海外・帰国子女センター試験 達成度確認

JOBAグローバル校の特典ボタン

成績表

成績表

志望校判定の成績表は、実際に受験校の絞込みにおける資料であり、現時点での合格可能性を客観的に見るために作成されています。志望校判定は4校まで、また学校群判定として、首都圏や関西圏の学校から実力にふさわしい難度の学校が表示されますので、これまで考えていなかった学校も候補として参考にすることができるように設計されています。ここではもちろん偏差値や順位などシビアな数字が具体的に表示されています。

詳細サイト画像 「成績表のサンプル」はこちら

成績表の見方

【成績表の用語】

A1大変すばらしい成績です。これを今後も継続してください。期待しています。
A2すばらしい結果です。もう一息で本当の意味でトップクラスです。がんばろう。
A3よい結果です。トップグループまでもう一息です。がんばって!
B1平均的な位置にいます。まだまだ学力が伸びる余地が充分にあります。
B2残念ながら平均に少し足りていません。まずは平均を超えましょう。
B3平均点を下回ってしまいました。復習の必要な単元をしっかり見直しておきましょう。
C1これからの学習次第でぐっと学力はついてきます。あせらずにはじめましょう。
C2毎日の演習量が不足しているようです。計画的な学習を実行してください。
C3毎日の学習習慣を身につけましょう。まずは基礎知識の習得です。

【成績表の記号】
☆・・・単元ごとに表示される☆印は単元ごとの得点率を示しています。教科全体の☆印は偏差値の目安を示しています。平均の目安はB1になります。

各単元は絶対評価での達成度を☆マークで表示!
達成度確認の成績表には順位や偏差値は表示されません。そのため、単元ごとに達成度を一目で把握できる表と、課題として復習すべき単元をピックアップして具体的に表示しています。この試験は他の受験者との結果を比較するのではなく、あくまでもその単元の中での理解度(達成度)を表示します。この試験の目的は、自らの学力の客観的な達成度を測り、これからさらに実力をつける上での指針となることにあります。

総合点では偏差としての位置を☆マークで表示!
各教科の総合点は全体の中でどのような位置にいるかを表している相対評価です。ただし、相対評価といっても小数点まで示すような偏差値による表示ではなく、もっと有効な形で受験者にはっきりと理解できるようA1~C3の9段階のレベルで示しています。

累積結果の表示で成績推移を把握
客観的で正確な実力を測るためには、1回だけの試験結果では正しい位置を把握することはできません。1回1回の結果に一喜一憂するのではなく、何回かの成績の推移をしっかり掴んでください。何回かの結果を総合的に判断することで、自分の弱点がわかり、今後の学習方針を立てていく目安になります。