?

L.Y はい。面接はひたすら練習しました。塾の先生にはアメリカからの帰国生は数が多く、当たり前のことを話しても印象に残らないのでユニークなことを話すようにと言われました。私のアメリカ生活は2年間という短期間の滞在でしたが、中学生になっていましたので、日本文化とアメリカ文化の比較ができるようになっていました。そこでそのことを中心に自分の海外体験をまとめて練習をしました。そのおかげで試験当日はほとんど緊張しませんでした。

Question 受験のときに一番困ったことは何ですか?

L.Y 休憩時間に他の受験生とすこしおしゃべりしたのですが、その内容に動揺してしまいました。併願した公立高校には、中国の日本人学校出身の受験生がかなり多くいて、彼らは理科も社会も英語もできるようで、「今日がダメでも一般入試もあるしね」と言っていたのです。私と違ってすごい帰国生もいるんだなと実感しました。

Question この学校を選んだ一番のポイントは何でしたか?

L.Y コース制であることと、帰国生の受け入れ体制が充実していたことです。学校相談会で先生から高校2年生のときに「アジ研」というアジア諸外国のことを英語で研究して発表するという学習があると聞き、この学校なら自分の英語力が更にアップすると確信しました。学園祭でのポスター発表もあるそうなので、今から楽しみです。

Question 入学前に心配だったことはありましたか。

L.Y 特にありませんでした。逆に、入学前に予想していた以上に校則が厳しいと思ってしまいました(笑)。友だちが通っている学校ではもう少しゆるいので、何とかならないかなぁ・・・と(笑)

★ 2017年度入試 学校説明会の日程はこちらでご覧いただけます。
中学校高等学校

文京学院大学女子中学校高等学校

Question お待たせしました。A.Bさんはパキスタンでしたね。現地での学校生活は6歳からでしたか?

A.B 私は、父がパキスタン人で母が日本人のハーフです。日本で生まれて何度も日本とパキスタンを行き来していました。6歳になって、現地の子供たちが通い始めるように普通に現地校に入学しました。

Question 現地では何か困ったことはありませんでしたか?

A.B やはり言葉には苦労しました。パキスタンの公用語はウルドゥー語です。小学校入学前までには、いとこや親戚の手助けもあり単語は多少わかっていましたが、授業はとても難しかったです。ウルドゥー語で現代文を読むという授業が特に厳しかったです。読めないし友だちにも聞くことができないし、とても苦しい日々でした。早く家に帰りたくてしょっちゅう職員室に逃げ込んでいました(笑)。

Question 小4から日本の小学校・中学校に通学されましたが、そこでは特に困ったことはありませんでしたか?

A.B 日本ではインターナショナルスクールに通いました。友だちの国籍は本当に様々で英語や日本語でコミュニケーションを取っていました。同じものを見ても、友だち一人ひとりの視点が違うのでそのことがとても興味深く、勉強になりました。

Question そして、高校受験を迎えるわけですが、受験を意識し始めたのはいつごろでしょう。

A.B インターナショナルスクールから日本の学校に移ろうと思ったのは中3の夏ごろでした。アニメの影響も少しありますが、日本の学園生活に憧れていたからです。イスラム教に対して理解があって、英語教育に力を入れている学校を探しました。

Question 学校訪問は何校ぐらいしましたか?また、事前に何か準備はしましたか?

A.B 3校訪問しました。特に準備はしませんでしたが、やはりイスラム教について理解があるかどうかを確認しようと思っていました。共学もいいなと思っていましたが、どちらかというと私が調べた共学校はイスラム教に対してあまり理解が無いように思えたことと、学校相談会のときにこの学校の先生のお話をお聞きして、とてもよく理解していただいていることがわかりこの学校に決めました。また、制服が気になっていたので訪問のときに見せてもらうつもりでした。

Question 受験のときに一番困ったことは何ですか?

A.B 漢字でした。高校に入学したときは全く書けませんでしたが、今ではかなりレベルが上がりました。また、数学が苦手なので先生に質問したり自分で勉強したりしながらがんばっています。

Question 面接や作文の対策はしましたか?

A.B はい。面接の練習はぬいぐるみが相手でした(笑)。英語の発音を良くするためにYoutubeを見ながら発音の練習をしました。また、作文の対策として、毎日2枚の作文を親に確認してもらいましたし、読書も続けていました。受験のときもとても役に立ったと思います。

Question 入学前に心配だったことは何ですか?

A.B 受験の後テストのために登校したときに、初対面であるはずの他の生徒たちが気さくに話していたんです。そのときの話題が中学生活のことだったので、私にはついて行けないのではないかと思い、不安になりました。でも、となりに座っているL.Yさんたちのグループとすぐに仲良くなり、今ではその不安も嘘のようです。

Question この学校を選んだ一番のポイントは何でしたか?

A.B 私にとっては、やはりイスラム教について正しく理解してくれていたところです。

★ 学校紹介動画をご覧いただけます。
中学校高等学校

学校紹介

文京学院大学女子中学校高等学校

Question 次に学校生活について教えてください。L.Yさん、学校のお気に入りポイントは何ですか?

L.Y  先生です。みなさんとても個性的で、今までに会ったことのないような先生ばかりです。特に文系の先生方の授業は、どれも大学の講義を聞いているようでとてもおもしろいし授業が楽しいです。歴史上の偉人の話にとても興味深いエピソードを交えてくださり、こんな知識があるとこんなにストーリーが面白くなるんだと毎回感心しています。

Question A.Bさんはいかがですか?

A.B 私も先生が素晴らしいと思っています。担任の先生には現代文を教えていただいていますが、最近のトピックに合わせた教え方をしてくださるので、授業が毎回楽しみです。

Question ネイティブの先生たちはどうですか?

L.Y やさしい先生ばかりです。アメリカ人、イギリス人、カナダ人の先生がいらっしゃいます。授業にゲームを取り入れたり、身の上話をしてくれたりと私達が飽きないように色々と工夫してくださっています。

文京学院大学女子中学校高等学校

A.B わたしもやさしい先生達だと思います。一度ノートを忘れてしまい宿題が提出できなかったときがありました。怒られるんだろうなと思いながら先生に謝ったところ「明日なら大丈夫」と言っていただき、減点もなしでした。それからは絶対に忘れものをしないように気をつけるようになりました。

Question 先生の他にはどうですか?設備とか。

L.Y 設備はどれも気に入っていますが、私には友だちがいる教室が何よりもお気に入りです。

A.B 私はカフェテリアも気に入っています。教室とは違った開放的な雰囲気で友だちとの話も盛り上がります。

文京学院大学女子中学校高等学校

Question 入学前の印象と入学後の印象に違いはありましたか?

L.Y 有名大学への進学率が思っていた以上に高かったことです。入学するときの偏差値はそれほど高くはないのですが、早慶上智やGMARCHに進学された先輩もいらっしゃると聞き、とても身近に思うようになりました。

A.B 私もここまでの進学校だとは思いませんでした。入学説明会のときに進学ばかりの学校ではないと聞いていたので、勉強もそれほど大変ではないだろうと思っていたのですが・・・(笑)。今は慣れましたが、入学してすぐのころはキツかったです。

Question 入学後、学習面で困ったことはありましたか?

L.Y 英語の取り出し授業です。単語テストのレベルが日々上がっているので付いていくのが大変ですが、がんばっています。

A.B 小テストの量が多いことです。英語の取り出し、古典、現代文、世界史などなど、ほとんどの科目で小テストがあり、各科目とも2週間に1回、多いときは1週間に1回はテストがあります。

Question お二人は国際塾のクラスは受講していますか?

L.Y はい、英検対策のコースとTed Presentationの講座を受講しています。特にTed Presentationのコースでは、様々な分野のスペシャリストたちのプレゼンテーションを見ることができ、自分のプレゼンに磨きを掛けることができます。プレゼンはアメリカの学校でも練習しましたが、とても勉強になります。

A.B 私はエッセイライティングの講座を受講しています。物事の本質を見極めてエッセイを書く練習をしています。哲学の要素もあって毎回楽しみにしています。

Question お二人は部活に入っていますか?この学校の運動部はかなりレベルが高いようですが。

L.Y 入学前はアーチェリー部に入ろうと思っていたのですが、実は私は飽きっぽい性格でせっかく高価な用具を揃えても途中で辞めてしまうかもと思ってまだ入っていません・・・(笑)。

A.B 私も入っていません・・・。バスケットボール部に入ろうと思っていましたが、練習のスケジュールを見ると体力的には付いて行けないのではないかと思い、様子を見ています。

文京学院大学女子中学校高等学校

Question 学校行事で思い出に残っているもの、またこれから楽しみにしているものはありますか?

L.Y 体育祭です。運動部がどれも強い学校なので、体育祭もハードなものなのではと心配していましたが、アクティビティの要素も多くあって運動があまり得意でない私にもとても楽しめました。

A.B 私は芸術鑑賞が思い出になっています。オーケストラの演奏を鑑賞したあと、落語も鑑賞しました。落語は「じゅげむ」という演目でとても楽しかったです。

Question 制服は気に入っていますか?

L.Y はい、デザインがとても気に入っています。少しだけ自分なりにアレンジを加えるともっとかわいくなるのにと思いますが、校則を守ってきちんと着ています(笑)。

A.B 私もとても気に入っています。夏服は半袖のブラウスとセーターという組み合わせよりも、半袖のブラウスにベストという組み合わせがいいなと思っています(笑)。

Question 校則は厳しいですか?

L.Y はい。他の学校に通っている友だちの話を聞くと、少し厳しいなと思うときもあります。制服の着方もそうですが、髪型まで決まりがあります。

A.B 厳しいです。私は特にインターナショナルスクール出身なのでそう思います。もう少しゆるくしてほしいな・・・(笑)。

将来の夢と後輩へのメッセージ

Question 将来のことはどのようにイメージしていますか?大学で勉強したいこととか、職業のこととか。

文京学院大学女子中学校高等学校

L.Y 小5の頃、まだアメリカに行く前ですが、家族旅行でフィリピンに行ったとき、母の勧めでスラム街にも立ち寄りました。そこで見た光景がきっかけで、将来は発展途上国へ支援ができるような仕事に就きたいと思っています。また日本の貧しい子供への支援もできるような仕事をしたいと思っています。UNICEFで働けるといいですね。

A.B まだ具体的には決めていませんが、医師になりたいという夢はあります。幼い頃からの憧れです。子供のころから体の仕組みとか生物にも関心がありましたし、漢方薬にも興味があります。でも今から理数コースに行くのは付いていけなくて難しいかなと思っています。

Question 将来は、また海外で生活したいと思いますか?

L.Y はい、北欧で生活してみたいです。今まで行ったことがない国の文化も知りたいと思っています。アメリカの学校では、私たち外国人にはもちろんですが、不得意な教科があると先生も先輩も友だちも色々なサポートをすることが当たり前でしたが、日本では「みんな平等」という感じが強くて、サポートが必要な人に対しても特別な扱いをしないような感覚を持つことがあります。このことが他の国ではどうなっているのかとても興味があります。

A.B 私もヨーロッパに憧れています。スイスとか、ノルウェーとか・・・。日本に住んでいると「何かを指摘されるのではないか」と不安に思うことがあります。まだ訪問したことがない国々でもそのような気持ちになるのか、日本だけの雰囲気なのかを確認してみたいです。

文京学院大学女子中学校高等学校

Question 最後に、帰国生の後輩たちにアドバイスをお願いします。

L.Y 今しかできないことをしてください。また今度でいいやとか恥ずかしいからやらないではなく、何にでもチャレンジしてほしいと思います。

A.B 海外で生活している間に、是非しっかりとした語学力を身につけてほしいと思います。必ず将来役に立ちますから。

Question 本日はありがとうございました。これからも充実した生活を送ってくださいね。